都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2015年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    住まいは一生に一度の大きな買い物だと思います。

    『家づくりで大切な事』

    家づくりのポイント『健康・耐久・耐震・省エネ』そして『提案力』


    ‘本の気候に合った、本物の木の家を建ててください。
    (世界第3位の森林大国でありながら、外国の木を輸入して、
    家を建てている国は日本ぐらいだと思います。)

    *日本には立派な檜・杉・松・ヒバなどがあります。

    営業マンの話を100%信じない事。
    (メリットだけではなく、デメリットもあるはずだからです。)
    (営業マンは基本いい人ですから。)

    お金の話ではなく、建物の構造・断熱・性能がどのようになっているか?
    (建物は見えなくなる部分が一番大切ですし、本当の家の価値は住み始めてから分かるからです。)
    (資金計画も大事です。相談に乗ってくれるのか?)

    づ玄┥譴世韻任呂覆、実際に建てたお宅を見せていただくこと。
    (お客様とお客様が実際に建ててどうだったのかを、第三者的立場で話をしてくれます。)


    ゥ▲侫拭璽瓮鵐謄淵垢どうなっているのか?
    (本当の長いお付き合いは住み始めてからになるからです。)
    (何かあっても何も対応してくれない 電話しても担当者に繋がらないなどなど)

    家づくりをお考えのみなさん!!

    みなさんは有機質な家(呼吸する家)と無機質な家(呼吸出来ない家)

    どちらの家に住みたいですか?

    家族全員が心から幸せを感じる家を建ててください。

    家づくりをお考えの方はいつでもお気軽に私たちまでご相談ください。

    夢のある話をしましょう。

    夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    一般に工務店と言っても年間50棟以上を手がける

    ビルダーやいわゆる建売住宅の専門工務店、

    大手メーカーの下請工務店、または注文住宅や寺社仏閣を手がける宮大工の工務店、

    リフォーム工事を専門におこなう工務店など大小合わせれば星の数ほどあります。

    失敗しない工務店の選び方は今までの経験を生かし作成していますので

    これが全てではありません。少しでもご参考になればと思い記載致しました。

    また悪徳リフォーム詐欺などの予防知識としてもお役に立てましたら幸いです。

    良い工務店選びに成功するポイント

    数ある工務店の中から良い業者を選ぶには?

    1.建設業法に基づく許可業者であること。
    2.出来る限り建設現場に近くアフターも迅速に対応できる業者であること。
    3.直接自社で施工する工務店であること。
    4.専門の有資格者がいること。
    5.企業力があり、地域に根ざしていること。
    6.会社の設立が古く、信用がおける業者であること。
    7.明細見積りを記載する工務店であること。
    8.図面の作成などが出来る提案力のある工務店であること。

