都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2015年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『住まいづくりには譲れないものがある』

    昨日、豊田市O様邸新築工事に伴う、地鎮祭を行いました。

    O様とは、半年以上、何度も間取りのプランを打ち合わせし、建築中の現場や完成現場や入居中の築10年のお客様の住まいを見学していただいて、この度契約、地鎮祭を行う事が出来ました。

    O様とは、謙虚で真摯な態度で挑み、O様に信頼していただけたのではないかと思っています。

    しかし、これで終わりではなく、これからが本当にO様に感動していただける住まいを建てて、住んで本当に良かったと言われるまでは、これまでと同じ、謙虚で真摯な態度で挑まなければいけません。

    image


    image


    image


    image


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    9月15日に発行される情報誌『テニテオ』に健康住宅特集としてアサヒハウジングの住まいが掲載される事になりました。^_^

    image


    image


    image


    image


    image


    image


    夢ハウスビジネスパートナー
    株式会社アサヒハウジング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。


    『家づくりをお考えの方へ』

    家づくりのポイントは『健康・耐震・耐久・省エネ』

    そして見えなくなる部分が大切になってきます。

    みなさんは家づくりを考えた時、何を基準にハウスメーカーや工務店を決めますか?

    価格ですか?営業マンですか?見た目のデザインですか?

    いろいろあると思いますが、、、

    その中の価格について、考えたいと思います。

    住宅会社のチラシで坪25.8万円! この建物で1000万円です。

    この金額で建てられると思いますよね。

    しかし…見積もりを取ると1800万円…

    えっ?なんで?多くの場合、家が完成すると

    価格は1.5倍から2倍にまで膨れ上がります。

    商談中は坪29,8万と言いながら、あれもこれもオプションですと、

    営業マンに言われます。信じられないです。

    住宅業界の私でも信じられません。

    新車を買う時にハンドルはオプションです。

    エンジンはオプションです。と言われているのと同じです。

    ひどい住宅会社は、基礎はオプションです。

    えっ?車だったら買ってもタイヤとホイルは別です…

    買っても走らないでしょう!嘘ばっかりの住宅会社。

    ハンドルを純正から木製にグレードアップするなら分かりますよ。

    最初から付けないで安く見せるのは詐欺と変わらないじゃないですか。

    しかし、それが、住宅業界の常識です。

    私たちは、それが常識なら、非常識でもいい、

    安くみせてお客様を騙すやり方は絶対にしません!

    だから、住宅業界は、標準で付いている会社、

    オプションの住宅会社バラバラです。

    住宅の価格の提示方法が各社自由なのです。

    坪単価に騙されないで下さい!

    引渡し価格でいくらなのか、そこが、重要です。

    そして、坪単価より引渡し価格より大事なことがあります。

    借りられる金額ではなく、ゆとりある返済が出来る金額なのかが重要です。

    しあし、家づくりを考えるときに、ゆとりある返済金額は、

    アパートの家賃くらいと考えるお客様がいます。

    これは、とんでもない間違いです!

    そんな家を建てたら家を建てたあと外食も行けない。

    旅行も行けない。それなのに、夜中まで働くようになります。

    えっ?なんでと思いますよね。

    アパートに住んでいるとき、固定資産税払っていますか?

    住宅取得税払いますか?払いません。

    賃貸はその分家賃に含まれています。

    アパートと同じ金額は正しい資金計画ではありません。

    大丈夫です。その分も考えて貯金しています

    アパートより安い返済ですから…本当に大丈夫でしょうか。

    アパートと同じ光熱費だと思いますか?

    いくら位変わるか知っていますか?

    住宅ローンはアパートとより安いのに

    貯金がどんどんなくなる…

    家づくりは、住宅ローン+光熱費を

    考えなければ大変な事になります。

    建ててから後悔しても建て替える事は出来ません!

    もし、アパートより月々2万高い住宅ローンでも、

    住宅ローン+光熱費を足して安かったから、どうでしょうか?

