都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2014年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    日本人が長い年月をかけ、

    生活をよりよくしたり、

    心を豊かにしていくために創りあげた

    思想や技術などのことを文化といいます。

    この文化によって表現されたものを文化財とよび、

    その中でも特に重要なものは

    国や自治体によって保護されています。

    たとえば、見たり聞いたりする演劇や音楽は、無形文化財。

    手で直接触れることができる絵や彫刻、

    工芸品などは有形文化財とよびます。

    また、昔から続いている地域の祭りや、

    農業でつかった鍬(くわ)や鋤(すき)などの農具、

    昔の風習や信仰にかかわるものも文化財です。

    もちろん、建物も文化財です。

    日本では、各地の古い住まいのほか、

    お寺や神社、昭和初期ごろまでの学校や役所、

    工場などを、文化財として国や自治体が保存しています。

    さらに、建物もひとつだけでなく、

    いくつも集まっている場所があり、

    その地域全体を文化財として保存する制度もあります。

    こうした地区を伝統的建造物群保存地区とよびます。

    実際にこの地区に指定された城下町や宿場町、

    山あいの村などには、地域独自の特色をもった建物が集まっています。

    そしてそこでは、建物や全体の風景を壊さないようにするとともに、

    そこに住む人たちが、建物を活用しながら、

    地域の歴史文化を受け継いでいっています。

    文化財と定められていない古民家も

    たくさん愛知県にはあります。

    残念ながら素晴らしい建物が解体されています。

    解体せず、未来の子供たちのために、

    受け継ぐ文化を創りたいと思います!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    兵庫県箱木家住宅は、千年家と呼ばれ14世紀にあったと推測されています。

    当時は製材の技術もなく、柱や床板などはチョウナで削りだしており、

    いかに木材が貴重なものだったかが判ります。

    昭和52年、現在の場所にダム建設のため移築されましたが、

    移築の際におこなわれた解体調査で日本最古の民家であることが確認されました。

    14世紀に建てられた母屋と、後に建てられた離れを江戸時代末期にひとつの屋根の下に

    納めた合成建物であることも明らかになりました。

    現在は母屋と離れを建築当時の形に分離して再建されています。

    古民家に興味がある方は、是非一度行ってみてはいかがでしょうか?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    【愛知県古民家再生協会設立総会開催】 豊橋から名古屋へ移転します。

    今まで毎月豊橋で行われていた愛知県古民家再生協会の例会を

    6月より名古屋で開催することにこの程決定いたしました。

    毎回名古屋で行われる古民家鑑定士の受験対策講習で講師を務めてきましたが、その受講者達が名古屋市内か名古屋近郊の方が多く、再生協会の会員となっても、豊橋の例会参加には少し無理がある場面に今まで多く直面してきました。

    この再生協会の例会(会員の会)の会員を増強し、今まで以上に古民家再生活動を活発にする為には、どうしても県庁所在地での例会開催にしないことには会員を増やす手段はないのでは、との結論にいきつきました。

    これから毎月、講師役と鑑定士の試験立会いを済ませてから、名古屋市内の『吹上ホール』の会場で例会を開くと共に、事務局を名古屋へ移転します。

    その試験的な運用準備として本日、試験後に例会を名古屋で開催する運びとなりました。

    例会場所が豊橋だと問題があるわけではないのですが、なんといっても名古屋の近郊の方が多いため、必要不可欠である事には間違いがないような気が致します。

    そして県庁所在地に愛知県古民家再生協会が存在することが自然と思い、

    7月24日木曜日に名古屋市千種区の吹上ホールにて

    愛知県古民家再生協会本部及び日進支部の設立総会を開催します。

    http://www.kominka-aichi.com/


    古民家に興味のある方、会員募集中です。

    株式会社アサヒハウジング 都築誠 古民家鑑定士1級 kk120090

    2014-05-20-10-09-14

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    古民家で暮らしたい!!

    古民家に住みたいが、物件の探し方が分からない。

    改修にどのくらい費用がかかるか知ってから検討したい。

    引っ越し前に、その地域のことが知りたい。

    そのようなお悩みをお持ちの方はぜひ相談ください!

