都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2014年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    2014年12月31日(水)

    今年一年もたくさんの方に支えられ、感謝申し上げます。

    2015年も更に改革を進め、お客様に感動していただける

    住まいづくりをしていきたいと思います。

    2015年もAJグループをよろしくお願い申し上げます。

    (住まいづくりには譲れないものがある 謙虚で真摯な態度で挑む)

    夢ハウスビジネスパートナー 株式会社株式会社アサヒハウジング

    専務取締役 都築誠

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    日本は・・・・

    日本は高温多湿の国

    日本は世界第3位の森林大国

    ご存じですか?

    本物の国産材の木にこだわり日本の気候にあった、夏涼しく・冬暖かい住まいづくりをしませんか?

    今の住まいはどうですか? 不満なところはありませんか?

    日中でも電気を付けないと暗い!

    毎月の光熱費が高い!

    夏はエアコンがないと暑い!

    冬は寒くてしかたない! 隙間風がある!

    シックハウス症候群やアレルギーで悩んでいませんか?

    収納がない!

    家事動線が悪い!

    結露がひどい!

    地震が怖い!


    『リ・ステージ』
    直訳すると「元の状態に戻す」という意味ですが、「リ・ステージ」には2つの大きな意味があります。

    1:リフォームの「考え方」をリセット。
    2:今の家の「築年数」をリセット。

    たとえ新築を選んだとしても、リフォームするとしても、
    リ・ステージの考え方を身につけておけば、
    自分に合った「家づくり」の答えを出すことができます。


    リフォームしようとしている部分を見直していくと、根本に大きな問題を抱えていることがあります。

    リ・ステージは今ある家をいったん骨組みの状態に戻し、天然木無垢材を使用したリフォームで

    「断熱・耐震・通気」といった性能を新築以上に備えさせます。

    家族の思い出が一杯詰まった家を壊さなくてもいいんです。

    家と共に気持ちや暮らしをリフォームする。

    それが『リ・ステージ』です。

    大切な家族の歴史を残したい。

    長年住み慣れた我が家だから愛着のある、

    思い出がいっぱいつまった家を子や孫の世代までこれから何十年も住み継ぐために。

    リフォームで大切なのは間取りの『提案力』です。

    面影を残しつつ、快適な暮らしをしませんか?

    リフォームには4つのテーマがあります。
    『耐震・耐久・省エネ・健康』

    表面仕上げ工事だけでは数年後、また同じ工事をすることになります。

    原因を追究し同じ症状がなりにくい工事を提案します。

    失敗しない家を作るには?どうすればいい?

    ●施工費とランニングコストを考えた価値の提案
    ●長い目で見た時の住宅の使い方の提案(25年後の考え方)
    ●既存老朽化箇所の徹底補修とその先の老朽防止の提案

    アサヒハウジングは本物のものづくりを通してお客様と最高の価値と感動を共有し続けます。

    それがアサヒハウジングの考える家づくりです。

    『新築との比較』建物面積40坪建て替えの場合(概算)

    【自由設計】
    既存建物解体費 150万
    建物本体・付帯・エアコン等 2650万
    地盤改良費 120万
    外構工事 80万  合計3000万になります。
    プラス登記費用、税金、火災保険料が約200万 3200万!!

    【リ・ステージの場合】
    既存建物(骨組みの状態まで)200万
    建物本体・付帯・エアコン等(基礎・屋根は既存)1950万
    地盤改良・外構はなし 0円
    税金は既存住宅の評価額のまま 合計2150万

    リ・ステージ住宅の方が1050万安くできます。

    *60坪の場合は約1500万円安く、新築そっくりに変わる事ができます。

    お気軽にご相談ください。 0120-417-698

    リ・ステージ 夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング 都築誠

    http://www.asahi-hg.co.jp  

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    2015年12月25日(木)友引 今年最後の棟上げが終わりました。

