都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2015年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    新しい週の始まりです。

    さあ〜!!

    今年のトンカチくん祭りの開催が決定しました。

    開催日:2015年10月25日(日)10:00〜16:00

    トンカチくん祭りも今年で5回目になります。

    来月からプロジェクトチームも動き出しますので、

    昨年よりパワーアップしたお祭りになると思います。

    みなさん、カレンダーや手帳にトンカチくん祭りの予定を

    入れておいてください。

    1日限りのお祭りですよ。お楽しみに!!

    詳細は決まり次第、ご報告します。

    今週も素敵な1週間になりますように。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりを真剣に考えている方へ』

    一生に一度の大きなお買い物『マイホーム』

    家づくりは楽しく進めたいけど、分からなことだらけです。

    家づくりを考えた時、皆さんはまず最初に何をしますか?

    住宅展示場を見学し、家づくり勉強会などの色んな会社の話を

    聞きにいかれると思います。

    しかし、色んな話を聞いても、ハウスメーカーや工務店によって、

    家づくりに対する思いや建物の工法は様々なので、逆に混乱してしまうかもしれません。

    家づくりを真剣に考えた時、まず最初に考えてもらいたいのは、、、、、

    自分たちがどうして家を建てるのか?を考えてもらいたいと思います。

    家族全員が健康に暮らせる家にしたい。

    地震に強い家にしたい。

    夏涼しく、冬暖かい家にしたい。

    光熱費の掛からない家にした。

    色んな思いが家づくりを考えた時に出てくると思います。

    自分たちの家づくりに対する思いをしっかり持たなければ何を聞いても信じてしまい、

    分からなくなってしまうと思います。

    沢山の会社と話をしても、最終的には1社に決めなければいけません。

    自分たちの家づくりの思いをしっかり受け止めてくれて、メリットだけではなく、

    デメリットも正直に話をしてくれる会社と真剣に話し合ってもらえたらと思います。

    家づくりのポイントは『健康・耐震・省エネ・耐久』の4つになります。

    この4つのポイントは絶対に忘れないでください。(見た目ではなく、中身です。)

    住まいの本当の価値は住み始めてから分かります。





      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『秋の伐採体験ツアー参加者募集日 締め切り迫る!!』


    残り1組ですよ!!!


    9月26日(土)〜27日(日)で開催の家づくりの為の伐採体験ツアーの

    締め切り日が迫ってきました。

    開催日は9月ですが、飛行機の予約の為、2か月前で締め切ります。(〜7月20日(月))

    201504251803


    201504251804


    真剣に家づくりをお考えの方は、自然とふれあい、木を知り、木の家を体感する2日間のツアーに

    参加しませんか?

    このツアーは毎年5月と9月に開催され、全国から約300名近い、真剣に家づくりを考えた方たちが、

    参加されています。

    image


    ↑前回の春の伐採体験ツアーの集合写真


    締め切りまで残り24日です。 ご連絡お待ちしております。

    夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング 都築誠

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    昨日は、天気にも恵まれ2軒の注文住宅地鎮祭と1軒の注文住宅上棟を行いました。

    地鎮祭は昭和区W様邸・中村区S様邸(木造3階建てと木造2階建て)

    上棟は中村区S様邸(木造3階建て)

    おめでとうございます。


    image


    image


    image


    アサヒハウジングは『家族全員の健康』にこだわって家づくりをしています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    昨日は日帰りで東京へ行ってきました。

    『リフォーム産業フェア2015』

    image


    image


    ↑愛犬家住宅のブースに我が家のパネルが展示してありました。

    image

    ↑夢ハウス

    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    新しいリフォーム商品やサービスやなるほどなという商品やこんな商品もあるんだと

    お客様に提案したい商品がたくさんありました。

    日々新しい事に挑戦しているんだな〜と感じた1日でした。

    継続は力なりはただ漠然と1日1日を過ごすのではなく、常に勉強して、進化していかなければ

    いけないと思います。

    充実した1日が過ごせました。 今日も1日頑張ります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    今日は日帰りで東京へ行ってきます。

    昨日から東京ビックサイトで開催している『リフォーム産業フェア2015』

    約240社350小間の出展企業が最新商品やリフォーム商品を紹介しています。

    ここ最近、中古住宅やマンションを自分好みのデザインでリノベーションする方が

    増加しています。

    国も少子高齢化問題・空き家問題などで様々な政策を打ち出し、

    住宅省エネポイント・補助金などホームページで検索すると沢山あります。

    近い将来リフォームの時代が来ると自分は思っています。

    国もリフォーム産業を今の倍以上にしたいと考えています。

    新築であれば長期優良住宅などの100年・200年住宅といった長持ちする住宅に

    なってきていますし、少子高齢化などで日本の人口も減ってきます。

    人口が減ってくれば、新築の着工棟数は間違いなく減ります。

    そして、次今現在すでに問題になっていますが『空き家問題』です。

    日本全国にたくさんの空き家があります。この『空き家問題』をどうすればいいのか?

    日本の将来はこの空き家問題をはじめたくさんの問題を抱えています。

    私は未来の子供たちの為、そして自分の子供たちが大人になった時、今自分に何が出来るのか?

