都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2014年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    がっしりした大黒柱と梁、高く広い空間が作り上げるゆったりとした空間

    日本の伝統木構法によって建てられた古い民家を再生して暮す。

    古くなって次々に解体、廃棄されている古い民家を再生利用しようとする

    活動が広がっています。太くてがっしりした大黒柱と梁、

    高く広い空間が作り上げるゆったりとした空間

    日本の伝統木構法によって建てられた古い民家には、

    落着いた雰囲気の中に独特の美しさを持っています。

    さて田舎暮しの場合、誰もが一度は古民家を再生して

    暮してみたいと考えたはずです。その土地の風景や歴史に

    ピッタリ合った佇まいの魅力。そして、消滅しつつある歴史のある家を救う、

    環境保護活動でもあるともいえますね。

    それでは、どうやれば実現できるか・・・

    まずは物件を探す。

    地域の自治体の役場や不動産会社に問い合わせる方法もありますが、

    最近では古民家再生に取組む全国組織が頼りになります。

    再生工事のパターン

    「移築する」。古民家を全面解体し建て直すというもの。

    解体、運搬、基礎工事費用がかかり、さらに建築確認申請といった

    手続きも必要になります。

    「現地で再生する」。構造や柱、基礎がしっかりしているなら、

    部分解体して補修するだけで費用はかなり安くなるそうです。

    費用はいくらかかるか

    一般に、新築と比べると2割り増しなどともいわれています。

    新築と同程度で済む場合も多く、現地再生なら新築の三分の二から

    四分の三ぐらいにコスト削減できるとのこと。

    おまけに、築数十年たった古民家は固定資産税も安く、

    数分の一から数十分の一というのも魅力的です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。


    在来工法の住宅とは、昔ながらの伝統的な日本家屋の建築技法で

    皆さんの見慣れている住宅だと思います。

    在来工法の住宅は日本のジメジメした夏を快適に過ごすのに風通しがよく

    出来ている代わりに、冬を過ごすのには寒く出来ています。

    また在来工法は昔ながらの技法なために、尺貫法で住宅の間取りが成り立っています。

    そして段差が多いのも特徴です。

    親世帯である高齢者にとっては、とても親しみやすいけれども、

    暮らしていくには若干不具合の多いのが在来工法の住宅です。

    在来工法とは昔ながらの伝統的な日本家屋の建築技法のことです。

    具体的にいいますと、土台、柱、梁を用いて作られる木造の住宅のことで、

    在来軸組工法、木造軸組工法とも言われます。

    地域ではごく一般的に見られる住宅がこの在来工法で、

    皆さまにも最も馴染みのある住宅の工法だと思います。

    在来工法の特徴

    昔ながらの建築技法のため、住宅の間取りをはじめとしたすべてに

    於いて尺貫法が用いられています。1尺=10/33メートルですから

    約303ミリメートルになります。

    ですから柱は4寸≒12cmだったり、廊下の幅が柱の芯から芯で

    3尺≒90.9cmだったりします。

    また、柱で成り立っているので、壁が少なく開口スペースを自由に取れ、

    風通しが良く、光を取り入れやすいのが在来工法の住宅の特徴です。


    2013-04-13-11-161776366307_mini150

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    暗い部屋は嫌いですよね。

    周囲を木に囲まれた場所や、都市部の住宅密集地などに多いのが、

    昼間でも薄暗い、湿気や熱気がこもるといった住まいに関するお悩みです。

    誰だって、明るく風通しのよい住まいで暮らしたいもの。

    そんな快適な家を実現してくれるのが、天窓という存在です。

    照明に頼らず部屋全体を明るくしたいなら、やはり天窓の設置がおすすめです。

    実際に天窓のある家で暮らす方からは、一日中、部屋が明るい

    昼間は照明を点けなくても本が読めるといった声が聞かれます。

    これは、湿気や熱気に関しても同じこと。天窓が持つ高い通風性が、

    あなたのお悩みを解決してくれることでしょう。

    同じ部屋でも、天窓を設置するかしないかでここまで差が出るもの。

    自然光が部屋のすみずみまで行き渡っているので、

    全体的に明るく清潔感もありますね。

    同じ部屋でも、天窓を設置するかしないかでここまで差が出るもの。

    自然光が部屋のすみずみまで行き渡っているので、

    全体的に明るく清潔感もあります。

    また、都市部では、家同士が近接して建っていることが多いもの。

    窓を設置したところで、目の前がすぐ隣の家では全く用をなしません。

    むしろ、互いの視線や生活音が気になり、心地よさとはかけ離れた

    状態で暮らすことになってしまいます。

    我が家にいてまで他人の視線を意識しなくてはいけないようでは、

    くつろげるはずの自宅もただの苦痛な場所。

    きっと気持ちまで萎縮して、生活に影を落としかねません。

    しかし、天窓ならそんな窮屈な思いとは無縁。

    空に向かって開かれているため、誰からも覗かれることなく

    のびのびと暮らしていけます。加えて、空を見上げたときの開放感と言ったら!