    古民家住まいるでは、古民家に住みたい方の相談に乗り、

    物件購入のお手伝いをさせていただきます。

    古民家のプロがお家の状態を調べ(古民家鑑定)、適正価格を伝えます。

    古民家鑑定の費用は10万円(税別)

    【古民家情報不動産サイト】 古民家住まいる http://www.kominka.net/

    古民家に住みたい方、古民家に興味がある方はぜひ一度ご覧下さい。

    【お問合せ先】愛知県古民家再生協及び住まい教育推進協会 0120-923-043

    株式会社アサヒハウジング 都築誠 古民家鑑定士1級 KK120090

    アサヒハウジングホームページ http://www.asahi-hg.co.jp

    kanteisho


    2014-04-28-16-39-05


    2014-04-23-11-10-19


    2014-04-23-11-08-33

    ↑木の国神話の社 伊太祁曽神社

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。


    日本は高温多湿のため、室内のカビが発生しやすい。最近は中途半端な高断熱、

    高気密の住宅が増えてきて、湿気がたまりやすく、カビの発生を助けているようです。

    特に湿気の多い夏場はカビの季節です。

    家の中にはカビの発生しやすい所がいくつかあるが、換気を良くして

    除湿を徹底することが一番有効です。日本の住宅は高温多湿という気候条件に適し、

    換気のしやすい木造の開放的な住宅が特徴です。

    戦後、コンクリート構造で気密性が高く、外気を遮断しやすい閉鎖的な住宅が増え、

    室内に湿気がたまりやすく、カビが繁殖しやすい条件がそろっています。

    夏は湿気の増加、冬は室内の温度差でできる水蒸気の結露によって、

    カビが1年中発生しやすくなった。また、共働きの家庭が増加し、

    昼間の換気が行き届かないというライフスタイルの変化も、要因の一つに挙げられます。

    カビは温度(20〜30度)湿度(75%以上)と、栄養分となる食品などの

    有機物がそろえば増殖する。空気中にはカビの胞子が常に浮遊しているため、

    湿気がたまりやすく、カビが発生しやすいので、次のような場所は特に注意が必要です。

    家の中で一番カビが発生しやすい場所が浴室です。

    栄養分となる石鹸かすを残さないようにすることが大切。カビは高温に弱いため、

    使用後はシャワーでタイルや壁、ステンレス部分などに付着した汚れを丹念に洗い流す。

    浴室内は短時間で大量の水蒸気が発生するため、タオルなどで水滴をふき取った後、

    できるだけ窓を開け、換気扇を回し、湿気を排出する。

    ただし、防犯のため窓を開けっ放しには注意しましょう。

    浴室と隣接する部屋に湿気がいかないよう、浴室の戸は閉めましょう。

    台所は、ガスが燃焼すると水蒸気が発生する上、湯を使えば同じように水蒸気が出ます。

    そのため、ほかの部屋に水蒸気が広がらないよう、調理だけでなく、

    炊飯時や洗い物などで水を使用している時は、換気扇を回すようにしましょう。

    カビの食料庫”といわれる台所。調理時に飛んだ汁などがあると、

    カビの栄養源となって繁殖しやすくなるため、まめに掃除をしましょう。

    押入れは、布団は一晩で牛乳ビン1本分(200ミリリットル)の汗を吸っているといわれる。

    そのまま畳んで押入れに入れるのではなく、一度イスなどに布団を立て掛けて

    湿気を取った後、収納するよう心掛ける。特に、寝汗をかきやすい夏場は気を付け、

    布団をぎゅうぎゅう詰めにしないで、押入れの床と壁にスノコを使って

    空間を作るようにすると、風通しを良く、湿気を取るカビ対策になる。

    エアコンは、除湿対策としてエアコンを使用することは有効だが、

    使い方を誤ると逆にカビの発生源になる。エアコンを切ると、

    機械内部に水滴がたまり、カビの胞子が増殖しやすくなるためです。

    そこでエアコンを運転する時は、まず窓を開けて送風運転して胞子を飛ばす。

    スイッチを切る前も送風運転にしてエアコン内部をよく乾燥させるようにすることが大切。

    フィルターにほこりなどがたまると、効率が悪くなるばかりでなく、

    そのまま放置しておけばカビの発生源になるため、定期的に掃除しましょう。

    洗濯物干しは、洗濯物を室内で干すと、湿度が10%以上上昇するといわれる。

    そのため、室内で干さないのが原則です。どうしても干さなければならない時は、

    換気扇を回しながら浴室で干す方がいいですね。

