都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2014年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    古民家鑑定士とは? 古民家鑑定とは?

    古民家を所有しているが、解体するか改装するか悩んでいる・・・

    古い民家を購入して住み替えを計画しているが、

    建物の耐久性や手直しをする部分がどこなのかを知りたい・・・

    古民家を売却したいのだが、いくらで売却するのがいいのか相談したい・・・

    古民家の鑑定をすることによって、このような疑問の答えがはっきり見えてきます。

    従来、建物販売をする際は固定資産税観点からの評価を行いますが、

    一律の計算式に当てはめられるだけで、古民家の価値が分かりません。

    古民家鑑定を行いますと、

    ・移築や再生をするに値するか

    ・再生して住むことができるのか

    ・その古民家の部材を再活用して新築住宅などに使用することが可能か

    ・あるいは再活用すべきではないか・・・

    などの判別が行えます。

    また、その建物を売却する際の、古民家の文化的価値や建物の耐久性を

    元にした販売価格の目安を鑑定することができます。

    ※古民家鑑定は「宅地建物取引業法第34条の2第2項」及び、

    不動産の鑑定評価に関する法律に基づく不動産鑑定評価ではありません。

    古民家のリユース促進のために定めた判断基準に沿って価値を表したものです。

    未来の子供たちのために、ひとつでも多くの文化的遺産である古民家の保全、

    及び耐久性の確保に貢献するための活動だと考えております。

    鑑定依頼は下記にお問合わせ下さい。 鑑定料は10万円(税別)

    〒470-0136 愛知県日進市竹の山3丁目803番地

    一般社団法人 愛知県古民家再生協会 日進支部

    TEL:0561(67)0558 / FAX:0561(72)8955

    kanteisho


    IMG_9436


    IMG_9435


    IMG_9438

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    そんな住まいに住んだらひ弱になると言う人がいる。

    そんな住まいとは温度差の少ない、冬暖かい、夏涼しい家を指します。

    しかしその言葉は間違いです。

    その証拠に寒さの厳しい所や暑さの厳しい所に

    生活する人の平均寿命は一般的に短く、

    日本で言えば寒い地域で生活する人よりも

    気候が温暖な沖縄で生活する人達のほうがみな長生きです。

    関東は温暖地だからそんな断熱はいらないと言う人もいますが、

    関東地方でも冬は身をちぎるような寒い日も、

    夏はクラクラするような暑さが続く日もあります。

    それを解消するためには部屋中にエアコンや

    暖房器具を設置する必要があります。

    冷房のし過ぎは人の発汗作用を奪い生理機能を狂わし、

    冬の暖房による過乾燥は、のどを傷め風邪などの細菌の繁殖を助長し、

    木材にとっても過酷で柱や梁、クロス壁などの亀裂、

    建具のくるいなどのトラブルを起こす原因となります。

    住まいはエアコンや暖房器具などの機械になるべく

    頼らない自然な情愛で暮らせる住まいが理想だと考えています。
















      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    無垢材(古材)は長い時間をかけて自然乾燥をしていき

    強度を増していく「天然乾燥材」

    樹齢100年の檜(ヒノキ)の場合は伐採されてから

    100年後が最も引っ張り強度・圧縮強度が増しており

    その後はゆるやかに強度が減少し

    300年を経過すると伐採時と同程度の強度に戻るという研究結果もあります

    現在広く使用されている「強制乾燥材」は

    130℃近くの高温で強制的に乾燥させた木材です。

    短時間で強度を上げられ、反りや割れなどがなくなり加工しやすい木材となりますが

    樹脂まで染み出してしまいパサパサになりま

    結果、木の弾力性や艶はなくなり、木材の行う呼吸(調湿効果)は減ってしまいます

    耐震性も減ってしまい時が経つにつれ劣化します

    実は自然乾燥された「古材」は、「新材」より丈夫で長持ちであるとも言えるのです

    そして、地球環境にいいのですよ

    家の解体の際の廃棄物を減らすことができます。

    そして、新築やリフォームなどに積極的に古材を活用することにより

    資源循環型の社会に貢献します。

    皆様のお力が、地球環境をよくする一歩になります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    新しい週の始まりです。

    家づくりで一番大切な事は『見えない部分』です。

    見た目重視の住宅展示場の住まい。

    本当のモデルハウスとは、お客様にとって完成した

    住宅を見ることが、とても参考になると思います。

    住宅展示場のあの広い玄関、20帖以上もあるリビング

    建坪が 80坪〜100坪以上の家を見て

    本当に参考になるのでしょうか?

    本当のモデルハウスとは、実際にお客様が建てた家、

    それが一番正直なモデルハウスではないでしょうか。

    自然素材の経年変化も見られます。

    実際建てる家の大きさも分かります。

    デザイン住宅の住み心地など

    実際に住んでいるお施主様の生の声を聞いてみてはいかがですか?