    どこまでも続く爽快な青空に清々しさを覚えたり、朝日や夕日などによる色の

    変化を楽しんだり、あるいは季節ごとに移ろいゆく木々を眺めたりと、

    自然の変化と美しさを感じながら過ごせます。

    天窓のあるリビングなら、子どもたちとリビングで過ごす時間が増えれば、

    勉強を見たり一緒に遊んだりといった機会も自然と多くなります。

    今まで以上に、コミュニケーションを深めることができます。

    子どもたちとリビングで過ごす時間が増えれば、勉強をみたり一緒に

    遊んだりといった機会も自然と多くなります。

    今まで以上に、コミュニケーションを深めることができます。

    光と風をもたらし、新しい生活へと導いてくれる天窓。

    これを設置することで、家族生活にはどのような変化が起こるでしょうか?

    たとえば、リビング。天窓から降り注ぐ光に満ちた空間は、居心地がよく、

    いつの間にか家族が集まる空間となります。

    子どもたちが自室にこもることもなく、親の目の届く場所にいてくれるから安心。

    さらに、顔を合わせていれば会話を交わす頻度も増えるので

    家族のコミュニケーションも深まります。














      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    新しい週の始まりです。

    5月24土曜日〜25日日曜日に開催した『春の伐採体験ツアー』が無事終わりました。

    IMG_9165

    ↑新潟空港へ到着

    IMG_9166


    IMG_9167


    IMG_1753


    IMG_1756


    IMG_1752


    IMG_1600


    IMG_1574


    IMG_1609


    ↑モデルハウス見学

    IMG_9173


    IMG_9175

    ↑お楽しみの昼食

    IMG_9178


    IMG_1623


    ↑午後からはものづくり工場見学

    IMG_9180


    IMG_9181


    IMG_9182


    IMG_9184


    IMG_9186


    IMG_9187


    IMG_9188


    IMG_9189


    IMG_9190


    IMG_9191


    IMG_9192


    IMG_9193


    IMG_9194


    IMG_9195


    IMG_9196


    IMG_9197


    IMG_9198


    IMG_9205


    ↑旅館に到着 月岡温泉『白玉の湯 泉慶』

    IMG_1802


    IMG_1775



    IMG_9201
       

    IMG_9199


    IMG_9200


    IMG_9202


    IMG_9203


    IMG_9208


    ↑2日目はいよいよ山での大木伐採体験

    IMG_9209


    IMG_9210


    IMG_9211


    IMG_9212


    IMG_9213


    IMG_9215


    IMG_9216


    IMG_9217


    IMG_9218


    IMG_9221


    IMG_9225


    IMG_9227


    IMG_1904


    IMG_1926


    IMG_1927


    IMG_1929


    IMG_1931


    IMG_1949


    IMG_9228


    ↑伐採体験の後は、夢山荘で昼食

    IMG_9230


    2014-05-25-19-03-06


    IMG_1992


    IMG_1994


    IMG_1997


    IMG_1999



    ⬆︎飛行機で名古屋へ



    総勢27人の伐採体験ツアーでした。

    新築・リフォームモデルハウス見学・ものづくり工場見学・伐採体験・新潟市内観光など、

    参加していただいたお客様からも参加してよかった、ありがとうございましたと声をかけていただいて、

    本当に楽しい家づくり伐採体験ツアーになりました。

    次回の開催は9月27日〜28日に開催します。(只今参加者募集中です。3組限定)

    お問い合わせは株式会社アサヒハウジング 都築誠(つづきまこと) 0120-417-698迄

    全国から300人近いお客様が参加される伐採体験ツアーです。

    家づくりをお考えの方は必見のツアーです。是非参加してみてください。











      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    バリアフリー、介護リフォームはその人個人の身体状況、