    カビ取り対策は、次亜塩素酸を主成分とする塩素系のカビ取り剤が一般に普及している。

    浴室のタイルの目地に生えたカビは、カビ取り剤を所定の時間定着させる方法が有効です。

    汚れのひどい部分は、歯ブラシなどで軽くこすった方が落ちるが、

    むやみにこすっても効果は薄いので注意が必要。カビ取り剤の上にティッシュを

    あてがい調布する方がいいです。

    塩素系カビ取り剤は、酸性の洗浄剤を混ぜると塩素ガスが発生し、

    そのガスを吸って死亡した例もあるため、換気扇を回し、

    手袋使用するなど注意が必要です。壁や家具などのカビは、

    アルコールで殺菌した後、薄めた漂白剤でカビの色素によるシミを落とす方法が有効です。

    その場合、アルコールが完全に乾燥してから漂白作用のカビ取り剤を使用しましょう。


















      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    目に見えない・・・

    カビの胞子は空中を浮遊し、それを吸入することによって気管支ぜんそくや

    アトピー性皮膚炎などアレル ギー性疾患を引き起こす原因となります。

    どのようなカビの胞子がアレルゲンとして重要であるかというと、

    カンジダ(人の皮膚や消化管に常在して いる酵母菌)やアスペルギルス、

    ペニシリウム、アルタナリア、クラドスボリウムなどが挙げられます。

    アスペルギルスはコウジカビの一群で、昔から醸造(日本酒、味噌、醤油)

    に利用されています。

    また、 いろいろな器物を汚染し、食品の変質・変敗の原因となる有害な種類が多い。

    ペニシリウムはアオカビの一群で、抗生物質ペニシリン生産菌で有名です。

    アルテナリアはススカビと呼ばれる黒色カビの一種で、室内では塗装面、

    ビニールクロスに見られ、クー ラー内部のプラスチック面にも発生します。

    クラドスポリウムはクロワカビと呼ばれるカビの1種で住宅の内外に黒色の汚染物を

    認めたら、それはほとんどクラドスポリウムと考えてよいでしょう。

    このうち、アルテナリア、クラドスポリウムは家庭内でとくに湿度の高くなる浴室、

    洗面所、台所などに 繁殖する黒色の力ビ(好湿カビ)です。一方、アスペルギルス、

    ペニシリウムは居間や寝室の室内塵に多量 に含まれているカビ(好乾カビ)で、

    室内に浮遊するため、影響も大きいものがあります。さらに興味深いの は室内塵中の

    主要なアレルゲンであるダニ類(ヤケヒョウヒダニ・コナヒョウヒダニ)が

    よく繁殖する温・ 湿度条件20〜25℃、75%と好乾カビの発育条件が一致することです。

    室内塵中のカビ数の季節変動は、3月と8月にピークを示すデーターが出ています。

    これを 室内での温・湿度の変化に関連づけると3月の場合は、真冬(12〜2月)の

    暖房による結露の発生がもたらしたカビが1〜3カ月後になって

    最高数に達したものと考えられます。

    一方8月の場合は6〜7月に戸外の気温・降水量が引き金となって発生したカビが

    8月に入って頂点に達 したものでカビの分布は欧米先進国のデーターと全く同じであり、

    日本人の日常生活が室内環境においても 欧米化していると言えます。

    しかし、わが国の気候は高温多湿で、欧米と異なります。

    自然素材をふんだんに使用した住まいに暮らすことと、

    室内からカビの繁殖する条件を減らすよう、日常生活での清掃、除湿、換気に努めましょう。

    2014-05-15-13-17-25


    2014-05-15-13-17-11

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    みなさん、古民家鑑定士という資格をご存知ですか?

    今現在、全国に約8000名の資格者がいます。

    古民家鑑定士は・・・

    財団法人職業技能振興会の認定する、古民家のプロとしての資格です。
    近年、持ち主の方がその価値を知らないまま解体やリフォームをされる古民家も多くなっています。
    古民家鑑定士は、住まいに関する専門的な知識を持ち、想いのこもった古民家を大切に活用するためのご提案をします。

    どんな時に古民家鑑定?

    ⚫️古民家を解体するか悩んでいる。
    ⚫️今後も住み続けたいが、建物の耐久性が心配。
    ⚫️具体的にどこを直せばいいかわからない。
    ⚫️所有する古民家を売りたい、貸したい。
    ⚫️古民家を購入したいけど、その前に状態を調べてほしい。

    古民家鑑定をすると?