    収納の広さが充分であるか、掃除は大変ではないか。

    もし、建てた後の住宅を見せて頂けないとしたら、

    その住宅会社は、ちょっと心配ですね。

    なぜなら、建てた後のお客様といい関係ではない場合があります。

    アフターテナンスの対応が悪い…

    満足のいく家ではなかった…

    まあ、どこの営業マンも、自分の会社を悪く言う人は

    いないでしょうから仕方ありません。

    真実を知りたいなら、実際に住んでいるお施主様の生の声を聞いて

    判断することがいいでしょう。

    また、家を建てた友達に相談することもいいでしょう。

    友達が建てた住宅会社のメリット・デメリット

    もう一度、家を建てるなら、その住宅会社で建てるのか?

    後悔はしていないのかなども参考になると思いますよ。

    一生に一度の大きな買い物です。

    慎重に信頼できる住宅会社を選びましょう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    日本人は新しいものが好き?

    先進国で日本ほど住宅の寿命が短い国はないです。

    約30年ほどで取り壊されています。

    なぜストックは十分なのに80万戸超の住宅が新築されるのか?

    答えは、中古住宅流通のシェアが極端に低いから、

    日本人は新しいもの好きとも言われています.

    中古流通シェアが、イギリス88.8%、米国77.6%、

    フランス66.4%であるのに対し、日本は実に13.1%。

    新築住宅の着工戸数116万戸に対して、

    中古住宅が売れた戸数はわずかに18万戸しかない。

    これではいくらストックがあっても、

    新築の勢いが衰えるはずがない。

    日本の中古住宅の取引はなぜ低いのか。

    欧米では適切な修繕さえしていれば住宅の価値が

    上がり財産として積み上げられていくのに比べ、

    日本ではいくら修繕しても建物の時価が築30年程度で0になってしまいます。

    建物、内装ともに、つねに手を入れた気持ちのよい家で、

    最新の冷暖房やユーティリティ、システムキッチンを

    使いこなしながら快適に住まい、なおかつそれが

    資産として価値を増していく欧米の国々。

    どんなにきれいにしても30年で住宅としての価値がゼロになる日本。

    中古住宅に関する意識が根本から違うといっていいでしょう。

    日本では建物にお金をかけられない別の理由もある。

    まず、建築規制により床面積の供給が狭くなった分、

    地価が高騰したため、建物にコストをかけることができなかった。

    また、住宅は耐久消費財であり、平均利用年数は約30年と短いため、

    建て替え資金を必要とする。

    それには手元に現預金として持っていなければならないので、

    修繕費用は最低限に抑える傾向があります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    フローからストックの時代へ

    これまでの日本における木造住宅の

    寿命は20年から30年程度とされ、

    欧米諸国と比べてかなり短いだけでなく、

    建て替えによる廃棄物、資源の浪費、

    建築時のエネルギー消費など、

    さまざまな問題を抱えていました。

    さらに、長期の住宅ローンを払い終われば

    すぐに建て替え問題に直面するなど、

    消費者個人にも大きな経済的負担が

    のしかかる状況となっていました。

    そのため、子や孫の代まで住み続けられるような

    質の高い住宅をつくり、それをできるだけ長く使うとともに、

    中古市場での流通性を高めようという観点から整備されたのが

    「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」であり、

    その基準によって認定された住宅が「長期優良住宅」です。

    しかし、本当に次世代まで受け継がれる住宅か、

    疑問はありますが、建てては壊すというフロー社会から

    ストック社会に、今後、日本は変わりつつあります。

    変わらないといけないと思います!

    長期優良住宅の主なポイント(木造一戸建て住宅の場合)

    □ 劣化対策(少なくとも100年程度はもつことを想定)
    □ 耐震性(建築基準法レベルの1.25倍以上または免震構造)
    □ 維持管理・更新の容易性(内装や設備の清掃・点検・補修・更新など)
    □ 省エネルギー性(断熱性能など)
    □ 居住環境(地域内における良好な景観形成や、まちなみとの調和など)
    □ 住戸面積(原則として75平方メートル以上)
    □ 維持保全計画(将来を見据えた定期的な点検・補修などの計画)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    愛知初 古民家鑑定/早稲田式動的耐震性能診断 実技講習会 開催

    古民家の現在のコンディションや耐震状況を専門家が調査 

     一般社団法人愛知県古民家再生協会日進支部(愛知県日進市 支部長 都築誠)は、財団法人職業技能振興会認定資格「古民家鑑定士」の育成をおこない、愛知県を中心に日本の「住」である古民家を後世へ残す活動をおこなっています。

     この度、厚生労働省認可 財団法人職業技能振興会(東京都渋谷区 兵頭 大輔)が認可する古民家鑑定実技講習会と一般社団法人伝統構法耐震評価機構(東京都豊島区 理事長 園田 正文)が推し進める早稲田式動的耐震性能診断を用いた実技講習会とを同日開催することになりました。