    ポイント1 建設業法に基づく許可業者であること

    建設業法では、次の項目に該当する建設工事をおこなう場合、

    建設業の許可を取得しなければなりません。

    新築住宅の建設や大規模の増改築などの「建築一式工事」の場合、

    1500万円以上また延べ面積150岼幣紊量畋そ斬陲旅事

    建築一式工事以外の場合(リフォームなど)は500万円以上の工事

    この条件を下回る「軽微な工事」であれば建設業の許可は必要なく、

    この部分が法律の落とし穴で「悪徳リフォーム業者の」入り込むきっかけとなっており、

    施工能力のない会社が「軽微な工事」を請け負っていることがあるので、

    建設業の許可を取得している会社を選ぶことが大切です。

    また各種、工事保険や火災保険に独自で加入していない会社も注意が必要です。

    新築工事中の放火などによる火災やリフォーム工事の万が一の欠陥などにも保証されます。

    ポイント2 できる限り建設現場に近い業者であること

    会社が現場へ近ければ、その仕事の出来が地元での評判に直結していきます。

    地域の地場工務店では信用が第一。

    良い評判よりも悪い情報はすぐに広まります。

    生き残りのためにも管理やメンテナンスなどを含めて責任を持って

    対応してくれるはずです。

    ポイント3 直接自社で施工する工務店であること

    受注した工事を下請けに丸投げし、自社では施工をしない工務店もあります。

    不動産経由もこの場合が多い。家作りは長い付き合いになるので、

    責任感のある一貫施工体制の整っている工務店を選ぶことです。

    また、営業中は営業マンが頻繁に来てくれるが契約書にサインしたとたん、

    営業マンは一切来なくなり、せっかく打合せした内容が現場に伝わっていないことや、

    現場責任者に連携が取れていない話を良く聞きます。

    出来れば営業から一貫して施工管理までしてくれる

    専任の担当者がいる工務店を選ぶと良いでしょう。

    工事の管理者がいないと現場もうまくまとまらず機能しません。

    必ず工事管理者がいる工務店を選びましょう。

    その場合は建築士や施工管理技士などの有資格者でなければなりません。

    ポイント4 専門資格者がいること

    先にも触れましたが設計や工事管理では建築士や建築施工管理技士、

    実際工事をする職人さんにも資格はあります。

    実際工事をおこなう職人さんにより出来具合は大きく左右されるのが現状です。

    各職技能士を持った工務店を選べれば完璧です。

    少なくても大工さんは技能士の取得者がいたほうが安心です。

    ポイント5 企業力があり地域に根ざしていること

    地元のしっかりとした工務店なら必ず地域の組合などの団体に所属しています。

    こうした内容の確認や建設業の許可書類の確認も各都道府県の窓口で閲覧できるので

    決算書などの内容を含め確認すると良いでしょう。

    ポイント6 明細見積りを出す工務店であること

    一式見積ではなく、工事種別ごとに数量や単価の明細が記載された見積書を

    提出してもらうことが大切です。

    ポイント7 提案力のある工務店であること

    図面の作成やCGなどを使ったお客様本位のプレゼンシートなどの具体的で

    分かりやすい提案ができる工務店を選びましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    私たちは・・・

    あなただけ理想空間(本物の住まい)を創ります。

    お住まいを、建築家にご依頼するまででもないし、

    設計料が高い・設計料が建築工事とは別に必要になるから

    依頼できないとお考えになられていらっしゃいませんか?

    専門の設計者に依頼しますと、建築工事費とは別に

    設計料が必要になり『総工事費は高く』なるように思われます。

    ハウスメーカー、工務店に設計施工で依頼した場合でも

    設計料(代行確認申請料)が必要になりますが、

    多くの工事店は、『設計料はサービスします』とお話されます。

    その場合でも、設計に係る人件費が必要になり、

    工事費の中から設計費用を負担しています。

    そのため、設計料は無料ではありません。

    見えないところで設計料を払っています。

    また、設計事務所の設計料は、工事代金が分からないと金額も不明です。

    工事代金の10%~15%と工務店さんに

    見積金額が分からないと設計料が分かりません。

    そのため、満足の出来る図面・仕様ができたが、

    予算がオーバーしてしまい、こだわりの部分が削られてしまい

    `満足する家づくりができなくなり`妥協しながら家づくりが始まってしまいます。

    一番最悪なパターンです。そんな最悪な事にならないように、

    私たちは坪数(一発回答書)で、明確なお住まいになれる金額設定を提示致します。

    そして、私たちは、『コーディネーター×設計士×工務店+協力業者』が

    1つになった他にない新しいスタイルの工務店です。

    そのため、あなただけのオンリーワンの住まいが

    コストダウンに成功しました!

    詳しくは、私たち(アサヒハウジング)までお問合せ下さい。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    アサヒハウジングが建てる住まいは室内の下地ボードにもこだわっています。

    通常は普通の石膏ボードを天井と壁に貼り、クロスや塗り壁で仕上げています。

    アサヒハウジングはそのクロスや塗り壁の下地にも健康にこだわって石膏ボードでも

    シックハウスの原因『ホルムアルデヒド』を吸収・分解してくれる『ハイクリーンボード』を

    天井と壁に貼り仕上げています。

    ハイクリーンボードは家具や建材から出る有害物質を吸収・分解して

    長い時間過ごす部屋を安心できる場所にする優れものです。

    http://yoshino-gypsum.com/haikurin/product/regular.html

    アサヒハウジングは炭素埋設・基礎・構造体・断熱材・下地材・仕上げ材にこだわり住まいづくりをしています。

    それはその家で暮らす家族全員が『健康で安心して楽しく』過ごすためだからです。

    家づくりをお考えの方は是非アサヒハウジングまでお気軽にご相談ください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    『住まい造りにはゆずれないものあある』

