都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    2015年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    『家づくりをお考えの方へ』

    0から家を建てる方(自由設計)

    住宅会社のテレビCMや新聞広告、カタログなどを見ると必ず出て来るのが

    「○○ シリーズ」といった標準となるプランのイメージ図や図面。

    そして普通はそのほとんどが「自由設計」となっているはずです。

    「注文住宅なんやから、そんなモン当たり前だ!」と

    突っ込まれそうですが・・・。

    でも現実は、どうか?

    「自由設計」というのは、あなたの土地があって、

    その上に0から、まさにあなたの思う通りに

    「自由に設計できる」というものですよね。

    だけど、チラシやカタログなんかをよーく見ると参考プランとして、

    広さやタイプごとに図面と値段が書いてある。

    おまけにその価格に含まれるシステムキッチンやバスルーム、

    その他の設備機器なんかが載っていますよね。

    これを見ると、何だかその参考プランの中から自分の土地に

    近い広さや間取りのプランを選んで、少しアレンジして

    プランを作らなきゃならないように思ってしまいませんか?

    間取りに関して当然あなたがこうしたいという間取りに

    変えられなければ自由設計になりません。

    まあすべてのお宅の敷地や建築条件がすべて違う訳ですから、

    必然的にそうなりますね。

    壁やドア、内装なんかもいくつかのバリエーションから

    選べるようになっているはずです。

    設備機器は、もしそれらのモノがあなたの望んでいる機能、

    デザイン、グレードに近いものであれば、それを採用してもいいでしょう。

    おそらくコストパフォーマンスは高いはずですから。

    またどうしても変えたいのであれば、オプションから選ぶか、

    もしくは多少割高になりますがまったく別のものに変えることもできますね。

    でもこれが本当に「自由設計」なのでしょうか?

    これだとまるで、新車を買う時のように、まずメーカーと車種を選んで、

    車体の色や内装のデザインを決めて、カーナビなんかのオプションを

    つけるかどうか悩んで、最終的に「もちょっと安くならない?」と

    値切って、めでたく決定!

    あとは納車を待つばかり・・・というのと同じ感じがしません?

    当然のことながら、この場合、決して「車をオーダーメイド(自由設計)する」

    とは言いませんよね。

    これを家に当てはめると、むしろ「建売り住宅を買う」という

    パターンに近いかもしれない。

    これらの「○○シリーズ」などというのは、

    あくまでもお客さんが選ぶ時の目安として

    代表的なパターンを示しているだけのこと。

    ぜひこれを間違わないようにしておいて欲しいと思います。

    これらの商品がコストパフォーマンスに優れていることは否定しません。

    標準的な仕様の家というのは、それぞれの住宅メーカーが何年も研究して、

    できるだけ多くの人が満足でき、且つ建てる時にできるだけ

    手間がかからずに効率良く住宅メーカー自身も儲かるようにできているからです。

    つまり「最大公約数的な効率の良い家」と言ってもいいかもしれません。

    住宅メーカーだって、ボランティアではなくビジネスですから、

    それは間違いではないと思います。

    また予算あってのマイホームですから、できるだけ安く良い家を

    と思うことは当たり前のことですし、価格とデザイン、

    仕様などが「自分が望んでいた家とピッタリだ!」という人には、

    悪くない買い物だと思います。

    実際こういった定番の商品シリーズには、お客さんの側から見ても、

    機能やデザイン、間取りの特徴なんかがハッキリしていて選びやすい、

    コストパフォーマンスが高いなどといった利点もあります。

    でも私がちょっとおかしいなと感じるのは、

    すべての人がこれらのシリーズの標準仕様の家に十分に

    満足できるとは思えないということなのです。

    加えて、困ったことに、多くの住宅メーカーが考えていることは、

    「できればこれらのシリーズから選んでもらって、

    できるだけ標準的な仕様で建てたい!」ということなのです。

    なぜなら売る側の立場からすると、それがいちばん楽!だからです。

    要するに余計な手間がかからない。

    でも、「せっかくの注文住宅なんですからぁー!」と私は声を大にして言いたい!

    だって、逆の立場、つまり私がお客さんの立場になって考えてみると

    「注文住宅である限り、できる限りのわがままはしっかり聞いてもらおうじゃないか!」

    と思うのですが・・・いかがでしょう?

    だって、わがまま言って苦労するのは設計者なんですから、

    私がイチバン身にしみてわかっているつもりです。

    自分ちのプランを作っていくのに設計の人にはできるだけ苦労して、

    苦心して、工夫してもらった方がいいプランができそうでしょ?

    私が逆の立場なら言います!

    そんなことしたら値段が高くなる?

