都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2014年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    新しい週の始まりです。

    いよいよ消費税が5%から8%に変わります。

    人生の中で一番高い買い物はやはり『マイホーム』ですよね。

    建物1500万の場合、45万円の負担増になります。

    大きいですよね。

    その為、国も様々な政策を打ち出しています。

    すまい給付金制度や住宅ローン減税の拡充などあります。

    いろんな制度をうまく利用できれば、あきらめていた家づくりを

    もう一度考えてみてください。

    そして・・・

    マイホームは「買うもの」ではなく「創るもの」

    あなたが、住宅会社との信頼関係で、

    同じ予算でもより良い家づくりを実現しましょう!

    注文住宅というのは、建売りや電化製品などの「商品」ではなく、

    あなたの家族の夢や生活スタイルはもちろんのこと、

    土地の条件、予算などに合わせて、ゼロから「創っていくもの」です。

    つまり、あなたと家を設計し建てるパートナーの関係次第で、

    いい家にも、良くない家にもなりうるのです。

    後悔しない、いい家づくりの最も大事なコツは。

    それは、あなたと住宅会社の関係づくりです。

    そして、あなたが住宅会社との

    信頼関係を気づく事にかかっているのです。

    つまり、同じ条件、予算の家を建てるにも、

    それができるかできないかによって、

    出来上がる家というのは雲泥の差が。

    さらに、完成後のメンテナンスにも大きな差が出てきます、

    信頼関係がないまま、契約は絶対にしてはいけません!

    すごくいい営業マンだからといって、

    焦って契約はしないで下さい。

    営業マンで悪いイメージの人はいません。

    しかし、契約後はその営業マンと会うことはないでしょう。

    営業マンに工事の工程表ではなく、契約後の担当者は

    誰なのか、どうのようになっていくのか聞いて下さい。

    ハウスメーカーの場合

    営業マン、設計、現場監督と担当者が変わっていき

    完成後のメンテナンスは、グループ会社の

    メンテナンス会社の担当に変わります。

    だから、営業マンとの信頼関係ではなく

    住宅会社との信頼関係が重要になります。

    しかし、オススメの住宅会社は、一貫して

    営業段階からメンテナンスまで同じ担当者で

    家づくりを提案・サポートをしてくれる

    住宅会社がいいことは、ご理解して頂けるでしょう。

    いい住宅会社・工務店・設計事務所の出会いができる事を

    心より応援しています。


    IMG_6650

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    全国各地で桜の開花が発表され、お花見の時期が来ましたね。

    そして、春が終わると暑い夏になりますよね。

    みなさんは古民家にどんなイメージを持っていますか?

    田園風景の中に建つわらぶきの屋根の家や、京都などの町家、立派な瓦噴きの武家屋敷や庄家など、古い日本的な昔の佇まいを残している民家が古民家ですが、建てられてから約50年経過すると一応古民家と言う事になります。これは国の登録有形文化財制度というものがあり、その認定の基準が築50年以上とされているので古民家という定義もそれに合わせてもらっています。つまり、遥か江戸時代から昭和の時代に建てられた木造の住宅が古民家です。

    そんな古民家でもとりわけ皆さんがイメージする江戸時代から残っているような住宅の優れた点は夏が快適に過ごす為の工夫がされた住宅という事です。

    吉田兼好の徒然草に住まいについて書かれている所があります。
    「家の作りようは夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、耐え難き事なり」

    今風にいえば住居は夏涼しく過ごせることが大切で、冬寒いのは我慢しなさいという事でしょうか。確かに日本の夏の暑さは赤道に近い東南アジアなどとほぼ同じで、季節によってはむしろ東京の方が東南アジアより暑い場合もあります。逆に冬の寒さは北欧並みなのです。

    私たちの祖先はこんな過酷な土地で生きていくために様々な知恵を住まいに活かしてきました。日本は南北に長い地形のためか地域ごとに様々な住居の形を見ることができますがそのどれにも共通するのは、エネルギーを出来るだけ使わずに材料を調達し冬の寒さと夏の暑さに対応できる住宅をその土地に合わせて解決してきた事です。古民家が持つエコな精神や省エネルギー技術や工夫が環境の世紀と言われる今、再度見直されています。