    生活環境等を十分に理解することが必要になります。

    高齢者の身体状況は老化や慢性症状、病気などといろいろな要素が

    複合的に絡まって、更にそれが人それぞれによって異なります。

    ですから介護リフォームにはこれといった解決策がありません。

    ですが、介護(バリアフリー)リフォームの中でも最大公約数的な

    要素を含む基本となるリフォーム【バリアフリー3点セット】は

    特に家庭内での事故を未然に防ぐことにも役立つので、

    新築やリフォームを行うときには必ず心がけてください。

    段差の解消

    段差の解消 昔ながらの在来工法の家には段差が多く、

    高齢者、障害者の自立の妨げになっています。

    最近の住宅では、部材や機器の性能が向上しているので、

    設計者がしっかりと配慮すれば家の中のほとんどの段差は解消できます。

    また、段差解消の介護(バリアフリー)リフォームは比較的安価で

    行うことが出来ます。

    また、実際高齢者にとって多い家庭内での事故はバリアフリーリフォームを

    行うような大きな段差ではなく些細な段差で起こっているのが現実です。

    カーペットの端のめくれ、電源コード、床に置かれた雑誌

    新聞など日常の何気ない生活の場に転倒の原因が潜んでいます。

    家庭内での転倒事故防止は介護(バリアフリー)リフォーム以上に

    家庭生活での整理整頓が大切になります。

    手すり

    手すりは段差階層と共に、高齢者・障害者の自立への大きな助けになります。

    自分の行きたい場所へ自分の力で行くことができる。そのことが精神的にも

    大きな効果があり心身共に自立することができます。

    手すりは自立への「はじめの1歩」です。

    手すりの径

    階段・廊下の手すり

    直径-32〜36mm

    手を滑らせて移動するので、しかっりと握る必要はない。 安定感が大切!!

    トイレ・浴室

    直径-28〜32mm

    上下運動・移乗のためにしっかりと握ることが多い。握ったときに、

    親指とその他の指がしっかりと重なることが大切!!

    手すりの端部

    手すりの端部は壁側に曲げ込むか、下方にまげて納めます。

    エンドキャップを取り付けるやり方では、その部分に衝突したり、

    衣服の袖口に引っ掛ける可能性が大きいので危険です。

    取り付け位置

    利用する人が決まっている場合には、その人の大腿骨大転子にあわせます。

    その他の場合は地面より手すり上部まで750〜800mmを目安に取り付けます。

    私のお勧めする手すり

    ユニバーサルデザイン波形手すり「クネット」     

    クネクネと波形に曲がったPOPなデザインの手すりです。

    階段に設置された従来の一直線の手すりは、握った際に手首の角度が不自然になり、

    握り込みにくく、かつ滑りやすい欠点がありました。

    ですが、波型手すりクネットは、地面に対して垂直と水平の二つの角度の

    連続で出来ています。そのため、上がるときには、垂直部を体に引き付けることで

    力を入れ易く、降りるときには水平部に体重を乗せ、

    杖のように使うことで膝への負担を軽減できます。

    広い建具・廊下

    狭い 廊下 バリアフリー 介護 リフォーム 在来工法の住宅は3尺を

    基準に尺貫法で建てられています。廊下の柱の芯から芯が91cmだと、

    最大でも廊下幅が78cmとなり大人ひとり歩くのには支障ありませんが、

    並んで介助が必要な場合や車椅子での移動を考えると狭くて適さないのが現実です。

    廊下の幅を広くするには、柱の移動などのモジュールの変更を伴う

    大規模なリフォームとなるのであまり現実的ではありませんが、

    建具の変更で部屋の出入り口を広くすることは簡単に出来るリフォームです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    リビングはできるだけ広くしたい、と考える人は多いですね。

    でも、たとえば12畳のリビングより、10畳のリビングに

    2畳分の収納スペースのある間取りの方が、片付いてスッキリ見えます。

    なぜなら、モノがあふれて散らかった状態だと、実際より狭く見えてしまうからです。

    さまざまなモノが集まるリビングには、十分な収納スペースが不可欠です。

    リビング収納の中のモノを床に並べると、なんと約4.5畳分にもなるのです!