     古民家鑑定は築50年を経過する木造家屋(古民家)を対象に現在のコンディションを古民家鑑定士が調査し、今後のメンテナンスや文化的価値を見いだします。(現在、全国に8000名の古民家鑑定士が所在)また、古民家を所有されている方の大半が現在耐震に対して心配されるケースが多く、早稲田式動的耐震性能診断を用い伝統構法に適した診断を実施致します。

    この早稲田式動的耐震性能診断とは、元早稲田大学理工学術院教授(現:一般社団法人伝統構法耐震評価機構 理事)毎熊輝記氏が策定した調査方法で、実際に調査機を家屋へ設置し交通機関や社会的活動を原因とする地盤の小さな震動(常時微動)と、それに起因する建物の震動特性値(固有周期)を実測して耐震の性能評価を実施します。現在、一般的に行われている耐震診断は、図面や目視で建物の地震に対する安全性を判断する静的耐震診断であり、これに対し動的耐震診断は微細な常時微動を測定し、その震動特性値(固有周期)により耐震性を評価し現実に即した診断法です。

    【実技講習開催日程】

    日 時:平成26年11月9日(日) 13時00分から予定
    場 所:今泉邸(住所:新城市玖老勢字清水12-1)
    対象者:早稲田式動的耐震性能診断士(無料)古民家鑑定士有資格者・建築士(参加費1万円)

    ※建築士を所有している方はどなたでも参加可能です。
    取 材:当日の取材を古民家所有者様のご了承を得ておりますので可能です。
    この活動を通じ、資格者の各資格者のスキルアップに繋がり愛知県に残る多くの古民家を後世に受け継げることに繋がれば幸いです。

    kanteisho


    IMG_7672

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    新しい週の始まりです。

    昨日はAJグループ主催の第4回トンカチくん祭り2014を開催しました。

    10時からスタートのはずが1時間前からお客さまが来場し、10時のスタート時点では

    会場全体がお客さまで埋まってしまいました。

    第3回までは9月の土日2日間で開催していましたが、今年は10月19日(日)の1日開催の為、

    しっかりとした来場数は分かりませんが、約1000名を超えるお客様にご来場いただきまして、

    大盛況、大成功のトンカチくん祭り2014になりました。

    協力会社(業者)の方・日進北中学校吹奏楽部の方・中日青葉学園の方・ボランティアSUNの方

    名古屋外国語大学パフォーマンスクラブの方・南マジックの方・移動販売車の方・・・・・・・・

    沢山の方のご協力をいただいて、本当に感謝しています。 ありがとうございます。

    来年も是非今年以上に盛り上がる【第5回トンカチくん祭り2015】にしたいと思います。


    003


    005


    008


    009


    010


    011


    012


    018


    014


    015


    017


    019


    020


    021


    022


    023


    024


    025
    025

    026


    031


    033


    034


    038


    沢山のご来場本当にありがとうございました。

    夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング アサヒ住宅株式会社スタッフ一同

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    【空き家の状況】 愛知県編

    『愛知県内の市区町の空き家率』 (2008年)

    一番は愛知県南知多町が19.0%と最も高く、

    次いで、名古屋市中村区(18.3%)、名古屋市中区(17.1%)となっており、

    19市区町で空き家率が12%以上となっている。

    名古屋市においては、16区中11区で空き家率が12%以上となっています。

    愛知県全体では11.76%(全国では14%以上と言われています。)

    物件総数3,132,900戸 空き家数が368,400戸

    私の住んでいる愛知県日進市は住宅総数34,290戸

    そのうち空家数がなんと3,060戸もあります。 空き家率は8,92%にもなります。

    今後この空き家数は増加していくと思います。

    日本の将来は少子高齢化・この空き家問題とたくさんの課題をどうしていくか

    真剣に考えていかなければいけないと思っています。

    みなさんはどう感じていますか? 

    未来の子供たち為に真剣に考えてみませんか?



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    日本の将来はどうなるのでしょうか?

    65歳以上の人が総人口に占める割合のことを“高齢化率”という。

    この高齢化率が7%を超えると「高齢化社会」、

    14%を超えると「高齢社会」、

    21%を超えると「超高齢社会」ということになる。

    日本は1970年に高齢化率が7%を超え、

    1994年には14%を超えている。

    2005年10月1日の時点での高齢者人口は

    過去最高の2560万人で、

    高齢化率は20.04%と初めて20%を突破した。

    21%超えは時間の問題。

    日本はまさに今、超高齢社会の入り口に

    差しかかっているのである。

    国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば、

    高齢者人口は今後も2020年まで急速に増え続ける。

    その後はやや安定するが、総人口が減少していくため

    高齢化率はさらに上昇し続けて、

    2015年には26.0%、2050年には35.7%に

    達すると見込まれている。

    日本人の3人に1人が65歳以上という

    超超高齢社会になるわけである

    そんな時代がくるなかで、今、造られている建物はどうでしょうか?

    家は、壊れない、腐らないだけではダメだと思います。

    年を取っても住みやすい家でなければいけないと思います!

    見た目のデザインも大切ですが、

    将来を見据えて住宅造りを考えましょう。














    このページのトップヘ