    古民家は夏を快適に過ごすために様々な工夫が施されています。

    ・わら葺きや土の上に瓦を敷いた断熱性のある屋根で夏の熱い日差しをさえぎって、軒先の深い庇は太陽高度が高い夏場は室内に日差しが入るのを防ぎ、逆に太陽高度が下がる冬は日差しを室内奥深くまで導き少しでも部屋を暖かくしようと考えられています。

    ・わら葺きの屋根はしみ込んだ雨がゆっくりと蒸発する事で気化熱で建物のを冷やそうとしていますし、

    ・古民家の白い外壁は日射を反射し、土壁は断熱効果が高い素材です。土壁は夜間に冷えて昼間の温度上昇を防ぎます。

    ・日本の夏は湿度が高く気温以上に不快な感じがあるので、畳や土壁などの自然素材は吸放湿性に優れていて、ほど良く調湿してくれることで今の住宅のような湿度を吸収しないビニールクロスなどよりも快適ですし、

    ・家の周りに植栽や池を配することで、周辺の空気を冷やして開放的な間取りで室内に風を取り込んでくれます。

    ・夏には夏障子と呼ばれる通風性のある簾戸(すど)などに建具を入れ替えて、風通しをさらに良くしてくれます。

    簾戸(スド)とは、夏場の通風を目的に、ヨシや竹などを編んですだれ状にしたものを木枠の中に組み込んだ建具で夏障子と呼ばれます。冬場使われていた障子やふすまと入れ替えて使用します。古民家は電気などのエネルギーを使わずに夏の熱さを和らげてくれるエコな住宅なのです。

    IMG_7672




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『自然の力を利用した住まいづくり』


    夏を快適に過ごす工夫


    古民家は夏を快適に過ごすために様々な工夫がされています。



    ・わら葺きや土の上に瓦を敷いた断熱性のある屋根で夏の熱い日差しをさえぎって、軒先の深い庇は太陽高度が高い夏場は室内に日差しが入るのを防ぎ、逆に太陽高度が下がる冬は日差しを室内奥深くまで導き少しでも部屋を暖かくしようと考えられています。



    ・わら葺きの屋根はしみ込んだ雨がゆっくりと蒸発する事で気化熱で建物のを冷やそうとしてくれます。



    ・古民家の白い外壁は日射を反射し、土壁は断熱効果が高い素材です。土壁は夜間に冷えて昼間の温度上昇を防いでくれます。



    ・日本の夏は湿度が高く気温以上に不快な感じがあるので、畳や土壁などの自然素材は吸放湿性に優れていて、ほど良く調湿してくれることで今の住宅のような湿度を吸収しないビニールクロスなどよりも快適です。



    ・家の周りに植栽や池を配することで、周辺の空気を冷やして開放的な間取りで室内に風を取り込んでくれます。



    ・夏には夏障子と呼ばれる通風性のある簾戸(すど)などに建具を入れ替えて、風通しをさらに良くしてくれます。



    簾戸(スド)とは、夏場の通風を目的に、ヨシや竹などを編んですだれ状にしたものを木枠の中に組み込んだ建具で夏障子と呼ばれます。冬場使われていた障子やふすまと入れ替えて使用します。



    古民家は今の住宅とは違い、電気などのエネルギーを使わずに夏の熱さを和らげてくれるエコな住宅といえます。


    住まいづくりは光熱費のかからない、自然の力(風・太陽)や窓の配置・軒の出などで夏涼しく・冬暖かい住まいが建てれます。(もちろん窓ガラス・断熱+遮熱も必要です。)


    住宅ローンの月々の支払いだけで判断しては絶対に失敗します。(光熱費を含めた月々の支払いを考えるできなんです。)


    みなさんは毎月今のお住まいにいくら光熱費が掛かっていますか?