    『名古屋市瑞穂区F様邸新築工事』

    IMG_1200


    IMG_1201


    IMG_1202


    IMG_1203


    IMG_1204


    IMG_1205


    IMG_1206


    IMG_1207


    IMG_1208


    IMG_1211


    IMG_1214


    IMG_1215


    IMG_1216


    檜のいい香りがしています。

    完成は来年3月末の予定です。

    夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    建物は見えない部分が一番大切です。

    アサヒハウジングは建物全体を支える基礎は重要だと思っています。

    IMG_1193


    IMG_1194


    IMG_1195


    IMG_1196


    IMG_1197


    IMG_1198


    IMG_1199


    ↑はアサヒハウジング標準の基礎配筋写真です。

    他社には負けないくらいの鉄筋量!!

    鉄筋はすべて13个離瀬屮詛朸擇砲覆辰討い泙后

    アサヒハウジングの家づくりは基礎・構造体・断熱材と完成してからでは見えなくなる部分に

    こだわっています。

    基礎-すべて13个離瀬屮詛朸據淵戰心霑叩

    構造体-すべて無垢材を使用。(土台・柱・筋交いは東濃檜、梁材は松を使用)

    断熱材-パーフェクトバリア(壁・天井) ジュピー-(床下)

    夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    キッチンは4.5畳、LDKは14畳以上が目安にしましょう。

    キッチン空間に必要な広さはキッチンセットの

    レイアウトパターンによっても違ってきますが、

    標準的には4.5畳ぐらいあればよいと言われています。

    ダイニングキッチンになれば、8畳〜12畳、

    LDKワンルームタイプでは14畳以上が目安となるでしょう。

    最近では広々したLDKに人気がありますので、

    20畳ぐらいのLDKもめずらしくはありません。

    家全体のスペースとバランスをとりながら、

    また、人を招くことが多いのかどうかなど家族の暮らし方も考慮して、

    必要なスペースを考えましょう。

    カウンタートップ背後の通路は90cm〜110cmを目安に

    カウンタートップとその後ろのスペースは、

    人が通ることもありますし、しゃがんで収納スペースから

    ものを取り出したり、しまったりもしますから、

    そのための広さが必要ですね。90cm〜110cmを

    その目安とすればよいと思います。

    況燭筍媚型の場合、カウンタートップが2列に並びますが、

    その間のスペースも、この数字を目安にすればよいでしょう。

    あまり離れすぎていても使いにくくなりますのでご注意ください。

    ただ、二人以上で作業をすることが多い場合は、

    これより広くしておいたほうが動きがスムーズになりますから、

    120cm〜150cmを目安にしましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    人は木の家に住むと『健康』になります。

    12月21日(日)に千種区の中小企業振興会館(吹上ホール)にて

    第二回木の住まい教室が開催されました。

    テーマは『木の事を知ろう』

    日本は国土の約68%が森林です。

    その割合は世界第3位!! 1位はフィンランド 2位はスウェーデンです。

    『資源』=『石油』と思われがちですが、人が生きていく上で一番大切な資源は

    『水』なんです。

    日本は森林大国でありそれは『水という資源が豊富な国』ということになります。

    木には『広葉樹』と『針葉樹』がありますよね。 ご存知ですか?