    住まいは、人生で一番大きな買い物とよく言われます。多大な費用を伴うのは確かです。

    しかし、住まい(住宅)=買い物と、いう発想をする方が多いですが、

    自分たちが納得できる価格で、確かな品質の家を手に入れたいのであれば

    買い物と言う発想を続けている限り、『坪単価○○円』と言う広告に気持ちが動かされます。

    「今月中に申し込んで頂けたら・・・」と言う、施工店主導のキャンペーンに、

    内容も吟味せず申し込んでしまいます。

    では、家づくりは買い物ではなく、何なのか。

    それは、家族の物語を創るコトです。

    あなた自身が主人公になりと、自分たちの要望をカタチにして

    ハッピーエンドの物語を創りあげるのです。

    そこには、幾通りもの構成があり、判断に迷う事もあるでしょう。

    しかし、主人公という自覚が持てれば、

    単に営業マンの話を鵜呑みにすることもなくなるはずです。

    営業マンの話は参考程度に聞いて、自分自身の判断基準を持たなければなりません。

    「当社の建物は、これだけの装備で坪単価○○円です!」

    「今月は決算なので、月末までにお申込を頂ければ、凄い特典があります!」

    こんなセールストークに惑わされる事もありません。

    自分が必要としない余計なものが含まれているかも知れませんし、

    必要な機能や欲しい設備、外せない性能がオプションになっているかも知れません。

    耐震性なのか、耐久性か、それとも断熱性能を高めたいのか・・・・?

    それを実現させるためには、どのような選択肢があり、費用はどのくらいか?

    優先順位といくつかの選択肢を用意し、それを取捨選択していくことで、

    自分たちの身の丈にあった家が手に入ります。

    住宅は受注生産にも関わらず、受注生産のパソコンのように、

    パーツの性能と価格の比較が出来ません。

    なぜなら、企業側がその詳細を出してくれないからです。

    家づくりは、「買い物」では無いと思いませんか?

    家づくりをする時、誰しもが経験する事だと思います。

    特に多いのが契約の直前になって、この気持ちが大きくなる事がよくあります。

    場合によっては、その事が原因で契約自体が無くなってしまうこともよくあります。

    家づくりは、「ブランド」や「企業名」や「営業マン」ではなく、

    「誰」と建てるかが重要です。

    それは、人生の伴侶となる人と結ばれる結婚に似ているとも言えます。

    誰と建てることになるかによって、その成否が決定すると言っても、

    過言ではありません。

    ですので、家づくりにおいても結婚と同じような 『マリッジブルー』に、

    陥る方はとても多いのです。

    多いと言うよりも、ほとんどの方が経験されるはずです。

    そんな時、あなたはその気持ちを無視しないで、

    しっかりとその気持ちと向き合ってもらいたいのです。

    それは、納得して家づくりをするためにとても大切な事です。

    本来であれば、そんな気持ちにならなければそれが一番良いのでしょうが、

    少なからず誰しもが抱いてしまう事だと思います。

    なにぶん、あなたとご家族が長い年月をかけて返していくことになる住宅ローン、

    あるいは、長年かけて貯めてきた大金を使う事になるので、

    やはり慎重にならざるを得ないと思います。

    そんな気持ちを押し殺して、契約をしてしまうと、

    実際に建築工事が始まってから、あるいは住み始めてから、

    溜まりに溜まった不満が爆発してしまう事があるのです。

    取り急ぎの契約であればあるほど、この傾向が大きくなり、

    大きなトラブルになる事が多いのです。

    この文章を読んで、家づくりをしようと言うあなたであれば、

    比較的、慎重だと言えますので、早計な契約に判をついてしまうことは、

    無いとは思いますが、不安な気持ちになったならば、

    何故その気持ちになったのかを自分自身でよく把握してやる事が大切です。

    どこかで、『本当にこれでいいのか?』と、いう思いが強いはずです。

    そして、その中で何に対して、そのように思うのかをはっきりさせてやる事が大切です。

    値段が適正なのか?自分が払っていけるのか?本当にここと契約していいのか?

    もっと他に見ておくべきなのでは?