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    日本人は昔から木を使った生活を

    してきました。

    人は昔から、木を使って

    さまざまな道具をつくってきました。

    檜(ヒノキ)は、縄文時代から他の木とともに使われはじめ、

    弥生時代に流行しました。

    日本に鉄の技術が入ってきて、

    さまざまな道具がつくられ初めたのが、

    ちょうどこの時代になります。

    カンナやオノなどの出現によって、

    加工のしやすい檜は、たちまち流行りました。

    建築材・仏像・指物・家具・曲物・桶・お風呂など。

    本当に、たくさん使われています。

    建築物として有名なのは「法隆寺」

    曲物として有名なのは「わっぱ」

    大きなものから、小さなものまで。

    頭と手と時間を使って、

    日本人は生活をより豊かにするために、

    生活に必要なものをつくり続けてきたのです。

    檜は、そのために欠かせない素材だったようです。

    先人の人々は檜の素晴らしさを

    家だけではなく、いろいろなところで

    檜を活用していた事が分かります。

    IMG_6650

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。


    日本人は木の家に住むべきです。


    木の家と言っても『本物の木の家』です。


    最近では見た目を重視したデザイン住宅が

    流行っています。


    本当にいいんでしょうか?


    私は違うと思います。


    たしかに見た目のデザインも大切だとは思いますが、、、

    本当に大切な事は・・・


    その家に暮らす家族全員が幸せで健康に暮らせる

    住まいではないんでしょうか?


    住む人を快適にする自然気象的な要素である

    温度、湿度、光、風。温度でいえば、

    コンクリート造の場合、冬は暖かいのですが、

    夏は冷房装置で温度調節しなければ

    外気温と同じになってしまいます。


    木造住宅は外気温と比較したときに

    「夏は涼しく、冬は暖かい」という住環境になります。


    人間も呼吸をしています。


    木も空気中の二酸化炭素を吸い、

    酸素を吐き出して成長しています。


    木の呼吸は伐採後、建材に生まれ変わっても続けます。


    部屋の湿度が上昇すると湿気を吸収し、

    湿度が下がると水分を放出するので、

    部屋の中の調湿機能を果たしてくれます。


    (天然乾燥材のみ)


    加えて、木は音を出さず、電気代不要、故障もしません。

    まさに、環境にやさしい自然のエアコンです。


    紫外線は人間の眼に刺激が強く、

    肌あれの原因になるといわれています。


    鉄筋コンクリートは紫外線を反射し人体に影響を与えますが、

    木は紫外線を吸収するため、

    目や肌を守るサングラスの役割を果たします。


    木に囲まれた生活では紫外線の心配は不要です。


    木材は無数の細胞から出来ていて、

    この細胞の微小な穴の緩衝作用により

    熱を伝えにくくしたり、足に受ける

    ショックを和らげたりしています。


    床からくる冷えは自律神経を

    介し体に悪影響を与えます。


    木材の床は程よい弾力に加えて断熱効果から、

    足の皮膚熱を奪わないので健康的に過ごせます。


    また、木材は熱伝導率が低くいため、

    冬の寒さ、暑さをブロックし、 室内の温度を適度に保ちます。


    先人たちは、この木の素晴らしさを

    知っていたので、四季のある日本は木造住宅が

    住みやすい家づくりだったのです。


    人は本物の木の家に住むと健康になります。

    IMG_6650

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    早稲田式動的耐震性能診断とは、元早稲田大学理工学術院教授で現在は一般社団法人伝統構法耐震評価機構の理事である毎熊輝記氏が策定した早稲田式動的耐震性能診断は、地震時に発生する共振的振動とそれに伴う建物の変形を簡便な調査方法で検討し、得られた振動特性値を用いて建物の動的耐震性能の定量的な評価を行うシステムです。

    現在の建物の耐震診断には筋違の位置を図面に記載して構造計算をおこなう静的な診断が一般的です。

    しかし、この診断方法は、柱の根本が腐っていたり、土台がシロアリなどに食われていた場合に、どのようにその影響を考えるのかの解釈が診断者によって変わってしまいます。

    また、あくまでも卓上での計算方法であり実際に計算通りの効果が発揮できているのかという問題もあります。

    早稲田式動的耐震性能診断は実際の建物の固有周期と減衰定数などを測定し、また耐震工事を行った場合には工事終了後に再計測することで耐震性が上がったかをデータとして解り、ユーザーにとっても安心できる耐震診断方法です。