    IMG_1149


    IMG_1150


    IMG_1151


    IMG_1152


    IMG_1154


    IMG_1155


    IMG_1156


    家づくりを真剣にお考えの方で『木の家』に住みたいと思う方はまず『木』について

    勉強しなければいけないと思います。

    木の住まい教室では木の雑学や実際に山へ行き、製材所を見学し、そして実際の

    建物を見学していただいています。

    次回の木の住まい教室開催日は2015年1月11日(日)13:00〜吹上ホールにて

    『お問い合わせ先』 株式会社アサヒハウジング 都築誠迄  0120-417-698

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    新しい週の始まりです。

    『家づくりをお考えの方へ』

    一日のうち、長い時間を過ごすキッチン。だからこそ光と風が行き渡る

    快適な場所にしたいですね。そのためには、窓を、どこにどのように

    設けるかがポイントになります。

    一般に壁付けのキッチンでは、カウンタートップと吊戸棚の間に窓を

    設けることが多いようです。そうすると作業をするときに自然と手元が明るくなり、

    窓ごしに外の景色も眺められて気持ちがいいもの。

    ただ、窓のところはそのままでは収納を設けられませんから、

    物を置けるように出窓にしたり、光が入るガラスタイプの吊戸棚を

    利用するなどのアイデアを考えてみてはいかがでしょうか。

    アイランド型やペニンシュラ型などのオープンスタイルのキッチンでは、

    リビング・ダイニングに入る光が、キッチンまで十分に満たすようにすることが大切です。

    プランニングの時に、窓の大きさや位置に気をつけてチェックしましょう。

    もっと光が欲しいというときは、勝手口のドアをガラス入りのものにしたり、

    屋根のすぐ下のキッチンならトップライトを設置する方法もあります。

    トップライトは、壁に付ける窓より同じ面積で3倍もの明るさになります。

    壁の窓も横に長くするより、縦型の窓を付けるほうが、部屋の奥まで日差しが

    入りやすいことも覚えておきましょう。

    加熱機器の上にはレンジフードを付けて換気を促します。

    キレイな空気を保つには、窓の開け閉めだけでなく、換気扇をまわすことも必要です。

    現在では、建築基準法で常時換気が義務づけられていて、住まい全体は24時間、

    強制的に給気と排気が行われるようになっています。

    さらにキッチンでは、コンロを使うときはレンジフードを設置して、

    調理中の煙やにおい、水蒸気などを排出します。そうすることで、

    部屋全体に汚れた空気が広がるのを防ぐことができるわけです。

    レンジフードは、最近ではさまざまな機能をもち、素敵なデザインのタイプが

    増えてきました。例えば、フィルターのない構造のフードといったものが出ていて、

    表面のパネルを軽く拭くだけで汚れがきれいになり、お手入れがとてもラク。

    また、オープンキッチンでもお洒落な雰囲気を損ねない、

    イタリアンデザインのステンレス製のフードなどもあります。














      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『介護リフォームをお考えの方へ』


    介護リフォームを進めたいその他の部位

    扉の介護リフォーム

    扉は「開き戸」から「引き戸」へのリフォームしておけば、

    車椅子を使用することになった場合も対応できます。

    間口を広く取りたい場合はアコーディオンカーテンにしておけば開閉もラクです。

    玄関の介護リフォーム

    上がり框(かまち)の段差の解消のために、土間にピットを掘って電動式段差解消機を

    設置することも効果的な介護リフォームといえます。

    普段は上面が三和土(たたき)と同じタイルの貼ってある三和土面まで下がていて、

    ホールに上がる時は床面がせり上がるようになっています。

    出る場合はその逆の動きをします。

    外構の介護リフォーム

    飛び石をコンクリートなどでフラットに

    健常者には愉快な飛び石も高齢者にはつまずきそうで怖いものになります。

    階段をスロープに

    階段はどんなに低くしてもつまずく原因になります。

    スロープにリフォームして、手すりも設置します。

    リフトやホームエレベータの設置

    リフトの設置

    階段昇降機は車椅子から降りてから腰掛けるタイプや、車椅子に乗ったまま

    昇降できるタイプがあります。設置には一定以上の階段幅が必要ですので

    専門業者と相談してみるとよいでしょう。

    ホームエレベータの設置

    ホームエレベータも、いまでは価格が下がり、また機能や使い勝手も

    グンと良くなっています。

    大きさ(広ささ)では、1〜2人乗りで畳一畳分より小さいものや、

    車椅子と介助者が一緒に乗れるものもあります。

    また1・2階の間取りに合わせて、1階から乗ったそのままの向きで

    2階に降りられる(2正面ドア)タイプのエレベータも出ています。

    強化ガラスを採用してドアを透明にし、安心を確保している機種もあります。

    工事には確認申請と竣工検査および年一回の法定定期検査が義務付けられていますので、設置に当たっては専門業者に相談しましょう。

    介護リフォームの経験ある工務店・設計事務所に相談しましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    水蒸気は、結露を発生させ、ダニ、カビが繁殖する原因となります。

