都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2014年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    木の家に住むと人は健康になります。

    しかし・・・

    無垢材にはもちろんデメリットがあります。

    杉無垢の床のデメリットは傷が付きやすい。

    調湿性や断熱性が高い杉は、組織細胞内に空気を沢山含んでおり

    柔らかく、普通に生活していれば確実に傷つきます。

    正直な話、合板フローリングでも傷つきます!!

    こすったような傷ならば、傷口に水分を含ませれば復元しますが

    深く、えぐったような傷は直りません。

    イスを引きずったり、小さなお子さんが室内で

    車などのおもちゃで遊んでいると、傷付く可能性があります。

    イスの脚の裏に保護カバーを付けたり、お子さんが遊ぶスペースに

    専用のマットやシートを敷くなどすれば対応できます。

    シミ・汚れやすい 。杉に限らず、無垢の床は、塗装品でない限り

    表面がコーティングされていないため水分を吸収します。

    シミ・汚れが気になる人は、気になる部分に工事完了後や

    定期的な油性オイル・ワックスがけをオススメします。

    とくに汚れやすいキッチンや トイレ・洗面所などの水廻りは

    敷物を敷くなどして工夫すればいいと思います。

    乾燥すると隙間ができます。

    杉の無垢材は、調湿効果が高い分、水分を沢山蓄えます。

    梅雨時などに施工すると、張り終わったときは

    ピタッとくっついていた床が、暖房をつける季節になると

    暖房により空気が乾燥して、床に隙間が出来る可能性があります。

    また、暖房にファンヒーターを使う場合は 、温風が直接当たる場所は

    過度に乾燥しすぎて隙間が出来る可能性があるので敷物を敷くか

    床とファンヒーターの距離を離すなどの工夫が必要です。

    乾燥しすぎた部分は、湿気を含めばある程度元に戻ります。

    初期費用コストがかかます。

    産地や節の有無、年輪の細かさ、赤身や白太のバランスなどにより

    材料代は異なります。床板のサイズによって施工費も異なります。

    しかし、15年〜20年後のメンテナンスを考えると

    合板フローリングならリフォーム。無垢の床ならそのまま

    イニシャルコストは若干高いかも知れませんが

    ランニングコストで考えると、無垢の床はお得なのです。

    逆に沢山のメリットもあります!!

    杉無垢の床のメリットは、夏はサラッとしている!

    調湿性が高い杉は、湿度が高くなると組織細胞内に

    湿気を吸収します。そのため合板フローリングのように

    ベタベタすることなく、夏場でもサラッとしているのです。

    冬は、温かい!断熱性が高い杉は、組織細胞内に空気を沢山含んでおり

    極めて高い断熱性能を持っています。そのため冬場でも

    合板フローリングのようにヒンヤリすることはありません。

    それどころか、常に触れている部分は温かくなってくるのです。

    とにかく肌触りが良い! 

    夏場でもサラッとしていて、冬場でも温かい理由の一つが

    床の表面仕上げです。耐傷性の高い塗装仕上げを施した

    合板フローリングと違い、無垢材は余計な塗装を施さない

    無垢そのまんま仕上げ!まるで赤ちゃんのお尻のような肌触り?

    だから、裸足で歩くと、とっても気持ちが良いのです。

    衝撃を吸収する!

    無意識で床に転倒した時、 体重の約1.2倍の加重がかかる

    と言われています。硬い床(ケヤキなら等)や硬質フローリングと比べ

    柔らかい杉なら、万が一の転倒時に衝撃を和らげてくれるのです。

    経年変化を楽しめる!

    無垢の木は、私達人間と同じように生きています。呼吸しています。

    だから日焼けをして褐色もします。色鮮やかだった杉の床も

    経年変化で少しずつ飴色へと変化していきます。だから時が経って

    古くなればなったで日に日に愛着が湧いてくるのです。

    丈夫で長持ち!

    糊で貼り合わされた合板に、無垢の単板やフィルムを貼った

    一般的なフローリングの耐用年数は15〜20年と言われ

    使用環境によって表面が剥がれたりする場合もあります。

    糊を使っていない無垢の床は、剥がれる心配はありません。

    無垢の床材はメンテナンスさえキチンとすれば

    永く付き合うことの出来る素材と言えます。

    使い始めは、傷を気にする方も多いですが、1年も経てば

    全く気にする事もなくなっています。

    例えるならば、新品の靴のような感じです。

    雨の日は履きたくないでしょ?汚したくもないし傷をつけたくもない。

    でも、1年もすれば少しは汚れも傷もある

    それが、いい風合いになっていきます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    阪神大震災から、耐震性能に優れた構造は?とよく質問されるのですが、