    また在来工法のみならず伝統構法の診断例も多く、データがあるので、在来工法を基準に考えられた静的診断に比べ、古民家の耐震性能を調査するのに適した手法です。

    建物は常に地震発生時以外においても微細な振動を受けて建物自体も振動を起こしています。

    正確には交通機関や各種機械などから人為的に受ける振動や、風や波浪などの自然現象に基づき、地盤が小さな振動をしています。

    早稲田式動的耐震性能診断はこの微細な地盤の振動と、それに起因する建物の振動を同時に計測しその振動データを解析処理することで建物の振動特性値を求め地震の際に建物がどう地震応対での振動をするかを推測し、耐震補強に役立てる方法です。

    在来工法と伝統構法では当然ながら振動特性は変わり、伝統構法のほうがその固有周期は大きくなります。

    在来工法では構造要素の壁を多く設けて強度を確保している『剛構造』

    伝統構法の建物はほとんど壁がない『柔構造』の建物であることの表れです。

    伝統構法の建物は水平方向に変形しやすく、大きな変位の振動で振動する場合でも木材が持つ復元力を活かせる工法であるため在来工法の建物に比べて破壊しにくいしなやか性質の構造体なのです。

    このしなやかさを上手く活用した耐震改修をおこなうためにも、一般的な壁量計算などの静的耐震診断よりも動的なこの耐震性能診断でシミュレーションする方が自然な耐震改修がおこなえる可能性が高いと推測され、早稲田式動的耐震性能診断で得られた耐震性能情報を元にどのような耐震性能を持たせた設計クライテリアを描き、その条件を満たす改修方法を明確に提示できるかという問題と、その改修方法が現行の建築基準法上で示された基準をクリアしているかの証明が重要であろうかと思います。

    改修方法に関しては、現行の基準法内での対応という点で検討するならば金物に頼った対応になり、一般社団法人伝統構法耐震評価機構が提案する金物の基準、設置箇所などの設計が既存伝統構法住宅の耐震改修のスタンダートとなっています。

    一般社団法人伝統構法耐震評価機構 http://www.doutekitaishin.com

    一般社団法人愛知県古民家再生協会 http://www.kominka-aichi.com/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    ウッドワンのタブロイド誌に愛知県で初めて取材・掲載されました。

    IMG_8681


    IMG_8682


    ↑『総天然木の家』 入居中ですが、予約していただければ見学できます。

    株式会社アサヒハウジング  0120-417-698

    IMG_6650

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    【住宅会社のチラシに騙されないでください。】

    住宅会社のチラシで坪25.8万円!この建物で1000万円です。

    この金額で建てられると思ってしまいますよね。

    違います。…見積りを取ると1800万円…

    えっ?なんで?と驚く事があります。

    チラシは坪25.8万円と書きながら、実際にはあれもこれもオプションですと、

    営業マンに言われます。信じられないです。

    同じ業界の私でも信じられません。


    みなさんは新車を買う時にハンドルはオプションです。

    エンジンはオプションです。と言われたことがありますか?

    ひどい住宅会社は、基礎はオプションです。

    えっ?車だったら買ってもタイヤとホイルは別です…

    買っても走らないでしょう!嘘ばっかりの住宅会社。

    ハンドルを純正から木製にグレードアップするなら分かりますよ。

    最初から付けないで安く見せるのは詐欺と変わらないじゃないですか。

    しかし、それが、住宅業界の常識です。

    私たちは、それが常識なら、非常識でもいい、

    安くみせてお客様を騙すやり方は絶対にしたくありません。

    騙されないでください。

    住宅業界は、標準で付いている会社もあれば、

    オプションだらけの住宅会社バラバラです。

    住宅の価格の提示方法が各社自由なのですが・・・

    決して坪単価に騙されないで下さい!

    引渡し価格でいくらなのか、そこが、重要です。

    そして、坪単価より引渡し価格より大事なことがあります。

    借りられる金額ではなく、ゆとりある返済が出来る金額なのかが重要です。

    しかし、家づくりを考えるときに、ゆとりある返済金額は、

    アパートの家賃くらいと考えるお客様がいます。

    これも、とんでもない間違いです!