    遊ぶ、食べる、勉強する家族が集まっていろいろな過ごし方をするリビングには、

    さまざまなモノの収納場所が必要です。

    スーツや部屋着、通学通園グッズ、趣味グッズ、子どものおもちゃなど、

    指定席を作って収納するとよいでしょう。

    ご主人のスーツ、コート、子どもの着替えやおもちゃ、

    通学通園グッズなどは、収納スペースがないと置きっ放しや

    出しっ放しになりがちです。リビングには、家族それぞれの

    モノをしまえる収納スペース=個人の指定席をつくることをおすすめします。

    さらに家族共有スペースをつくり、文房具などみんなで使うモノも、

    どこに何をしまうか決めてしまいましょう。

    「ママ、あれどこ?」としょっちゅう聞かれてイライラということもなくなります。

    モノのサイズや性質に合った収納の形(引き出し・棚など)にすることがポイントです。

    ストック食品やゴミ箱の居場所を〜キッチン収納のコツ

    パントリーでは食品のストックをまとめておけば、買いすぎや使い忘れも防げます。

    見せたくないゴミ箱は扉付きの収納内部に隠しておけばスッキリ!

    パントリーでは食品のストックをまとめておけば、買いすぎや使い忘れも防げます

    見せたくないゴミ箱は扉付きの収納内部に隠しておけばスッキリ!

    システムキッチンの収納力はアップしていますが、オープンなスタイルが

    流行してシンク上の吊戸棚がなくなった分、収納スペースの絶対量は減っているんです

    その結果、ストック食品や、季節物の食器や土鍋などをしまう

    スペースが不足しがちになっています。

    キッチンのモノあふれを解消してくれるのが、パントリーです。

    半畳ほどのスペースでも、棚を造り付ければ買い置きの食材や

    ミネラルウォーターなどをたっぷり収納できて、キッチンがスッキリ片付きます。

    重くてかさばる調味料の瓶類や自家製の果実酒などは下段へ・良く使うモノは

    ひざから胸までの位置へと、モノを置くときに注意しましょう。

    また、意外と忘れがちなのがゴミ箱を収めるスペース。

    通路に出ていると動線の邪魔になり、家庭内事故にもつながります。

    ゴミ箱は何個置くのか、資源ゴミなどをどこに置くか、

    家を建てる前に考えておくことが、スッキリ暮らすコツの一つです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    間違った土地探しをしていませんか?

    土地と建物の予算配分を間違えると、家は建たない?

    土地予算と建物予算の調整は?

    土地を探すとき、学校区や利便性を追求すると、建物予算が不足して、

    思い通りの家が建てられないし、自分の思い通りの家を

    建てようとすると、土地予算が不足し、希望の土地が買えない。

    したがって最終的には、土地費用を押えるために、

    郊外に、場所を替えたり、土地面積を狭くする。

    または、建物費用を押えるために、建物を小さくしたり、

    グレードを下げる・・・。

    このように調整をしながら、最適な案をみつけることがポイントです。

    土地を買って良いか、どうかの判断は?

    その1

    仮に、希望の土地がみつかった時、人気のある土地は不動産屋さんに

    行っても、大体10日間位しか土地の予約を待ってくれません。

    土地は早い者勝ちなのです。

    したがって、10日間の間にあなたが売買契約を結ばないと、

    権利は次の人に移ります。

    10日間の間に、建築会社を決めて、どんな家をいくらの予算で建てるか?

    そして、全体の資金計画は大丈夫か?

    ・・・など全てを検討し決断して土地の売買契約(ローン停止条件付)を結びます。

    この点が土地を探し、建物を含めた住宅ローンを利用するときの一番難しい所です。

    したがって、先に建設会社を決めて一緒に土地を探す方が、慌てたり、

    見切り発車をしたりして、失敗する確率が少なくなります。

    その2

    自分の土地だからと言って、自分の思い通りの家が建てられる訳では有りません。

    どんな家を建てて良いかは、建築基準法や民法 などで決まっています。

    たとえば・・・

    敷地の前の道路幅が3mしかない場合は、50cm分は家も塀も作っては

    いけません。・・・セットバックと言います

    敷地内に計画道路があれば、将来立ち退きの可能性があるし、コンクリート造の

    建物は建てられません 。

    隣に住宅がある場合、敷地境界線から1m未満の場所に、他人宅を眺めること

    が可能な窓を設置する場合、目隠しを設置しなければならない・・・民法

    その他にも ・・・

    良い 土地だと思っても、地盤が弱く地盤補強工事が必要となり、

    高い買い物になることがあります 。

    公共下水道か浄化槽か? 給排水の引き込み工事が必要か、どうか?