    などと言ったような、不安が思い浮かんでくる事でしょう。

    そして、その思いを強く抱くようになれば、

    おのずとそれを解消するように行動をとるようになります。

    『今契約してくれれば、ウン百万円値引きします!』とか、

    『今なら、キャンペーン期間中ですので、これをサービスします!』と、

    言ったような常套句は、こういった不安や迷いをごまかさせるための、

    手段でしかありません。このような常套句に迷わされる事なく、

    (キャンペーンや値引きなんかは、いつでもやってます。)

    自分の気持ちとしっかり向き合って、

    あなたの中で、しっかりと『これで行こう!』と、言う決心がついてから、

    あなたの方から、契約しようと言えることが大切です。

    あなた自身できちんと気持ちの整理がついて、

    ここと契約しようと、心に決めたところを探し出せることが大切なのです。

    家づくりの場合は、一生お付き合いしていくお相手を探さなければないません!!

    後から後悔しても、別れることは出来ません!

    本当の住まいの価値は住み始めてから分かります。

    見た目のデザインや価格だけで決めてしまうと、失敗や後悔することになるかもしれませんよ。

    家づくりで一番大切な事は見えなくなる部分です。(中身が大切なんです。)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『家づくりをお考えの方へ』

    『住まい造りにはゆずれないものがある』

    【新築をお考えの方】

    ・資金計画からご相談出来る住宅会社で家を建てたい方。

    ・デザインにこだわり、この世でたった一つのこだわりの注文住宅を建てたい方。

    ・デザインだけではなく、使いやすい家を建てたい方。

    ・檜の香りがする本物の木の家を建てたい方。

    ・地震に強く安心して住める家を建てたい方。

    ・本物の自然素材を本気で取り組んでいる家を建てたい方。

    ・腕のいい大工さんに建てて貰いたい方。

    ・将来メンテナンス費用が掛からない家を建てたい方。

    ・自然エネルギーを利用して電気代が0円を目指す超エコ住宅を建てたい方。

    ・10年先、20年先の家族の事まで考えた間取りを検討される方。

    ・25年から35年で解体する家ではなく、3世代住める家を建てたい方。

    ・工事完了後メンテナンスを定期的にしてもらいたい方。

    ・将来解体することがあっても、古材として買取り出来る家を建てたい方。



    【リフォーム・リノベーションをお考えの方】

    ・資金計画からご相談できる会社でリフォーム会社を検討したい方。

    ・リフォーム後も、緊急トラブル時に即対応してもらいたい方。

    ・地震に強く、安心して住める家にリフォームしたい方。

    ・地域の、技術ある大工さんにリフォームしてもらいたい方。

    ・自然エネルギーを利用して、電気代0円を目指す、超エコ住宅にしたい方。

    ・10年先、20年先の家族の事まで考えた間取りを検討される方。

    ・ペットを大事にしてくれるリフォーム会社に頼みたい方。

    ・本物の自然素材を本気で取り組んでいるリフォーム会社に検討したい方。

    ・工事完了後メンテナンスを定期的にしてもらいたい方。

    お気軽にお問い合わせ下さい。無料でご相談致します。

    ※当社では強引な売り込みや訪問営業は一切行いません。

    なぜなら営業マンがいませんし、営業経験者もおりません。

    私たちは、家を売る会社ではありません。

    『幸せな家づくり』をお手伝いする会社です。

    家族全員が幸せで健康で毎日楽しく過ごせる住まいをご提案しています。

    家づくりでは何が大切なのかをお伝えします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    昨日、注文住宅の引渡しを行い、

    今年に入ってから8軒目の引渡しになります。

    今現在も多くのお客様と出会い、仕事をさせていただいています。

    名古屋市全域・尾張旭市・日進市・春日井市・常滑市・知多市・小牧市

    稲沢市・みよし市・東郷町・刈谷市で注文住宅の建築をしています。

    アサヒハウジングは一組でも多くのお客様に家族全員が健康で

    毎日楽しく過ごせる日本の気候に合った本物の木の住まいをご提案していきます。

    『住まい造りにはゆずれないものがある』

    株式会社アサヒハウジング



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    『住まい造りには譲れないものがある 謙虚で真摯な態度で挑む』


    【アサヒハウジングの住まい造りに絶対に守らなければいけない十か条】

    一、 ただ安いだけの建物は、お客様にお願いされても造らない。

    二、 借りられる金額ではなく、ゆとりある返済の資金計画を提案する。

    三、 嘘の自然素材は使わない、本物の自然素材だけを提案する。

    四、 当社に不利なことでも、ウソをつかず真実を正直に伝える。

    五、 子や孫の世代まで住み継がれる住まいを建てる。

    六、 解体される時がきても、解体費用が掛からない建物を造る。

    七、 住まいに対する情熱は誰にも負けてはならない。

    八、 未来の子供たちに、恥じない自慢できる建物を残していくこと。

    九、 お客様は大切な家族のとして守り続けていくこと。

    十、  絶対にお客様に後悔させる建物は建てない。

          私たちはこの十か条を守り続けることをここに誓います。

          夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『住まい造りには譲れないものがある』

    アサヒハウジングが檜にこだわる理由?