    そんな家を建てたら家を建てたあと外食も行けない。

    旅行も行けない。それなのに、夜中まで働くようになります。

    えっ?なんでと思いますよね。

    アパートに住んでいるとき、固定資産税払っていますか?

    住宅取得税払いますか?払いません。

    賃貸はその分家賃に含まれています。

    アパートと同じ金額は正しい資金計画ではありません。

    大丈夫です。その分も考えて貯金しています

    アパートより安い返済ですから…本当に大丈夫でしょうか。

    アパートと同じ光熱費だと思いますか?

    いくら位変わるか知っていますか?

    住宅ローンはアパートとより安いのに

    貯金がどんどんなくなる…

    家づくりは、住宅ローンだけではなく、

    【住宅ローン+光熱費】で考えなければ絶対に後悔することになります。

    住み始めてから後悔しても建て替える事は出来ません!

    もし、アパートより月々2万高い住宅ローンでも、

    住宅ローン+光熱費を足して安かったから、どうでしょうか?

    月々3万円以上貯金ができたら

    外食も出来ますし家族で旅行も行けます。

    私たちは、住宅会社ですが、お客様が本当に幸せになれる

    お手伝いさせて頂いています。

    家族によってライフスタイル(提案)が違います。

    一人一人、私が(都築誠)が無料で相談にのります。

    本気で、幸せな家づくりを考えるなら無料ですから聞いて下さい。


    決して、しつこい営業、押し売りは一切致しません。

    お客様もしっかりたくさんの住宅会社の話を聞いて、勉強してください。

    たくさん聞いて、自分で納得できる住宅会社で建ててください。

    当社で建てなくてもいいですから

    私はお客様が失敗・後悔しない家づくりをしてほしいと思っています。



    あなたは、誰のために家を建てるのですか?

    住宅会社のためですか?家族の幸せのためですか?

    IMG_6650

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。




    3連休も終わり、新しい週の始まりです。




    みなさんは・・・




    カーボンニュートラルを知っていますか?




    ライフサイクルの中でCO2の排出と吸収がプラスマイナスゼロになることをカーボンニュートラルと言います。



    薪を燃やすとCO2を排出しますが、そのCO2はその木が生長するときに吸収したものと同じ量です。



    つまり薪を燃やしても地球上のCO2は変わらないということです。



    木の成長期間は約30年ほど。この間にCO2をどんどん吸収しますが、成長が止まるとあまり吸収しなくなります。



    木は計画的に伐採し苗木を植え、若い木の成長を促す方が地球温暖化の防止に有効です。



    薪を使うことは木を育て森を再生させ、環境を守る事につながります。


    D4K_1335




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    おはようございます。

    みなさんは家づくりで失敗したいですか?

    したくないですよね。

    今は情報量がたくさんあります。

    わからない事があれば、すぐにインターネットで調べる事が出来ますが・・・

    それがすべて正しい情報だとは限りません。

    間違った情報に踊らされて、納得いかない家に

    大金を払っている事ほどバカらしい事はありません!!

    あなたが納得いかない家づくりに、

    大事なお金を使ってしまう前に

    家づくりで失敗しないための正しい情報をお伝えしています。

    その理由は他でもありません、

    あなたに家づくりなんかで、人生を失敗して欲しくない

    純粋にその想いだけです。

    住宅ローン破産者と言われる人たちは

    この時代、年間2万人を超えています。

    あなたがそんな状況に陥っても、

    住宅会社やその担当者、また銀行でさえあなたの

    味方にはなってくれません。

    全てはあなたの自己責任なのですから、

    「良く分からないので、お任せします・・・」と言って

    営業マンに家づくりを任せてしまっては絶対にいけないのです。

    ですから、このブログで営業マンに太刀打ちできる

    知識を身に付けてからモデルハウスの見学に行き、

    「このお客さんはチョット違うぞ・・・」と

    営業マンを驚かせる必要があるのです。

    そしてそんなあなたが営業マンにする質問に対して

    あなたが納得できる、どんな答えを返してくるかも

    住宅会社や営業マンを選択するうえで、

    新たな基準にすることも

    出来るのではないでしょうか。

    失敗しない家づくりが出来るように

    心から応援しています。

    IMG_6650
    IMG_6650

    このページのトップヘ