    など土地を買うかどうかを決める時、このようなことも含めて検討しないと、

    結局、高い買い物になったり、思い通りの家が建たなかったり、

    予算オーバーになることがあります。

    特に工事費についは不動産屋さんでは分かりません。

    したがって、ある程度信頼できる建築会社の候補を見つけ、

    相談しながら土地の選定をされると失敗がありません。

    とりあえず先に土地だけ買うと後悔します? 

    いい土地が見つかった時、土地だけ先に買い後から家を計画して建てる

    これを土地の先行取得と言います。

    こ場合、自己資金がたくさんあれば問題はないのですが、土地、建物の両方を

    住宅ローンで計画する時は注意が必要です。

    ローを土地、建物別々に組む場合と合わせて組む場合がありますが、

    どちらの場合も大体の建物予算や家づくり全体の資金計画を元にローン審査を受けます。

    また先行取得と言っても、すぐ建てる時と1年後位に建てる時があります。

    それによって1つのローンになるか2つのローンになるかがあり、

    融資関係の費用も違います。

    また建築するとき土地購入時に比べてローン金利が上がっていたら、最悪、

    借り入れ金額が減ることがあり、総額が同じでも利息分が増え建物分が少なくなり、

    当初予定していた大きさの家が建たないという危険性があります。

    このような理由で土地の先行取得は、余分に費用が必要になったり

    計画変更のリスクがあるのでお勧めできません。

    ここでとても大切なお話をします。

    なぜ土地購入で失敗している人が多いのか?

    その理由は・・・

    ●1000万〜2000万円の大金が動く

    ほとんどの人は不動産取引の経験がないので、分からないことが多い

    不動産取引の法律は素人の人には難しい

    不動産取引はリスクが大きいので、一般的に専門家である宅建業者に 依頼する

    宅建業者の仲介手数料は法律で決められている・・・守られている

    不動産は見えない部分(地下、外から見えない内部など)があるのでリスクがある

    このような理由で、不動産業界は グレーの部分 が多いのです。

    私たちは仕事柄、土地探しで失敗し後悔している方を

    多く見てきましたしご相談もお受けしました。

    反対に「濡れ手に粟」のような話も聞いています。

    土地探しをする前に、土地購入の契約書に判子を押す前に

    土地に詳しい設計士・工務店に相談しながらいい土地探しをして下さい。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    既設車庫の解体も終わり、新しい基礎の工事が始まりました。

    2014-05-22-10-01-37


    2014-05-22-10-01-23


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    在来工法の住宅とは、昔ながらの伝統的な日本家屋の建築技法で

    皆さんの見慣れている住宅だと思います。

    在来工法の住宅は日本のジメジメした夏を快適に過ごすのに風通しがよく

    出来ている代わりに、冬を過ごすのには寒く出来ています。

    また在来工法は昔ながらの技法なために、尺貫法で住宅の間取りが成り立っています。

    そして段差が多いのも特徴です。

    親世帯である高齢者にとっては、とても親しみやすいけれども、

    暮らしていくには若干不具合の多いのが在来工法の住宅です。

    在来工法とは昔ながらの伝統的な日本家屋の建築技法のことです。

    具体的にいいますと、土台、柱、梁を用いて作られる木造の住宅のことで、

    在来軸組工法、木造軸組工法とも言われます。

    地域ではごく一般的に見られる住宅がこの在来工法で、

    皆さまにも最も馴染みのある住宅の工法だと思います。

    在来工法の特徴

    昔ながらの建築技法のため、住宅の間取りをはじめとしたすべてに

    於いて尺貫法が用いられています。1尺=10/33メートルですから

    約303ミリメートルになります。

    ですから柱は4寸≒12cmだったり、廊下の幅が柱の芯から芯で

    3尺≒90.9cmだったりします。

    また、柱で成り立っているので、壁が少なく開口スペースを自由に取れ、

    風通しが良く、光を取り入れやすいのが在来工法の住宅の特徴です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    三重県四日市にある築80年の古民家🏡

    2014-05-20-10-09-14


    2014-05-20-10-54-25


    全面道路拡張の為、解体することになりました。

    今までなら解体して、更地にしてましたが、80年も自然乾燥された骨組みは解体して捨ててしまうのはもったいないです。

    古材鑑定をして、次に新築やリフォームに使用できる骨組みを買い取ります。

    (例)
    30坪の木造軸組工法、伝統構法の解体費用は約120万の場合、鑑定価格が30万の場合、お客様の負担は90万になります。

    このページのトップヘ