    一、メンテナンス費用が掛からない!

    建築基準法でも檜(ひのき)が本来シロアリを

    寄せ付けない特性を持つことから、

    一定の条件を満たせば木材を構造材として

    使う際に義務づけられています。

    薬剤散布によるシロアリ駆除対策を

    講じなくてもいいことになっています。

    日々の健康を害する細菌、

    カビ、ダニなどの発生を抑え、

    我が家の安全を根本から揺るがす

    シロアリから家を守る国産の檜(ひのき)。

    こんな木を使った家こそが、

    家族に本当の安心を与えてくれる家なのです。

    国産の檜は、余計な薬品を使わなくても

    安心して住める家です。

    その他の木材では、薬品を使用しなればなりません。

    薬品を使用しても、5年しか持ちません!

    また、5年後…また、5年後…

    永遠と薬品を使わないといけません!

    国産の檜は本当にすごい木材です!

    例;1階部分が20坪のシロアリ除塗装の費用が

    1回約¥15万円の費用が掛かります

    35年で7回シロアリ駆除塗装のメンテナンス費用

    ¥15万×7回=¥105万円のメンテナンス費用が掛かるのですよ!

    檜(ひのき)を使用すれば¥0円です

    二、檜(ひのき)は安い

    カンナをかけると、平滑で艶のある表面が得られる。

    耐久性も比較的高く、我が国では最も優れた建築用材として、

    柱や梁などの構造材から、天井や内部造作材、障子などの建具に至るまで、

    幅広く用いられてきた。

    世界最古の木造建築物に数えられる法隆寺は、主として檜が使われている 。

    現在の法隆寺は8世紀始めの建立とされるから

    すでに1200年を超える年月 を数える。

    この年月に耐え得たのは、その主材である、

    檜(ひのき)に負う所が多いとされています。

    住宅で1200年とは言いませんが、50年から100年は

    住める家を造るには、天然乾燥材の檜で建てることで可能となります。

    檜(ひのき)で建てたいけど高いでしょう!

    よくお客様から言われますが、

    家を建てる時、住宅費用の木材は

    全体の何%だと思いますか?

    たった約8%ですよ!

    例えば、¥2000万の家で160万が木材費です。

    あと、2%とプラスするだけで!

    住宅費用の10%木材費、プラス¥40万円。

    天然乾燥材、オール檜の家が建てられます!

    30年で解体する家で、¥2000万円。

    50年から100年以上持つ家で、¥2040万年。

    どちらが安いでしょう?