    ⚫️建物の良い点、気をつける点について、コメントします。
    ⚫️古民家のコンディションがわかり、活かしていく方法が見えてきます。
    ⚫️固定資産上でなく、文化的な側面から評価を行い、建物評価額として算出します。

    古き日本の伝統文化である古民家を一緒に守り、残していきましょう。

    古民家鑑定料は10万円(税別)

    一般社団法人 愛知県古民家再生協会会員の会 都築誠 古民家鑑定士1級 KK120090

    http://www.kominka-aichi.com/

    IMG_9435


    IMG_9437


    IMG_9436


    2014-06-20-10-03-51


    kanteisho


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    結露とは、温度差により空気中の水蒸気が水滴となる現象をいいます。

    冬には、夜間の放射冷却 (晴天日の朝が最も冷却)により壁が冷込み、

    さらに夜間停止後の室内温度の低下に より結露します。

    夏には梅雨、台風など雨が降り続いた後に突如晴天が訪れ、

    高温多湿となった外気が室内に流れ込んで低湿な壁に触れて結露します。

    カビは、_硬戞↓⊆湘戞↓1浜棔↓せ請任裡瓦弔両魴錣満たされると

    活発に繁殖が始まります。

    結露・カビ・ダニの関係を考えると、結露はカビの発生条件の

    ひとつである湿気の供給源です。

    カビの発生しやすい温湿度は20〜30℃、70〜95%ですから、

    ダニの発生条件とほとんど同 じです。また、ダニはカビを栄養にしていますから、

    結露・カビがダニの繁殖を増加させていることになります。

    結露の発生する箇所には必ずカビが発生するもので、適切な結露防止対策はカビ防止に

    直結し、更にダニ防止にもつながります。

    カビが発生する箇所は、〃誅の発生する場所(外周壁、押入)⊆湘戮高くなる水回り(台所、 浴室、洗面所、便所)6気の対流しない場所(家具裏)です。

    そこで、カビを予防するための住まい方の工夫をご紹介しましょぅ。

    1.就寝前5分間窓を開放すること−結露発生の時間帯(深夜0時頃から日の出直前まで)に室内 の湿度を下げることは結露防止に有効です。

    2.家具と壁との間隔を置いて据え付けること一壁に密着して置くと空気の対流がなく

    湿気がよどみます。結露・カビの発生を招くため壁面との間隔を10cm程度

    開けましょう。

    3.炊事の時、浴室では換気扇を作動すること一水蒸気が他の部屋に拡散しますから、

    換気扇を使用しましよう。

    4.雨期多湿時の窓は開放しないこと一梅雨や秋の長雨などの降雨時は外気が多湿で

    季節的に高温 となっています。この外気が室内に侵入すると全室にカビ、ダニの発生に

    つながりますので、降雨 時の窓の開放は避けて下さい。

    5.ストーブ上でのヤカン沸かし湯をしないこと−冬期は乾燥するからとスト−ブ上で

    ヤカン沸か し湯をすると、ガス、石油の燃焼による水蒸気に加え、異常多湿状態となって、結露、カビの発生 を助長します。

    以上のカビ予防のための住まい方の工夫は、日常生活で無駄な水蒸気を発生させない

    処置を個々の 住まいの状況に応じて実施して下さい。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    F様邸車庫建て替え工事が6月22日日曜日に無事棟上げが終わりました。

    IMG_9449


    IMG_9450


    IMG_9454


    IMG_9451


    IMG_9452


    IMG_9453


    構造体はすべて無垢材を使用。車庫だからといってこだわりは変えません。

    長く大切に使っていただけるように、アサヒハウジングは無垢材にこだわって住まいづくりをしています。

    完成は7月中旬です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    新しい週の始まりです。

    昨日は三重県四日市市にある築90年と築70年の古民家鑑定に行ってきました。

    古民家鑑定とは、古いから価値がないと思われがちな古民家に、固定資産上ではなく、

    文化的な側面から建物の評価をおこない、建物評価額として算出する事です。

    現在の古民家のコンディションが分かり、活かしていく方法が見えてきます。

    IMG_9420


    IMG_9441


    IMG_9440


    IMG_9426


    IMG_9424


    IMG_9439


    IMG_9423


    IMG_9425


    IMG_9432


    IMG_9434


    IMG_9435


    IMG_9437


    IMG_9436




    このページのトップヘ