    月々3万円以上貯金ができたら

    外食も出来ますし家族で旅行も行けます。

    私たちは、住宅会社ですが、お客様が本当に幸せになれる

    お手伝いさせて頂いています。

    建てて終わりではなく、住み始めてから本当によかったと

    言われる家づくりにならなければいけないのです。

    住まいの本当の価値は住み始めてから分かります。

    家族によって家づくりに対する考え方が違います。

    一人一人、私が(都築誠)が無料で相談にのります。

    本気で、幸せな家づくりを考えるなら無料ですから聞いて下さい。

    大丈夫です。

    しつこい営業、押し売りは致しません。

    当社で建てなくてもいいですから

    後悔や失敗する家だけは建てないで下さい。

    あなたは、誰のために家を建てるのですか?

    住宅会社のためですか?家族のためですか?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    未来の子供たちの為に日本の伝統文化を残していくこと。

    みなさんは古民家鑑定士という資格をご存知ですか?

    全国に約1万名います。(建築関係・不動産関係・設計士などなど)

    古民家鑑定士とは、厚生労働省認可財団法人職業技能振興会により、

    古民家の評価をすることを目的に創設された公的な資格です。

    古民家鑑定士は、築50年以上の日本の住宅で使われていた

    伝統的な構法(伝統構法)並びに在来工法を理解し、

    そこに使用される伝統的な資材に精通し、古民家で培われた

    日本の気候風土に合った持続可能な住環境を次世代に

    継承していく為の知識と経験を兼ね備えなければいけません。

    その為には、解体された古民家などの建物から産出される木材や瓦、

    その他の資材を建築分野において再活用するための専門的な知識を身につけ、

    持続可能な建築物の調査、再活用の提案を行う事を業とし、

    未来の子ども達に残すべき日本の住文化を守り、活かし、伝えていく事です。

    それをユーザーに解りやすく伝える為に、古民家を調査し

    古民家鑑定書を発行する業務を担います。(調査項目は約600項目あります。)

    愛知県では毎月1回、千種区の吹上ホールで開催しています。

    一般社団法人 愛知県古民家再生協会 愛知第2支部 支部長:都築誠

    http://kominka-nisshin.org/

    一般社団法人 全国古民家再生協会

    http://www.g-cpc.org/2015chiku

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    日本は世界第3位の森林大国でありながら、

    外国の木を輸入して、家づくりをしています。

    日本だけではないでしょうか?

    日本には素晴らしい檜や杉やヒバなどの木があります。

    日本で家を建てるなら、日本で育った、日本の気候に合った

    家を建てるべきではないでしょうか?

