都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    第21回 日進市民会館にて無料相続遺言贈与相談会開催中!

    弁護士、税理士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士、相続相談士がチームになって、争わない相続セミナーを毎月各地で開催しています。

    古民家をお持ちの方もご相談ください。

    【主催】愛知県尾張東部相続相談所

    来月は初めて春日井市にて無料相続遺言贈与相談会を4月15日に開催します。

    image


    image

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    3月15日〜16日 東京出張へ

    『未来の子供達の為に』

    東京にて各種会議を開催させて頂くなか最初のファンクションは一般社団法人全国優良工務店支援協会 大沼理事長による事業セミナー

    その後、衆議院議員会館にて第2回古民家再生議員連盟会議、インバウンド古民家協議会 会議と盛りだくさんな1日

    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    一般社団法人 全国古民家再生協会
    愛知第二支部 支部長 都築誠

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『住まい造りには譲れないものがある』

    名古屋市名東区M様邸引き渡し🏡

    家づくりは建てて終わりではなく、建てて住み始めてからが本当の住まいの価値が分かり、お客様との長い本当のお付き合いが始まるのです。🤗

    アサヒハウジングに頼んで良かったと言われる住まいをアサヒハウジングはこれからも建て続けたいと思います。🏡

    夢ハウスビジネスパートナー
    株式会社アサヒハウジング

    image


    image

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    近年当たり前のように住宅に使われている集成材、これがいったいどういうものでどのような経緯で普及してきたのかご存知でしょうか?

    集成材は、ラミナと呼ばれる挽き割った板材を接着剤で貼り合わせたもの。これを一本の柱や梁として構造躯体に使います。100年ほど前にドイツで生まれた材料で、日本の住宅に使われるようになってから、まだ十数年という、歴史の浅い材料です。

    集成材が普及した理由は?
    ●天然無垢材の柱や梁を乾燥させるより、手間いらず。寸法変化が少なく、面倒なクレームが起きにくい。
    ●板材なので無駄にする材料が少ない。(見た目の悪い材も、良い材で挟んでしまえば見えません)
    ●材料の取扱いが非常に簡単。(熟練の技が不要)
    しかし、ここにはお施主さんにとってのメリットは見当たりません。あくまで売る側、業者側のメリットだけです。

    集成材のデメリットは?
    健康、耐久性、環境の面から見て、どれに対しても難点があります。しかし、はく離や健康を害する報告があっても当たり前のように普及しており、事件への対応もずさんです。国が危険性を考慮して改善する法律ができるまで、相当な時間が掛かることでしょう。

    健康に害がある
    レゾルシノール系接着剤に含まれるホルムアルデヒドは、「シックハウス症候群」を引き起こす原因物質のひとつ。家に長時間いる主婦や抵抗力の弱い子ども、お年寄りに発生率が高いとされ、眼やのどの痛み、めまい、吐き気、頭痛、皮膚疾患といった初期症状から進み、神経障害、化学物質過敏症などに至ります。特に、有害物質を受け入れる許容量が小さな乳幼児への影響は深刻です。

    耐久性が心配
    繰り返しになりますが、集成材はラミナを接着剤で貼り合わせたもの。つまり、その耐久性とは「接着剤の耐久性」なのです。柱や梁という家の骨格を成す材料の要が接着剤とは、何とも心もとないものです。接着剤は湿気に弱く、また老朽化などからはく離する恐れがあります。

    環境にも悪影響
    廃材を焼却処分する時、接着剤からはダイオキシンなど有毒な化学物質が発生します。また、天然無垢材と違い、一度濡れるとはく離を起こしやすく、リサイクルが難しい材料です。(天然無垢材なら古民家や蔵を移築したり、梁や柱を再利用できますよね)「集成材は、木材を有効に使うから環境にやさしい」というイメージがありますが、実はこのような弊害があるのです。

    「強度」は?
    集成材の強度 特別に優れている訳ではありません。一般住宅で例えれば、同じ荷重を支えるのに、1つの天然無垢材で支えるのと、半分の大きさで2段にするのとでは強度が変わります。1段の強度が半分以下になるため、2段にしても1つの材と同じ強度にはなりません。集成材では、その不足した強度を接着剤で補っているのです。しっかり乾燥した天然無垢材は、集成材より強度があります。集成材の方が強度があると宣伝する会社もありますが、未乾燥の天然無垢材との比較ですから当てになりません。

    このように集成材には売る側に取ってはメリットがあるものの、お施主さんにとってはデメリットばかりの使ってほしくない建材だということがわかります。

    25_2


    25_1


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『住まい造りには譲れないものがある』

    長年の夢がやっとかなう!夢のマイホームが完成!

