都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2014年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。


    日本の歴史の中で、木を使う事により発展して来ました。

    人は大昔から、木を使って

    さまざまな道具をつくってきました。

    檜(ヒノキ)は、縄文時代から他の木とともに使われはじめ、

    弥生時代に流行しました。

    日本に鉄の技術が入ってきて、

    さまざまな道具がつくられ初めたのが、

    ちょうどこの時代になります。

    カンナやオノなどの出現によって、

    加工のしやすい檜は、たちまち流行りました。

    建築材・仏像・指物・家具・曲物・桶・お風呂など。

    本当に、たくさん使われています。

    建築物として有名なのは「法隆寺」

    曲物として有名なのは「わっぱ」

    大きなものから、小さなものまで。

    頭と手と時間を使って、

    日本人は生活をより豊かにするために、

    生活に必要なものをつくり続けてきたのです。

    檜は、そのために欠かせない素材だったようです。

    先人の人々は檜の素晴らしさを

    家だけではなく、いろいろなところで

    檜を活用していた事が分かります。

    木造住宅で家づくりを考えているなら、

    大壁で柱が見られないような家ではなく

    柱が見れる家(真壁)を建ててはいかがですか?














      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    リフォームをお考えの方へ

    子供の健やかな成長の為に、住まいの中に子どもたちが

    家族とふれあったり、のびのび過ごせる空間があることは、

    とても大切です。

    家族とコミュニケーションを育みながら、

    楽しく過ごせる住まい。

    子供がのびのび育つ家にリフォーム

    プランニング

    小さい子供がいる場合の住まいでは、ダイニングやリビングで遊んだり、

    宿題をさせたりしているケースが多いので、リビングに宿題ができるような

    コーナーを設け、ママがキッチン作業をしながら子供の様子がわかる

    対面キッチンのプランが適しています。又、2階に子供が上ったり下りたりするのが

    わかるように、階段はリビングに。スペースに余裕があれば、

    家族みんなでパソコンや勉強ができるワークステーションを設けるのもおすすめです。

    コミュニケーション

    家族との会話やふれあいを自然に育むようなコミュニケーションスペースをとります。

    宿題ができるコーナーがあったり、ライブラリーコーナーがあったりと多目的に

    使えるリビング、また、庭のテラスやウッドデッキは開放感あふれるスペースで、

    遊びやバーベキューなど、家族で楽しめます。

    内装・収納

    子供の身体にやさしく、お掃除がラクな素材の内装材を選びます。

    汚れに強い加工をした壁紙や床材は、メンテナンスも簡単でおすすめです。

    また、健康への配慮や暖かい雰囲気で無垢のフローリングや塗壁も人気がありますが、

    キズや汚れに弱い場合があるので、考慮して選びましょう。又、収納は、

    簡単に片付けできる工夫が大切です。システム収納などで効率よく、

    ラクに収納できるようにしてあげれば、楽しく片付けできます。

    痛風・採光

    自然光が入って明るく風通しのいい空間づくりが大切です。

    特にリビングや子供室は、明るい部屋が理想的。窓の位置や形状、

    部屋のレイアウトを見直して改善策を考えます。

    又、窓の性能も部屋の快適性に大きく関わってきます。

    二重窓や複層ガラスのサッシにすることで、防音や断熱性能が向上し、

    静かで快適な空間にできます












      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    人工林が管理されなくなったのは、

    お金、という経済の問題があります。

    50年前にくらべて、日本は経済的に豊かになりました。

    物価は上がり、個人の労働賃金も

    約100倍になったといわれています。

    ところが樹の価格は、それほど大きく変わっていないのです。

    樹を管理するための維持費は、高くなる一方です。

    それならいっそ、手を加えるのをやめてしまおう。

    外国の材の方が、安く大量に手に入る。

    今の住宅のほとんどが、外国からの安い木材です。

    そうやって、人工林から徐々に人の手が消えていきました。

    のび放題になった木々は、

    太陽の光を十分に得られず、

    やせ細ってしまいました。

    約100年で光合成も極端に減ります。

    根は浅く、土壌も育たず、

    土砂崩れなどの災害も引き起こしてしまいます。

    なんとなく、イメージできてきたはずです。

    日本の山は放置しておいてはいけないのです。

    今、変わらないといけない時代になって来ました!

    地産地消で補えるのに、あえて海外から安いという

    だけで使用してはいけないのではないでしょうか?