    どの構造もバランスよく設計されていなければ、耐震性能は悪くなります。

    ある一部だけを丈夫にしても、その他の構造部分がそれに見合った部材を

    使っていなければ、逆に耐震性能が悪くなる場合もあります。

    力というのは、硬いところに集中するという性質があります。

    木造では一部の耐力壁だけの耐力を強くすると、そこに多くの力が集中するので、

    その廻りの金物の補強なども必要になってきます。又、平面的なバランスが悪くなり、

    大地震の時に建物を回転させる力が生じ、建物に悪影響を及ぼす事もあります。

    その他の構造でも同じ事で、一部の柱を大きくすればその廻りの梁などにも

    力が集中してくるので、それに見合った断面にする必要があります。

    また、上部の構造をいくら丈夫にしても、基礎がしっかりしていなけければ

    建物が傾いたりする事もあります。

    プランに合った構造を選ぶというのも大事な一つです。

    1階に駐車場などがある場合で、耐力壁が取れないプランであるのに、

    たまたま相談した工務店、設計事務所が、木造を得意としている場合、

    無理に木造で納めてしまう場合があります。

    このような場合には構造的に弱い建物になる場合があるので、

    充分に耐力壁を確保できるようにプラン変更するか

    他の構造を検討する事が必要です。

    これらの事は構造計算に基づいて、安全を確認していれば問題無いのですが、

    いくら設計がしっかりされていても、設計図とおりに施工されていなければ

    耐震性能は著しく低下します。

    意図的ではないのですが、図面の見落としなどで鉄筋が設計図通りに

    配筋されていない、金物の入れ忘れなどがまれにあります。

    これらを防ぐには監理のしっかりした工務店や設計事務所を選ぶ事が重要になってきます。

    あなたと一生つき合いのできる設計事務所・工務店をみつけ、

    幸せな住まい生活を手に入れられることを心から祈っています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    居住用の住まいにかかるコストを賃借費用という形で支出するか、

    住宅ローンを組んで不動産という形の資産を購入し、

    借り入れ元金プラス金利のコストを長期に支出するかの判断は

    その人の考え方や価値観によって変わってきます。

    一戸建てにするか、マンションにするかの選択もやはり、

    その人のライフスタイルや考え方によって変わってくるでしょう。

    住宅ローン完済後には、家計の支出が減少しますので、

    リタイア後の安心や生涯、自分の土地に住めるという安心感を理由にあげる方も多いです。

    あとは、やはり土地付きがいいとか、子育てには一戸建てが良いとか

    お考えになる方も多いようです。

    一戸建ての場合、土地も建物も所有者の専有なわけですから、

    マイホームを所有しているという充実感をより実感するのではないでしょうか。

    動物好きな方にとってはペットを自由に飼えるという点も見逃せません。

    購入後のライフスタイルにおいて、新築一戸建ての住宅に住まわれる皆様は、

    お子さんを通してのご近所づきあいや地域交流にも 積極的な傾向があるようです。

    マンションの場合は購入後も住宅ローン以外に管理費や修繕積立金という支出が

    所有している限りありますので、その辺を考えると一戸建てが良いと

    考える方も多いようです。

    マンションの場合、マイカー保有者は駐車場にも毎月のコストがかかる場合も

    ありますので、 住宅ローン以外の諸経費を念頭においておく必要があります。

    マンションの管理費や修繕積立金は15年以上経過すると値上がりすることも多いようです。

    住宅ローンを組む上では新築物件の購入ならではのメリットがあります。

    中古物件と比較して、住宅ローンの長期設定が可能になることが多いですし、

    フラット35やフラット35Sなどの金利面での 優遇装置などもあります。

    金融機関や公的住宅ローンの制度、ローンの商品の充実、長期優良住宅認定など、

    新築一戸建て住宅を購入の有利さがあります。 税金面では、一戸建てと

    マンションを比較した場合、一戸建て住宅は、建物の持分が少なく、

    マンションに比べ固定資産税の評価額が年々低下します。

    建物部分の価値は償却がマンションと比べると早いため税金は安く済みます。

    あたなのライフスタイルでどちらがいいか検討してからの購入してください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    地球温暖化が世界規模の深刻問題となっている現在

    家づくりも・・・

    建てては壊すのではなく、

    『いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う』

    そうすれば・・・

    建て替えの際のCO2を減らすこともでき

    生活の中で二酸化炭素削減にもなります。

    地球温暖化防止にもつながる考え方です。

    確かに、世界の住まいの平均寿命からみると

    日本の30年は、55年のアメリカ・77年のイギリスに

    比べても先進国の中でも極端に短命であると思われます。

    いくら日本が、他国と気候が違うとしても短すぎます。

    建て替える度に貴重な資源を消費し

    大量の廃棄物を産み出します。

    古くなったら、捨てるのではなく

    リユース(再利用)することが未来の子どもたちのためになると思います。

    少子高齢化なか、日本の人口も減り、空き家もたくさんあります。

    空き家に対しては国も対策に動き出しています。

    将来に建物(産業廃棄物)を

    残すことは大人が止めなくてはいけないと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    家を建てる前に、工務店やハウスメーカーの話だけではなく、