    家族全員が健康で安心して暮らせるマイホーム

    子供がのびのびと成長できるマイホーム

    友人や知人を招いてパーティーができるマイホーム

    お庭でバーベキューができるマイホーム

    そう思って建てた・・・

    きっと誰もが、幸せな家族団らんを夢に描いてマイホームを建てます。

    そして、希望通りマイホームを建てて、

    満足している方がいらっしゃいます。

    でも逆に、「こんな家なんか建てるんじゃなかった」と後悔している人もいます。

    こんな事が原因で、家族がギクシャクしたり

    最悪の場合、ローンを抱えたまま家を手放す人さえいます。

    本当に家づくりで失敗している人が多すぎます。

    結局、「何のために家を建てたのだろう」と後悔だけが残ってしまいます。

    そんなことにならないように、入居後、そしてローンを払い終えた数十年後にも、

    『いい家を建ててよかったね』と笑っていただけるように、

    家づくりは、真剣に考えなければいけません。

    それと同時に、数十年ローンを払っていかなければなりません。

    一生の中で、一番高い買い物と言えます。

    住宅の価格だけで決めないで下さい!

    安く家は建てたが、光熱費が異常に掛かる。

    車で言ったら、燃費が悪い車と一緒です。

    建築会社は、自分の会社で建てて貰いたいから、

    いい事しか言いません。

    ところが、住宅の価格の表示方法には、決まりごとがありません。

    どのような価格表示をしても自由なのです。

    会社によって「本体価格」と「引渡し価格」(最終的にお客様が払う価格)

    に大きな差が生まれることがあります。

    例えば、適正価格の住宅を提供している工務店の表示方法は、

    「本体価格」+「屋外給排水設備」=「引渡し価格」となります。

    この場合、「本体価格」には、生活に必要なカーテンや照明器具、

    そして住宅会社の経費を加えたものが入っています。

    いわば、「すべて込みの価格」が「本体価格」であり、追加料金は、

    本当に必要な屋外の給排水設備のみということになります。

    一方、多くがオプションとなっている価格設定もあります。

    「本体価格」+「オプション、カーテン、照明器具、経費など」+「屋外給排水設備」=「引渡し価格」

    としています。

    この場合の「本体価格」には、生活に必要なものが何も含まれていません。

    ですから、実際に支払う引渡し価格は、本体価格を大幅に上回ってしまいます。

    しかし、表示方法は自由なわけですから、他の費用を含まない、

    「安い本体価格」を大々的に宣伝している会社もあるのです。

    このような会社に依頼すると、本体価格が高い会社の価格より

    ずっと高くなってしまうというわけです。

    住宅の価格だけをみても、このように、複雑で分かりにくい表示になっています。

    まして、部材や技術的なことになったら、一般の方には、とても分かりにくいと思います。

    大手ハウスメーカーだから、本当に大丈夫ですか?

    家づくりで大事な事は『見えない部分』がどうなっているかです。

    ぜひ参考にしていただき、失敗しない家づくりをしてください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    参加者募集中です。

    『真剣に家づくりをお考えの方へ』 新築 リフォーム

    必ず感動!家づくりのための『春の新潟伐採体験ツアー』開催日が決定しました。

    夢ハウスのビジネスパートナーであるアサヒハウジングが、夢ハウスの本部のある新潟で、本物の家づくりのためのツアーイベントをが開催します。

    住まいは一生に一度の妥協できない大切なお買い物。後悔しない家づくりのために、是非新潟で本物の天然無垢の家を実際に見て・触れて・体感してください。 

    総天然木のモデルハウス見学やリノベーション現場見学やものづくり工場見学、大自然の中での伐採体験など、夢がふくらむ、家づくりが楽しくなる2日間をお約束します!