    そして、必ずしも新材だけがいいわけではありません。

    日本には新材以外にも、古民家で使用された『古材』があります。

    ある方は本で築1400年の法隆寺の古材は新材よりも強いと言われています。

    『古材の価値』

    戦前、民家や町家が今よりもたくさんあった時代は、

    新築する時、家をリフォームする時に、

    「古い木材を再利用する」という事は

    ごくごく当たり前の事でした。

    そこには「モノを大切にする」「もったいない」という

    日本人ならではの習慣がありました。

    古い民家を解体したり、改修したりすると何度も使われた形跡のある古材が

    梁や桁に再利用されています。

    「使えるものは繰り返し使う」先人の残した知恵や

    文化は本当に素晴らしい事だと思います。

    しかし、高度成長期に入り、時代は「モノを大切にの時代」から

    「捨てる時代」になりました。

    解体された民家や町家から出る価値ある古材は

    チップにされたり燃やされたり埋められたりと

    廃棄物として処分されてきました。

    そして現在、環境問題が社会的に叫ばれるようになり、

    「モノを大切に」の時代がやってきました。

    私たちは過去に戻ることはできません。

    しかし、先人たちの教えを今に活かすことはできると思います。

    「モノを大切に」「もったいない」という素晴らしい先人の

    教えを今という時代に活かしていきましょう。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。 充実した1泊2日の東京出張でした。 1日目は既存住宅現況検査技術講習及び 古民家インスペクション講習を受け、夕方からは 第1回平成の大工棟梁育成施策検討会議に オブザーバーとして参加し、 2日目は午前中は衆議院会館にて第2回議員・官僚との懇談会を 愛知県古民家再生協会愛知第2支部支部長として出席し、 午後からは古民家専門事業会議に出席しました。 同じ志を持った仲間と様々な意見交換が出来ました。
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    全国古民家再生協会は、全国各地域に残る日本の住文化である『古民家』を 未来の子供たちへ継承するために活動をおこなう38都道府県の42支部の 古民家再生協会で構成される団体です。古民家は長期に渡って循環利用が 可能な住居であり持続可能な社会実現に必要な先人の知恵が詰まっています。 戦後高度経済成長時代、住居もスクラップアンドビルドという考えのもとに 建てては壊すという時代でした。 しかし、江戸時代に遡ると柱や梁(古材)などの構造材(無垢材)は再利用するのが 当たり前な持続可能な社会だったのです。いまさら江戸時代に戻る事は出来ませんが、 先人たちの知恵を学び活かし、日本の文化や技術を未来の子供たちへ残すことは とても大切な事ですし、私の使命だと思っています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    東京出張2日目です。

    今日は朝10時から衆議院議員第2議員会館にて、

    第2回議員・官僚との懇談会を

    一般社団法人全国古民家再生協会『古民家活用による地方創生』

    に向けて、本会全国の38都道府県42地域の支部長と

    国会議員の先生、内閣府・国土交通省・林野庁・環境省・経済産業省の方に

    お声掛けさせていただき『これからの古民家活用』に関して有意義な意見交換を行います。

    私も愛知県古民家再生協会 愛知第2部 支部長として出席します。

    午後からは古民家に関する専門事業(横軸)会議にオブザーバーとして出席します。

    今日も朝から夕方まで多くの方と出会い、様々な意見交換などを交わし、学んでこようと思います。

    今日も一日素敵な日にしましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。


    今日から1泊2日の東京出張へ行ってきます。

    1日目は既存住宅現況検査技術講習及び

    古民家インスペクション講習を受け、夕方からは

    第1回平成の大工棟梁育成施策検討会議に

    オブザーバーとして参加してきます。

    2日目は午前中は衆議院会館にて第2回議員・官僚との懇談会を

    愛知県古民家再生協会愛知第2支部支部長として出席し、

    午後からは古民家専門事業会議に出席する予定になっています。

    全国古民家再生協会は、全国各地域に残る日本の住文化である『古民家』を

    未来の子供たちへ継承するために活動をおこなう38都道府県の42支部の

    古民家再生協会で構成される団体です。古民家は長期に渡って循環利用が

    可能な住居であり持続可能な社会実現に必要な先人の知恵が詰まっています。

    戦後高度経済成長時代、住居もスクラップアンドビルドという考えのもとに

    建てては壊すという時代でした。

    しかし、江戸時代に遡ると柱や梁(古材)などの構造材(無垢材)は再利用するのが

    当たり前な持続可能な社会だったのです。いまさら江戸時代に戻る事は出来ませんが、

    先人たちの知恵を学び活かし、日本の文化や技術を未来の子供たちへ残すことは

    とても大切な事ですし、私の使命だと思っています。

    この2日間で、たくさんの事を学んでこようと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    アサヒハウジングは夢ハウスビジネスパートナー加盟店です。

    本物の木にこだわり日本の気候にあった、夏涼しく・冬暖かい住まいづくりをしています。

    今の住まいで困っている事はありませんか?

    夏はエアコンがないと暑い!

    冬は暖房器具を付けても寒くてしかたない!

    結露がひどい!

    家事動線が悪い!

    シックハウス症候群やアレルギーで悩んでいませんか?



    『リセット』

    直訳すると「元の状態に戻す」という意味ですが、「リセット住宅」には2つの大きな意味があります。

    1:リフォームの「考え方」をリセット。
    2:今の家の「築年数」をリセット。

    たとえ新築を選んだとしても、リフォームするとしても、
    リセット住宅の考え方を身につけておけば、
    自分に合った「家づくり」の答えを出すことができます。

    家と共に気持ちや暮らしをリフォームする。

    それが『リ・ステージ住宅』です。

    大切な家族の歴史を残したい。

    長年住み慣れた我が家だから愛着のある、思い出がいっぱいつまった家を

    子や孫の世代までこれから何十年も住み継ぐために。

    決して新しいものだけがいいわけではありません。

    リフォームで大切なのは間取りの『提案力』です。

    面影を残しつつ、快適な暮らしをしませんか?