    日本の家づくりは日本の木を使ってください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    新築やリフォームをお考えの方へ

    みなさんは家づくりで何を一番に考えますか?

    それは家族全員の健康ではないでしょうか?

    他にも耐震性・耐久性・省エネなど・・・

    住まいは住み始めてから本当の価値が分かります。

    見た目や価格だけで決めてしまうと絶対に失敗します。

    住まいも人間も中身が大事なんではないでしょうか?

    人間も呼吸しないと生きていけまんせよ!!

    住まいも同じです。呼吸できないと長持ちしません。

    アトピー・ぜんそく・ハウスダスト・ダニ・カビ・結露

    そしてシックハウス症候群などみなさんは聞いたことがあると思います。

    その中のシックハウス症候群は室内空気汚染・科学物質過敏症と言われています。

    家の構造体や断熱材・床材や室内建具など今の住宅には様々な石油科学建材が使われています。

    構造体や断熱材・室内建具や床材など石油科学建材ではなく、自然素材で建てられた住まいは

    シックハウス症候群にはなりません。逆にアトピーやぜんそくなどが改善して、健康になり、

    空気のきれいな住まいになります。(空気は目にみえません。)

    夢ハウスビジネスパートナー 株式会社株式会社アサヒハウジング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    昨日は朝から古民家鑑定講習&試験

    夕方は毎月一回の愛知県古民家再生協会の11月例会を開催しました。

    講習&試験は新規受講者の方が4名
    更新受講者が5名の合計9名でした。

    古民家鑑定士の資格の認知度も高まってきたと思います。

    2014-11-22-09-52-17


    2014-11-22-09-58-58


    2014-11-22-19-08-26


    2014-11-22-19-09-45


    2014-11-22-19-32-33


    日本の伝統文化である木造建築を未来の子供達に残していくために、愛知県古民家再生協会では、会員を募集しています。

    古民家鑑定士の資格を取得しただけでは意味がありません。

    会員の会に入会して実技講習会に参加したり、毎月一回の例会で知識を高めていきましょう。

    愛知県古民家再生協会 日進支部

    支部長 都築誠

    2014-11-09-10-44-32


    2014-11-09-10-57-25


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    愛知県も朝と夜はとても寒くなってきました。

    みなさんの今の住まいはどうですか?

    寒いですか?暖かいですか?

    みなさんに

    ヒートショックの意味を知っているか聞いたところ、

    知っているは41.6%(よく知っている5.2%、大体知っている17.5%、

    なんとなく知っている23.6%の合計)で、知らない名前は聞いたことがある23.6%

    聞いたことがない34.9%と回答した人のほうが多かった。

    ヒートショックに注意すべき60代の認知率は全体より低く、

    男性で35.4%、女性で33.6%にとどまった。

    ヒートショック対策として浴室・脱衣場に暖房器具を設置した

    お湯の温度を上げ過ぎないなど何らかの行動をおこしている人は全体の46.3%

    その一方、特に予防策をとっていない人は53.7%と過半数を占めた。

    予防策では、お湯の温度を上げ過ぎない 12.9%、

    かけ湯を念入りにする 12.7%、

    脱衣場に個別暖房器具を設置した11.5%の順に多かった。

    ヒートショックは急激な温度変化によって

    体に悪影響を及ぼす現象で、冬季の風呂、トイレなどでおこりやすいです。

    年間1万人以上の方が、ヒートショックが原因で亡くなっています。

    家づくりで温度のバリアフリー化が今後の家づくりでは重要性が分かります。

    安全快適な家でなければいけないのに…

    交通死亡事故より亡くなっている方が多いのは意外です。

    新築・リノベーションを考える時は、段差のバリアフリーはもちろん、

    温度差のない室内環境も考えて、家族全員が健康に暮らせる

    快適な家づくりを考えましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    近年、二世帯住宅を検討する人が増えているようです。