    もしそれで予算が合わないのなら元に戻したっていいじゃないですか。

    それで元々。

    そうです! 私が言いたいのは、せっかくの「自由設計の注文住宅」なのですから、

    もっと「あーしたい!こーしたい!」ということを投げかけてみるべきです。

    もっとプランの作り手に努力や工夫をさせるべきではないか、

    ということなのです。と自分の首を絞める。(笑)

    でも正直な気持ちです。と、ここまでの話を読んで、

    「そんなこと言っても、ちゃんと対応してくれるのか?」という声が聞こえて来そうです。

    でも、ちゃんと対応してくれないとすれば、

    何もそこに建ててもらう必要なんてないじゃないですか。

    一生に一度のマイホームなんですから。

    見極め方はカンタンです。あなたの要望に対して、何の検討もしないで、

    「それをすると値段がこれだけ上がりますよ」などと、

    コストアップを楯にできるだけ「決まりきった標準的な仕様」の方へ

    誘導して行こうとする人とは時間の無駄です。

    何度か話をしているうちに担当者の話ぶりでわかるはずです。

    そんな時は、やめましょう。それだけです。

    最後に、注文住宅なんだから、あなたの思うようにあーしたい、

    こーしたいをしっかり伝えて、それを実現するために努力してもらいましょう!

    これが自由設計の家をプランするときのポイントです。

    家づくりを真剣に考えている方は是非ご相談ください。

    家づくりのポイントは『健康・耐久・耐震・省エネ』そして『提案力』です。

    あなたは有機質の家(生命の家)を建てたいですか?=呼吸する家(本物の木の家)

    無機質な家を建てたいですか?=呼吸出来ない家(石油化学建材の家)

    家族全員が健康に暮らせる住まいは呼吸する家です。

    呼吸出来ない住まいでは健康になれません。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    image


    image


    トンカチくん祭りまで一カ月切りました。

    皆さん、10月25日はトンカチくん祭りですよ。^_^

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    9月26日〜27日に開催した秋の伐採体験ツアーが無事終わりました。


    ツアー1日目はものづくり工場やモデルハウスの見学をしていただきまいた。

    山で伐採された木がどのように乾燥され、家の土台や柱や梁材に加工されていく工程を

    一つ一つ丁寧に説明しながらものづくり工場を見学し、その加工された土台や柱や梁材が

    どのように組まれて建物になっているのかをモデルハウスで確認・見学してもらいました。

    そして、私たちが参加されたお客様の家づくりの悩みや不安などを聞いて、丁寧に説明しました。

    参加されたお客様も皆真剣に見学して、質問していました。

    そして、1日目の終わりには、参加されたお客様と私たち、そしてお客様同士の交流を図る為に、

    宿泊する旅館(月岡温泉 白玉の湯 泉慶)で飲んで、食べて、ゲームしてたのしく交流を図ることが出来ました。

    2日目はこのツアーのメインイベントの山での杉の大木伐採体験を行いました。

    私たちも含め、全国から250名を超える、家づくりを真剣に考えているお客様が

    このメインイベントに参加していました。

    クイズもありますよ。(伐採される木の樹齢・長さ・体積・販売価格)

    今回、伐採された杉の大木は高さ約30メートル、樹齢101年の杉の大木が伐採されました。

    倒れる瞬間は実際に体験しないと分かりませんが、すごい迫力です。

    伐採体験をした後は、さらに山を登り夢山荘という場所で昼食タイム。

    カレーや豚汁(食べ放題)をいただきました。

    食べながら、伐採体験の時に出されたクイズの答え合わせを行い、正解した方には豪華景品が!!

    今回、参加していただいたお客様には短い時間でしたが、家づくりが少しでも楽しく

    なったんじゃないかと私は思っています。

    次回の開催日は2016年5月28日〜29日(予定)になります。

    木の家づくりを真剣に考えている方は、是非この伐採体験ツアーに参加してみてください。

    絶対に後悔はさせません。

    夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    昨日はものづくり工場やモデルハウスを見学してもらい、

    夜はみんなで楽しく宴会しました。

    伐採体験ツアー2日目は山へ行き、30mを超える杉の大木が

    実際に伐採される瞬間を体験してもらいます。

    なかなか体験できない瞬間を体験していただく事で、家づくりが

    楽しくなるんじゃないかなと思っています。

    今日も1日楽しく過ごしたいと思います。

    image


    image


    image


    image


    image

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    今日は1泊2日で、お客様と秋の伐採体験ツアーに行って来ます。

    自然とふれあい、木を知り、木の家を体感する2日間!!