    真剣に考えていかなければ、私は今まで以上に厳しい時代になっていると思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    新しい週の始まりです。

    たくさんの方と出会い、夢のある話をしたいと思います。

    今週もどうぞよろしくお願いします。 都築誠

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    近年、平屋が注目されています。

    でも、「平屋」 というのは特別目新しいものではありません。

    昭和30年代頃までは、日本の一般的な住宅といえば「平屋の家」が主流でした。

    そもそも住まいの形はわが国を含め世界的に見ても平屋が原点なのです。

    しかし、日本の高度成長期には住宅の絶対数が不足していた為、

    狭い国土を有効に活用するために、2階建や3階建の家やアパート、

    マンションなどにせざるを得なかったのです。

    その結果、昔は当たり前だった平屋が、土地の広い田舎でさえ珍しくなり、

    今では贅沢の象徴のようになっています。

    住環境研究所の調査では、「老後の理想の住宅」として平屋を希望する人が

    42%もありました。

    退職後、子供が独立し、夫婦2人だけになった団塊世代にやがて

    迎えるであろう高齢化による健康不安を、階段レス(無し)や

    バリアフリー化で安心を求めると共に、老後の多様なライフスタイルを

    満喫できるステージとして平屋に住みたいということでしょう。

    このように、昔は一般的な家だった「平屋」が、

    今は「夫婦2人の贅沢な住まい」として人気が高まっています。

    『平屋のメリット』

    平屋はバリアフリー住宅に最適なプランです。

    まず、日常生活では階段の上り下りを必要とせず、

    平面の移動だけで生活の用が足せる利便性があります。

    掃除がし易く、洗濯物も庭に干し易い事は容易に想像でき、

    足腰の弱くなりつつある年代には、平屋の良さを実感できます。

    メーターモジュールで廊下や通路を幅広くとって、壁に手すりを設けたり、

    玄関から床面まで段差をなくし、扉を引き戸にすれば車椅子の利用もスムーズで、

    高齢者や体の不自由な人、介護をする人にとって優しい住宅と言えます。

    2階の荷重がなく耐震性にも優れているので地震に対する不安を軽減し、

    防災上の観点から見ても、階段が無いので避難の際も安心です。

    平屋の家は、庭を家の延長のような感覚で暮らすことができます。

    部屋から庭を眺め、ウッドデッキや縁側から庭に降りて

    盆栽や庭の手入れをする、常に庭の土と緑、青い空、

    心地よい風を身近に感じながら夫婦2人ののんびりとしたライフスタイルは、

    最高だと思います。

    しかし、平屋を建てるには、それなりの敷地の広さが必要となるため、

    地価が高い都市部では 「贅沢な住まい」 と言えます。

    夫婦2人暮しの場合、一般的に20坪前後の

    平屋を建てられる方が多いです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    東海地方も梅雨の時期になり、湿気が多い日が続いていますね。

    そんな時に気を付けなければいけないのが、『カビ』です。

    カビは、温度(20〜30度)・湿度(75%以上)・栄養分の条件が整うと増殖します。

    空気中には カビの胞子がいつも浮遊していますので、条件が整えば家の中のたいていの

    ところで発生できますが、特に水にぬれやすく、よごれやすいところ、同じ室内でも

    空気がよどみ、比較的低温になり湿りやすいとこ ろは注意が必要です。

    これからの季節はカビの発生しやすい時期ですので、次の場所を点検してみましょう。

    ぬれやすく、汚れやすいところとは、キッチンの近く・洗面所・風呂場などです。

    調理の時に飛んだ惣菜や汁、あるいは石鹸カスや人のアカなどの有機物はカビの

    栄養源になるので、ぬれた状態が長いほどカビが繁殖します。

    タイル、石、ステンレスの上でもわずかな汚れと水があればカビが発生します。

    結露しやすいところ、冷えやすいところ窓・外壁に接しているところなど

    窓は冬には暖められた空気が冷たいガラスの内面で急に冷やされ結露ができ、

    夏は温度が高く湿り気も多 く、ほんの少し温度が低いところがあるとすぐに結露します。

    そのままにしておくとガラスを抑えるビード(軟質塩化ビニ−ル)を黒く汚染します。

    また、北側の外壁に面した壁や隅の部分は温度が低く湿度が高くカビが発生しやすい。

    空気のよどみ場所とは、押入れ・納戸・家具裏・留守宅など

    カビは環境が一定の状態のところでよく育ちます。

    閉めきったところや家具の裏などは空気が動かず、環 境の変化が少なくなっています。

    そしてこのようなところは比較的低温になり湿りやすいので、

    カビにとってはよい住みかとなります。

    湿気の多いところとは、室内の洗濯物干し、加湿器の使い過ぎなど

    カビの生長には水分が必要ですが、水分は液体でなくても湿気(水蒸気)があれば

    よいので、水蒸気が多 いほどカビがよく発生します。

    また、新築直後の集合住宅ではコンクリートが十分乾いていないので水蒸気の

    発生量が多くなっています。また1階も地面からの湿気が上がってくるので、

    高い階よりカビが生えやすいです。

    カビの発生条件から見れば、人が暮らす温湿度条件ではカビも生活できますので、

    カビの発生を抑えるには室内の水分や湿気をコントロールすることが基本になります。

    こまめに換気扇の使用し、浴室の壁や窓の 水滴をふき取りましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    昨日は二組のお客様と無事注文住宅の工事請負契約が出来ました。

    image


    木造平屋建て65坪と木造2階建て35坪の新築工事です。

    8月下旬から9月初旬ごろに着工して、来年の3月下旬ごろ完成する予定です。

    お客様に感動していただけるように頑張ってまいります。

    このページのトップヘ