    実際に家を建てた方の話を参考に聞いてみることは

    とても大切なことだと思います。

    施工した工務店のアフターサービスの対応や施工途中の様子について

    詳しく聴いてから工務店を決めましょう。

    無垢材を仕様したのに、工務店が勝手にワックスや塗装をした…

    無塗装で良かったのにと後悔してる人も多いです。

    無垢のフローリング板を張った後に塗る塗装を工務店任せにしてしまうと、

    勝手にワックスを塗られてしまう…ウレタン塗装を塗られた…

    そんな失敗ケースを聞くことも参考になります。

    無垢材は年月が経つとだんだんと色が白からアメ色に変わっていきます。

    この色を楽しむために無垢フローリングを選ぶ人がいますが、

    工務店などにオイル塗装のことを何も説明しないで、

    仕上げにワックスを塗られることがあります。

    オイルではなく普通のワックスで塗られてしまうのです。

    これは、完全に工務店との打ち合わせ不足からくる失敗です。

    ワックスが剥がれると、その剥がれた部分がアメ色に変わっていき、

    無垢フローリングのアメ色が斑点のように浮いてきます。

    せっかくの無垢フローリングが台無しになりますから、

    塗装のすべてを工務店に任せることはあまりおすすめできません。

    無垢材はどうしても傷が入ります。

    オイル仕上げの場合は、5年10年過ぎたあとにその傷が何となくいい味になるのですが、ワックスで塗装してしまうとその味もなかなか出ません。

    無垢フローリングの塗装仕上げについては、必ず工務店と十分に打ち合わせて、

    何を塗装するか、それとも無塗装にするのか念入りに打合せをして納得してから決めてください。

    無垢材の良さがなくなってしまいます。



    また、ワックスがいいと言うお客様もいます。

    子どもが小さいので飲み物をこぼしてもシミにしたくないと

    自分の家族のライフスタイルに合う塗装を工務店と相談して決めましょう。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    二日間の東京出張から、無事名古屋に帰ってきました。

    2014-08-26-17-58-25


    2014-08-26-17-32-47


    2014-08-26-17-28-51


    とても充実した二日間が送れました。(^○^)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    8月25日月曜日、衆議院議員会館にて全国の古民家再生協会理事長•支部長会が開催されました。

    衆議院の宮路代議士、山本代議士、内閣官房、国交省、林野庁、環境省の皆様にもご参加頂き、日本の住文化を未来に残すべく志高い会議をおこなうことができました。

    『古民家は地域の宝である!』 『地域創生』 『未来の子供たちのために』

    私も日進支部支部長として、出席してきました。


    2014-08-25-12-06-36


    2014-08-25-13-00-04


    2014-08-25-12-47-30


    2014-08-25-17-09-27


    2014-08-25-17-29-40


    2014-08-25-17-29-35


    2014-08-26-05-21-23


    2014-08-25-17-29-20


    2014-08-25-17-27-18


    2014-08-25-16-00-02


    2014-08-25-16-03-54


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    自然石の上に建てられた古民家には長い伝統に基づいた技が隠されています。