    将来、お子さんが住まなくてお売りすることがあっても、

    檜(ひのき)の家が高く売れる事が出来るでしょう。

    三、地震に強い

    五重塔は幾度も修復されていますが、

    柱や梁、桁など肝心なところは

    すべて創建当時の檜(ひのき)であり、

    どれも樹齢1000年以上のもの。

    それが1300年以上経っても朽ちることがありません。

    修復に携わった名棟梁の故西岡常一さんによれば、

    その表面をカンナで削ると、

    檜(ひのき)独特の香りを放ったといいます。

    檜(ひのき)は1300年経っても生きている。

    ここにヒノキならではの半永久的と

    いえる強靱さの秘密があります。

    実験によると、ヒノキの曲げ、圧縮などの強さは、

    伐られてから200年ほどの間に

    だんだん強くなって最大30%も強度が増し、

    1000年ぐらい経って新材と同じ強度に戻ります。

    つまり、育った年月の倍の年数は、

    その強度を保ち続けることができる木なのです。

    日本の檜(ひのき)は、植えられてから

    ほぼ60年を経た時期に伐採されますので、

    120年は強度を保ち続けると事ができる木なのです。

    法隆寺とはいかないまでも、

    世代を超えて100年以上は確実に持つ家が、

    この檜(ヒノキ)を使えば建てられるのです。

    現在の住宅には「日本住宅性能評価基準」

    が定められています。

    どれくらい長持ちするか「劣化の軽減」についての等級で、

    ヒノキは75年から90年も持つことが

    認められている一番高いグレードの等級3を得ています。

    末長く住み続けられる家は

    檜(ひのき)でつくるべきであることを、

    法隆寺の五重塔は私たちに教えてくれるのです。

    四、 リラックス効果がある

    この森林浴効果をいながらに

    堪能する方法があります。

    檜はピネン、カジノール、ヒノキオールなど

    のテンペル系の精油を多く含む

    フィットンチッドを多く発散しています。

    檜(ヒノキ)で家を作れば、そのリラックス効果のほか、

    森が自然界で果たす浄化作用や、

    木が他の生物に対して持っている

    防虫・防蟻(ボウギ)効果など、

    様々な効能を家に備えることが出来るのです。

    医学の現場では、ヒノキの精油成分が、

    院内感染で問題視されるMRSA

    (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)

    の発育を阻止することが、

    ある大学医学部の教授の研究で

    突き止められています。

    抗菌作用は人体を蝕む病原菌にも

    有効であることがわかってきたのです。

    檜(ひのき)がいつまでもその香りを失わないのは、

    そんな人体に恩恵をもたらす

    フィットンチッドの含有率が高く、

    伐採後も発散し続けるからです。

    しかも、大事な点は人体に無害な天然物質なために、

    副作用などの心配がほとんどないことです。

    檜(ひのき)の家が家族の健康と安心にとって

    最良であるといわれるのにはそんな理由があります 。

    五、 殺菌効果高い家になる

    100年檜の家の良さには、ヒノキチオールがあります。

    ヒノキチオールとは檜科植物から採取できる物質で、

    抗菌・防カビなどの殺菌作用などを持っています。

    木の調湿機能で、カビの発生を抑えられることは知られていますが、

    ひのき・ヒバなどに含まれる「ヒノキチオール」という物質が

    カビを防ぎ、細菌の増殖を抑えることが証明されています。

    特に日本の気候は温暖多湿で木材や

    食品などが腐りやすい気候であり、

    このような理由から最近では医療・食品・農業等の

    様々な分野で注目され、利用されています。

    殺菌作用の他にも皮膚から浸透する消炎作用があり、

    アトピー性皮膚炎による、かゆみや炎症を

    和らげる効果があるともいわれています。

    また、フィトンチッドと同じように精神安定や

    リラックス効果も期待できます。

    また、院内感染の原因とされる細菌にも、

    檜に含まれるエキスに、強い殺菌作用が

    あることがあきらかになっています。

    檜(ヒノキ)を使うだけで、殺菌効果のある家づくりになります。

    六、 住宅ローン貧乏にならない。

    住宅ローン貧乏な日本人。

    35年の住宅ローンで、平均利用年数は30年で解体しています!

    子供たちは、解体してまた家を建てます。

    そして、また住宅ローンを35年間返済します。

    本当に、それでいいのでしょうか?

    欧米では3代続きます!

    日本より所得が低くても、お金はあります。

    なぜでしょう?

    それは、例えば、おじいちゃんが¥600万残します。

    お父さんも¥600万残して、自分も¥600万、

    合計¥1800万で家を建てたら、どうでしょうか?

    ¥600万の住宅ローンで済みます。

    日本も最低100年は住み続けられる

    家になれば、どれだけ住宅ローンの為に

    働かなくてよくなるか。

    以上の事から、私たちは檜(ヒノキ)にこだわります!

    ただ安いだけで、目先の安さを売りにするような、

    家を造りたくないのでこだわります!

    安く家づくりができたが、メンテナンス費が膨大に掛かる、

    30年しか持たない家…

    住宅会社だけしかメリットのない家は、

    私たちは、お客様にお願いされても造りたくないです。

    お客様が、近い将来後悔することが分かっているからです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    中日新聞に掲載されました。

    AJグループ(アサヒハウジング)は毎年9月にチャリティーイベント『トンカチくん』祭りを
    開催しています。

    その中のオークション・バザーの売上金を東日本復興支援の義援金として寄付しています。

    2015-03-17-08-12-21

    このページのトップヘ