    リフォームには4つのテーマがあります。

    『耐震・耐久・省エネ・健康』

    表面仕上げ工事だけでは数年後、また同じ工事をすることになります。

    原因を追究し同じ症状がなりにくい工事を提案します。

    失敗しない家を作るには?

    ●施工費とランニングコストを考えた価値の提案
    ●長い目で見た時の住宅の使い方の提案(25年後の考え方)
    ●既存老朽化箇所の徹底補修とその先の老朽防止の提案

    アサヒハウジングは本物のものづくりを通してお客様と最高の価値と感動を共有し続けます。

    それがアサヒハウジングの考える家づくりです。

    『アサヒハウジング リ・ステージ住宅』
    http://www.yume-h.com/reform/

    『新築との比較』建物面積40坪建て替えの場合(概算)

    【自由設計】
    既存建物解体費 150万
    建物本体・付帯・エアコン等 2650万
    地盤改良費 120万
    外構工事 80万  合計3000万になります。
    プラス登記費用、税金、火災保険料が約200万 3200万!!

    【リセット住宅】
    既存建物(骨組みの状態まで)200万
    建物本体・付帯・エアコン等(基礎・屋根は既存)1950万
    地盤改良・外構はなし 0円
    税金は既存住宅の評価額のまま 合計2150万

    リセット住宅の方が1050万安くできます。

    *60坪の場合は約1500万円安く、新築そっくりに変わる事ができます。  

    2013-04-13-11-12886435626_mini150


    2013-04-13-11-14585798440_mini150


    2013-04-13-11-21131665891_mini150


    2013-04-13-11-111475800020_mini150


    2013-04-13-11-111872882843_mini150


    2013-04-13-11-121250963909_mini150


    2013-04-13-11-121723299354_mini150


    2013-04-13-11-131231712615_mini150


    2013-04-13-11-131434908223_mini150


    2013-04-13-11-132050860566_mini150


    2013-04-13-11-141801842850_mini150


    2013-04-13-11-142138187656_mini150


    2013-04-13-11-151291019293_mini150


    2013-04-13-11-151551507265_mini150


    2013-04-13-11-161776366307_mini150


    2013-04-13-11-211332637137_mini150






      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『増加してるアレルギーを持った子供たち』

    家づくりのポイント『健康・耐震・耐久・省エネ』そして本物の素材です。

    今や子どもたちを悩ませている病気の中で一番多いのが、このアレルギー疾患です。

    アレルギー疾患と言えば,,,,,,

    アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎そして蕁麻疹など種々ですが,

    食物アレルギーの子どもたちも現在増加の一途を辿っています。

    アレルギー症状を持っている子どもたちがどれくらいいるのか??

    厚生労働省の調査では0歳〜14歳の子どもたちの約40%に、都市部に住む4歳以下の子供たちに至っては

    51.5%つまり2人に1人の割合で何らかのアレルギー症状が認められるというのが最近の状況です。

    昔と比較すると学童の気管支喘息はこの30年間で10倍に、アトピー性皮膚炎も5〜10倍に増加しています。

    何故でしょうか?原因は2つ!!

    『住環境』と『食物』だと思います。

    食べることに関してはお父さん、お母さんは気にしていますが、

    今住んでいる住まいについてはどうでしょうか?

    あまり気にしていないんじゃないでしょうか?

    住環境はとても大切になってきます。

    最近の住まいは本物の素材ではなく、石油化学製品に囲まれた住まいが

    とても多く建てられています。その石油化学製品に含まれる有害物質を

    吸引することで起きる『シックハウス症候群』になる方がとても多くなっています。

    夢のマイホームを建てたのに『シックハウス症候群』になってしまう。

    アレルギーの原因は食物だけではありません。

    子供がアレルギーでおまっている方は、今暮らしている住まいをもう一度見直してください。

    何か原因があると思います。

    このページのトップヘ