    家の中の水蒸気を減らす方法を具体的な方法です。

    夏は高温多湿であり、外気が多くの水蒸気を含んでいます。

    このため、梅雨どきなどに換気をすると、逆に室内を湿気らせることになります。

    エアコンのドライ機能や除湿機などを利用し、室内空気の除湿に心がけましょう。

    エアコンや除湿機も管理が不十分だと、中で増殖したカビの胞子を部屋に

    まき散らすことになります。フィルターは月に1回以上は掃除をしてください。

    また、エアコンを運転する前には窓を開け送風運転をして胞子をとばすこと、

    スイッチを切る前も送風運転してエアコン内をよく乾燥させることが必要です。

    冬の外気は温度が低いので、湿っていても含まれる水蒸気の量は少なくなっています。

    寝る前に5分間でも窓を開けて室内の水蒸気を外に出すと、

    結露防止に非常に効果があります。冷気が入って一時的に室温が下がりますが、

    特にコンクリート住宅などでは壁等に貯えられた熱量が大きいので、

    それほど温度は下がらないはずです。

    暖房器具は、エアコン、床暖房などを用いるようにし、開放型の燃焼式暖房器具は

    できれば避けるほうがよいでしょう。

    通常、家庭用の石油ストーブからは1時間当たり250〜500gの

    水蒸気が放出されます。換気をこまめに行い、水蒸気を屋外に排出するよう。

    心がけることが必要です。

    洗濯物を室内に干すと、洗濯物に含まれる水分が 拡散し、結露の原因になります。

    冬場は、雨が降っていても空気中の水蒸気量は室内よりも低く、

    洗濯物が直接雨にあたらなければ屋外で干すほうが効果的です。

    梅雨どきには、 換気扇をまわしながら浴室に干すのがよいでしょう。

    最近は、浴室に置く除湿機付き乾燥機も出まわってきています。

    熱帯魚、金魚などの水槽や観葉植物を置くと室内の湿度が上昇します。

    できればリビングなどの居室ではなく、風通しのよい玄関などに置く方がよいでしょう。

    今まで開放型の住宅で外気と室内空気の温湿度があまり違わない生活になじんできたため、

    鉄筋コンクリート造りのような気密性の高い住宅になっても、

    昔のままの住まい方をしてしまうことが多いのではないでしょうか。

    今一度住まい方を見直してみましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    そそっかしい人でなくても、一度は普段の生活で

    ちょっとした段差でつまづいたり、

    転倒したことはありませんか?。

    小さなお子さんやお年寄りのいるお宅は、

    特にこのような事故が日常起きています。

    建物内の床や階段で転倒したり、

    壁などに衝突して、ケガや死亡する事故は、

    予想外に多く起きています。

    転倒や転落事故を防ぐには、床の段差をなくしたり、

    床や階段の表面材料を滑りにくい材に

    することで減らすことが出来ます。

    木材を床や壁に使用すると、

    適度な摩擦で滑りにくくしたり、

    また衝撃を吸収してくれるので、

    転んだ時も衝撃を和らげてくれます。

    このように木材を多く使った家は

    高齢化社会をやさしく受けとめてくれます。

    傷が使いない床材!イコール硬い床材です。

    無垢板なら、傷はつきますが安全な床材と言えます。

    傷も歴史と共に味がある床材になっていきます。














    このページのトップヘ