    都会ほど土地の価格が高く、自分たちだけでは家を建てられないとか、

    親世帯だけでは自宅の建て替えにあたって長期のローンが

    組めないなどといったことが二世帯住宅を検討させる

    理由になっていると思われます。

    確かに二世帯住宅は、親子両方の世帯にとってメリットがあります。

    子育てひとつとってみても、祖父母とのふれあいから子ども孫たちが

    得ることの大きさは計り知れません。祖父母の側も、

    子ども世帯との暮らしの中で得られる刺激は大きいはずです。

    家庭の味も代々受け継がせることが容易でしょう。

    病気の時には看病してもらったり、旅行や外出の時には

    留守を頼めたりもできます。

    金銭面で考えてみても、1世帯分の土地に2軒分の家を

    建てれば土地代が安く済みます。

    光熱費も分担すれば、別々に支払うよりおトクでしょう。

    住宅ローンにしても、親子リレー返済などを利用すれば

    返済期間を長くできるので、毎月の負担を軽くすることが可能です。

    ただ、二世帯住宅と一口にいっても、タイプによって得られる

    メリットや注意点が異なります。

    二世帯住宅のタイプは、大きく分けて次の4種類になります。

    (1) 共用タイプ
    (2) 内階段タイプ
    (3) 外階段タイプ
    (4) 連棟(完全分離)タイプ

    まず(1)の共用タイプは、完全に1つの住宅を2世帯で共有するもので、

    玄関はひとつ。間取りの工夫で寝室以外をすべて共用にしたり、

    玄関以外のすべてを内部で分けたりもできます。

    いずれにしても、最も同居感の強いタイプだといえるでしょう。

    このタイプの場合、区分登記ができないので、

    原則として親子で別々に住宅ローンを組むことはできませんが、

    建築コストは最も安く、共用部分を多くすれば、それだけ費用が安くなります。

    次に、(2)の内階段タイプと(3)の外階段タイプは、

    1階部分と2階部分を二世帯で分ける場合に用いられます。

    玄関を1階に2つ設けるか、1階と2階に玄関を1つずつ設けるかの違いです。

    このタイプでは、内部で行き来する部分に鍵の付いた防火扉などを

    設けることによって、区分登記も可能になります。

    区分登記が認められると、外見は1つの住宅でも2戸扱いとなるので、

    住宅ローンも別々に組めるうえ、共有登記に比べて登録免許税や

    不動産取得税、固定資産税などを安く済ませることが可能になります。

    特に、二世帯分あわせた家屋の床面積が240m2を超える場合など、

    住宅が比較的大きいケースでは、区分登記か共有登記かによって、

    税額の軽減措置などの影響で税額がかなり違ってくるので、

    基本的には区分登記できるような住宅にしたほうが有利でしょう。

    そして(4)の連棟完全分離)タイプは、2軒の家をくっつけて建てるようなもので、

    より各世帯の独立性が保てるタイプです。

    この場合でも、内部で行き来できるように防火扉を設けたり、

    2階のベランダを通じて行き来できるようにしたりと、

    世帯間の交流を図る工夫は可能です。区分登記できるように、

    防火扉などに鍵を付ければ税負担を抑えることもできるでしょう。

    しかし一方で、内階段・外階段タイプ、連棟(完全分離)タイプは、

    キッチンや浴室などを二世帯分つくるので、建築コストが

    高くなってしまう傾向にあり、当然ながらランニングコストも

    高くなりがちだといえます。さらに、将来、親の介護が必要になったときに、

    世話がしにくくなる可能性がありますので注意が必要です。

    このように、それなりのメリットが得られる二世帯住宅ですが、

    一番重要な注意点としては、金銭面や税金面ではなく、

    良好な家族関係を長期的に維持できるかどうかだといえます。

    というのも、実際に二世帯住宅は建てたものの、数年後に子世帯が

    出て行ってしまったとか、逆に親世帯が出て行ってしまったという

    ケースの相談を受けることが意外と多いからです。

    家を建てるまでは仲の良かった家族が、建てた後で実際に生活が始まると、

    生活のリズムの違いや価値観の違いなどで、

    ぎくしゃくしてしまうケースも多いようなのです。

    二世帯住宅を本当に建てようと思うなら、一度、数カ月でもいいので、

    実験的に親世帯と子世帯が共同生活をしてみるのもよいでしょう。

    とにかく、1人でも気乗りしない人がいるならやめたほうが無難です。

    家族が全員一致で二世帯住宅の建築に賛同できるかどうかが

    重要だといえるでしょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    木は二酸化炭素を吸収して酸素を放出し炭素を蓄積します。