    新築・リフォームをお考えの方必見のツアーです。

    1日目:ものづくり工場・天然木モデルハウス見学(新築・築35年リノベーション)

    2日目:大木伐採体験・山荘での昼食・ゲーム・新潟市内観光

    ●お泊りの旅館は月岡温泉 白玉の湯『泉慶』

    http://senkei.com


    【日程】2017年5月20日(土)・21日(日)の1泊2日

    【出発】5月20日(土)AM10:00集合(小牧空港)10:50出発(30分前には必ず集合してください。)
                                 11:55到着

    到着後、工場見学・モデルハウス(新築・リセット)現場見学

    2日目:伐採体験ツアー・新潟市内観光


    【終了】5月21日(日)新潟空港16:40出発 17:50頃 小牧空港到着 現地解散

    【参加定員】2組様限定

    【参加料】お一人様 10,000円(食事代・宿泊代込)子供(小学生)5,000円

    【交通手段】 小牧空港から飛行機(FDA) 新潟市内はマイクロバスで移動します。


    【申し込み締切】2017年3月31日まで!!

    夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング

    【お申込み・お問い合わせ】0120‐417‐698(都築 誠)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『日本の伝統』

    みなさんは古民家を訪れたことがありますか?

    今失われつつある運命の古民家(古材)の静寂な住空間に一歩足を踏み込むとき、

    農耕民族の平和的な我が日本人に脈々と打ち継がれてきた遺伝子(DNA)が

    目覚め騒ぎ始めると感じるのは私だけで無いような気が致します。

    理屈抜きにして、この日本の古民家(古材)には何故か強い魂(神)が

    存在しているように思います。

    建築を志した一人として、失われつつあるこの貴重な日本の文化としての

    古民家(古材)を一つでも多く後世に残し継承していくことは、

    全国古民家再生協会に与えられた大きな使命として強く受け止めております。

    しかし業としてこの古民家に関わろうとすると生産性・利便性・費用対効果、

    等々を最優先せざるをえない住宅業界の現状とは反比例してしまい、

    難問が次から次へと出てまいります。

    先ず古民家(古材)への想い(愛情)が心の中に自覚として強く

    先行しないことには一歩前に踏み出すことは出来ない!

    古民家や古民家に使用保存されていた古材・古道具・古建具・古家具等々が

    一部の世界で骨董品扱いされ、高額で取引される特権階級的扱いを受けている

    世界から、広く一般に市民権を得るような仕組みを古民家鑑定士の会員を通じて構築し、

    その基礎となる古民家鑑定士を育成し、情報の共有化による古民家の価値保存を目的に

    広く活動をいたしております。

    また古民家再生、移築まで考えなくても止むを得ず今の古民家を解体する場合には、

    柱や梁の古材などを部分的に取り外し、再利用することにより先祖の供養や先の

    匠達への感謝の気持ちも含め古民家の魂(神)に敬意を払いたいと考えています。

    最後に住空間の安全安心の代名詞である耐震計画、耐震補強については、

    現行の建築基準法に則り、しかも伝統工法の良さを活かす技術・システム

    情報の収集に取り組み住空間の安全性を最優先に考えております。

    未来の子供たちのために!!

    一般社団法人 全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 都築誠

    image


    2017年3月30日(木) 日進市民会館にて古民家鑑定士講習及び試験を開催いたします。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『未来の子供達の為に』

    内閣府認可財団法人職業技能振興会主催
    古民家鑑定士 講習試験 のポスターが
    新しくなりました〜(^_^)

    知識習得は勿論ですが、知識だけでは計れない大切なコトを学んでいただけます。

    一般社団法人全国古民家再生協会
    愛知第二支部 支部長 都築誠

    image

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    今日は豊田市のお客様宅へのリフォーム打ち合わせの前になかなかいい雰囲気のお店でお昼ご飯食べました^_^

    image


    音やペンギン食堂

    image


    image


    image


    ご飯も美味しかったですよ🤗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    今住んでいる家は欠陥住宅ではないか?

    いつごろ、どこに、いくらくらいのお金がかかるのか?

    あと何年くらいもつのか?

    ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、
    おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。

    住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前にホームインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができます。

    居住中のご自宅について調べることもあります。

    また、不動産仲介業者が物件の状況を消費者に明らかにするために利用するケースも増えています。

    診断の方法は、目視で、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本です。機材を使用する詳細診断もあります。

    ホームインスペクターは住宅の「かかりつけのお医者さん」です。

    米国では、州によって異なりますが、取引全体の70〜90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっています。

    日本でも近年、急速に普及しはじめています。

    欠陥住宅に不安な方は、信頼できるホームインスペクターをご紹介させていただきます。

    このページのトップヘ