    古民家の床下を覗いてみてください。

    今の住宅にはコンクリートで出来た基礎がありますが、

    古民家はこのコンクリートの立ち上がりが無くて束石(つかいし)という

    石の上に柱が直接立てられている構造になっています。

    束石は床束を支えるための石で、自然石を用いるのが一般的、

    綺麗に加工された四角い石もありますが、川原にあるような自然石の方が

    趣がありますし、自然石の表面の凸凹に木材をぴったりと

    合わせれる加工技術を持っていた大工さんの腕に脱帽もします。

    この石の基礎に柱や床束を立てる事を礎石(そせき)と言います。

    その昔は礎石を使わず建物の基礎は掘立式と呼ばれるやり方でした。

    地面に穴を掘ってその下を突き詰めて柱を立てていましたが、

    この方法は地面から水を吸い上げ、すぐに柱は腐ってしまいます。

    それを克服するために石の上に柱を立てる方法がとられるようになりました。

    古民家の基礎の様子を調べてみると、建物全体に盛り土をして周囲の地面より

    高くして建てられています。石垣を築いて周囲より一段高くして

    その上に礎石を並べて建てている古民家も多く見られます。

    地面から高くする事は雨水の浸入を防ぎ、

    木材が腐らないようにするために重要な事です。

    床下を密閉せずに解放した家は冬は寒いですが、

    夏の高温多湿時には風通しを図る事で湿気を防ぎ、涼しい家になります。

    南国などの高床式の住居も同じように湿気を逃がし少しでも

    涼しく暮らしたいとと言う事で同じような構造になっています。

    礎石に使う自然石は加工して柱が乗る面を平らにしその上に柱を立てていきます。

    ただ平らだと柱と礎石が簡単にずれてしまうので柱とかみ合わせるための

    工夫がしてあります。礎石の真ん中に突起を残しておき、

    柱の下の面を掘ってかみ合わせるか、逆に礎石の真ん中にくぼみを残し、

    柱に突起を残し組み合わせるかなどです。湿気の事を考えると

    礎石に突起を作る方がいいと思いますが、柱の下に十字の溝を彫り

    水を逃がす工夫をしたものなどもあり、奈良時代の建物などは床がない

    構造だったので、礎石が人の目に直接触れるため特に綺麗に加工されていたようです。

    床が張られるようになると礎石は直接目に触れなくなり自然石がそのまま

    加工されずに使われるようになりました。

    自然石はデコボコしていますからそれに合わせて柱の下の面を

    加工して建てられていますがその方法とは、ブンマワシと言われる道具を

    使い石の形を柱に写し取り、加工を行います。ノミを使い大雑把に削っておき、

    次第に細かい所が合うようにしていく非常に手間のかかる作業ですが、

    どこもかしこもぴたりと合わせる必要はありません。

    紙一枚入らないほど隙間がなかったら逆に湿気がこもり腐りやすくなりますから、

    最後のところでは適当に逃げてあるのが昔の工夫でもあるようです。

    さすが、大工と考えられてますよね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    新しい週の始まりです。

    玄関は、住まいの顔と言われます。家の第一印象を決める大事なスペースとして、

    いつもすっきりとした気持ちのいい空間に保っておきたいものです。

    とはいえ家族全員の靴や傘、鍵類や趣味のスポーツ用品など、

    玄関には何かとモノがいっぱい。雑然となりがちな玄関にはプライベート

    玄関兼シューズクローク(玄関収納)を検討してみてはいかがでしょうか?

    シューズクロークを活用すると、生活感のあるモノを表に出さずに済み、

    スッキリとした玄関を保つことができます。

    シューズクロークとは、玄関横などに設置する靴を履いたまま出入りできる

    収納スペースです。家族の靴やロングブーツ・サンダル、休日に使うアウトドア用品、

    スポーツ用品、子どもの遊び道具など玄関に散らかりがちな雑多な物を

    たっぷり収納できます。

    では、シューズクロークをつくるとどのようなメリットがあり、

    玄関の収納はどのように変わるのでしょうか?

    大きく分けると次の2点が考えられます。

    来客用と家族用の動線を分けられる

    玄関の中に家族用玄関を作り、家族はシューズクロークを通って

    直接出入りするようにします。そうすると、家族は外から帰ったら靴や荷物

    上着などをしまってからリビングへ、と自然に片付ける流れが生まれます。

    リビングの椅子やソファーに上着を置いたままということもなくなるでしょう。

    メインの来客用玄関はいつもスッキリキレイに整頓された状態を保つことができ、

    急な来客に慌てて玄関を片付けることはありません。

    見せる物見せない物のメリハリがつく

    見られたくない物はできるだけ玄関に入った時に視界に入らないよう、

    見せたい物は視界の中に入りやすい位置にと考えてみましょう。

    玄関横のシューズクロークに生活感のあるモノをすべて収納してしまえば、

    メインの来客用玄関はいつもすっきりと美しく保てます。

    玄関ホールには花やオブジェを飾ってライトアップするなど、

    お客様を気持ちよく迎えるおもてなしの気持ちが感じられる空間演出をしましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    無垢フローリングの引き摺り傷を補修する方法です。

    机やイスの移動で、すり傷が無垢フローリングの表面についたりしますよね。

    このような無垢床のキズは、思わぬ時についてしまうものです。

    でも、すり傷についても誰でも簡単に補修が出来ます。

    必要なものは、目の細かいサンドペーパーのみです。

    サンドペーパーを無垢フローリングの木目方向にそって、

    少しずつ削っていくだけです。

    削った後、無塗装仕上げの無垢床なら、そのままで良いですが、

    オイルフィニッシュしている無垢材は、このサンドペーパーをかけた後に、

    普段使用しているメンテナンスオイルで再塗装した方がいいです。

    そうすれとキレイに補修できます。

    その他に、無垢フローリングの床補修用として、

    キズ消しマーカーやキズ消しクレヨンなどが市販品として販売されています。

    これは自分で簡単に直すための補修キッドとして売られているもので、

    キズの形に合わせて詰め物をする補修方法です。

    無垢フローリングに付いたすり傷の中でも、小さなすり傷であれば、

    これで対応できますから、是非おすすめです。

    自分で不安がある時はプロのキズ補修専門のリペア店に

    相談しましょう。

    このページのトップヘ