    木は『新材』と『古材』があります。

    その木の中で

    古材は長い時間をかけて自然乾燥をしていき

    強度を増していく「天然乾燥材」

    樹齢100年の檜(ヒノキ)の場合は伐採されてから

    100年後が最も引っ張り強度・圧縮強度が増しており

    その後はゆるやかに強度が減少し

    300年を経過すると伐採時と同程度の強度に戻るという研究結果もあります。

    木は『セルロースが硬化する』ことで強度を増します。

    現在広く使用されている「強制乾燥材 KD材」は

    130℃近くの高温で強制的に乾燥させた木材です。

    その他、水分とともにセルロースまで抜けてしまいます。

    短時間で強度を上げられ、反りや割れなどがなくなり加工しやすい木材となりますが

    樹脂まで染み出してしまいパサパサになりま

    結果、木の弾力性や艶はなくなり、木材の行う呼吸(調湿効果)は減ってしまいます。

    自然乾燥材は『木の香り』がしますが、強制乾燥材は燻製のこげた香りがします。

    見た目も黒ずんでいて、表面はきれいですが、小口から見れば内部は割れています。

    耐震性も減ってしまい時が経つにつれ劣化します。

    実は自然乾燥された「古材」は、「新材」より丈夫で長持ちであるとも言えるのです

    そして、地球環境にいいのですよ

    家の解体の際の廃棄物を減らすことができます

    そして、新築やリフォームなどに積極的に古材を活用することにより

    資源循環型の社会に貢献します。

    皆様のお力が、地球環境をよくする一歩になります。

    もし『新材』を使用するなら、自然乾燥材を使用することをお勧めいたします。

    長持ちする家を建てるなら、木はゆっくりとした乾燥時間が必要になります。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    昨日は愛知県木の住まい支援協会主催の木の住まい教室第一回が開催されました。

    2014-11-16-13-15-25


    2014-11-16-13-16-06


    第一回のテーマは長持ちする家づくりは構造材が大切でした。

    日本は世界第三位の森林大国でありながら、今の日本の家づくりは外国から輸入材を使用した家づくりが増えています。

    2014-11-16-13-51-13


    2014-11-16-13-55-30


    第2回目は12月21日日曜日に開催されます。

    木の家づくりを真剣にお考えの方は是非参加して、一緒に勉強しませんか?

    愛知木の住まい支援協会

    株式会社アサヒハウジング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    阪神大震災や東日本大震災から、耐震性能に優れた構造は?とよく質問されるのですが、

    どの構造もバランスよく設計されていなければ、耐震性能は悪くなり、強度は低下します。

    ある一部だけを丈夫にしても、その他の構造部分がそれに見合った部材を

    使っていなければ、逆に耐震性能が悪くなる場合もあります。

    力というのは、硬いところに集中するという性質がありますから、

    木造の場合、一部の耐力壁だけの耐力を強くすると、そこに多くの力が集中するので、

    その廻りの金物の補強なども必要になってきます。

    又、平面的なバランスが悪くなり、大地震の時に建物を回転させる力が生じ、

    建物に悪影響を及ぼす事もあります。

    その他の構造でも同じ事で、一部の柱を大きくすればその廻りの梁などにも

    力が集中してくるので、それに見合った断面にする必要があります。

    また、上部の構造をいくら丈夫にしても、基礎がしっかりしていなけければ

    建物が傾いたりする事もあります。

    地盤が弱い地域は、地盤改良をし安心な地盤に致しましょう。

    プランに合った構造を選ぶというのも大事な一つです。

    1階に駐車場などがある場合で、耐力壁が取れないプランであるのに、

    たまたま相談した工務店、設計事務所が、木造を得意としている場合、

    無理に木造で納めてしまう場合があります。

    このような場合には構造的に弱い建物になる場合があるので、充分に耐力壁を

    確保できるようにプラン変更するか他の構造を検討する事が必要です。

    これらの事は構造計算に基づいて、安全を確認していれば問題無いのですが、

    いくら設計がしっかりされていても、設計図とおりに施工されていなければ

    耐震性能は低下します。

    意図的ではないのですが、図面の見落としなどで鉄筋が設計図通りに配筋されていない、

    金物の入れ忘れなどがまれにあります。これらを防ぐには監理のしっかりした

    工務店を選ぶ事が重要になってきます。

    しかし、契約前にきちんと監理をしてくれるかは分からないもんです。

    そのため、契約前に監理報告をどうようにして頂けるのか?

    現場の写真をきちんと取ってくれるのか、聞いてから契約して下さい。

    出来れば、現場の写真をまとめて最後の引渡しの時にもらえるようにお願いしてください。

    ぜひ、あなたも幸せな住まい生活を手に入れてください。

    あなたと一生つき合いのできる設計事務所・工務店をみつけ、

    家族全員が幸せで安心して暮らせる住まいを手に入れてください。

    このページのトップヘ