    住まいは一生に一度の妥協できない大切で大きなお買い物。

    後悔しない家づくりのために、3組のお客様に新潟の夢ハウスで

    本物の天然無垢の家を体感していただきます。

    家づくりが楽しくなる2日間にしたいと思います。

    それでは行ってきま〜す。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    家づくりを真剣にお考えの方へ

    そもそも木というものは、同じように見えても育った場所によって、

    まったく違った特徴を持っています。

    木にはそれぞれ環境に合った場所で生育する植生というものがあって、

    その木を長持ちさせたいのなら、その植生に応じて使うのが一番いい。

    例えば寒冷地の北欧で育った木を日本で使うと、高温多湿の日本では、

    どうしても劣化が早まり、シロアリにも弱くなってしまいます。

    やはり、日本の住宅に使う木は、日本で育った木を使うのが最もいい。

    理想をいえば、地元の木を使うべきで、北は福島から南は熊本ぐらいまでが

    植生の檜(ひのき)は、その範囲内で住宅に使うことが、

    木のためにも家のためにもいいんですね。

    なぜ、日本の住宅に外材を使った集成材がふさわしくないのかという理由も

    そこにあります。集成材はその性格をきちんと理解して使えば、

    決して悪いものではありません。

    均質に加工された木材を貼り合わせてあるため、

    強度にばらつきが少なく寸法安定性もよい。

    しかし、耐久性については木材元来の性質がそのまま反映されるため、

    どんな木材を原料としたのかが重要です。

    集成材の多くは原料に北欧材など価格の安いものを使います。

    高緯度で育った木が日本では腐りやすいのは当たり前で、加工がしやすいとか、

    値段が安いからという理由だけで使うのは、

    家族の命を預ける住宅にはふさわしくありません。

    同じ坪単価を払っても、結果的にはお客様に損をさせることになる。

    そのことを説明もせずに売るのは、住宅に関わる人間としてあってはならないことだと

    私は思っています。この木材はどのような材で、

    どんなメリット、デメリットがあるかなど、私たちは、すべてきちんと説明しています。

    それが住宅をつくる人間の最低限の務めではないでしょうか。

    木の乾燥状態でも同じことがいえます。

    しっかり乾燥させることで木の寿命はさらに延びます。

    しかし、あとで狂いやヒビが出てくるのにもかかわらず、

    乾燥しきっていない木材を使う住宅会社が多いことも残念ながら事実なのです。

    乾燥していない木を家の構造材や床材などで使うと、住み始めてから割れなどで

    仕上げ材などがひび割れたりします。

    しかし、乾燥がしっかりしていても必ずではありません。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    今の住まいに不満や悩みはありませんか?

    夏はエアコンがないと過ごせない=光熱費が掛かる。(年間いくら払っていますか?)

    冬は暖房器具を付けても寒い=光熱費が掛かる。断熱工事がしっかりされていない。

    日中も照明器具を付けないと暗い=間取りや窓の配置が悪い。

    部屋の中がいつもジメジメ、カビくさい=石油化学製品の床材や建具などの新建材・ビニールクロス

    ペアガラスのサッシなのに結露がひどい。外壁面内部結露や小屋裏が結露している可能性がある。

    などなど、そんなことありませんか?

    そんな住まいで家族全員は健康になれますか?

    今まで何もなく健康だった方が、夢のマイホームを建て、

    住み始めてからシックハウス症候群などの健康被害に悩まされるように

    なってしまうケースもあります。

    頭が痛くなる 目がチカチカする イライラするなどもあります。

    原因は床下、外壁内、天井裏、小屋裏など、完成してからでは見えなくなる部分や

    石油化学製品で仕上げられた内装材などの仕上げ材にあると私は思います。

    そんな状況を放置しておくと、家はどんどん悪くなってしまいますよ。

    今の住まいをインスペクション(健康診断)しませんか?

    食はもちろんですが、住環境も人間の健康にとても大切な事なんです。

    今の住まいにそんな不満・悩みがある方は、お気軽にアサヒハウジングまで

    ご相談ください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。

    シルバーウィーク最終日ですね。

    今年初めてのシルバーウィークでしたが、皆さんはどう過ごされましたか?

    旅行にいかれた方や仕事だった方など、様々だったんじゃないかなと思います。

    旅行にいかれた方は、いい思い出が出来たでしょうか?

    私は結局休みなしで仕事になりそうですが、今はとても充実した毎日を過ごしています。

    正直、仕事が楽しいです。

    たくさんの人と出会い、色んな話が出来て楽しくてたまりません。

    嘘じゃないですよ。

    今日も1日素敵な日をお過ごしください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『住まい造りにはゆずれないものがある』

    アサヒハウジングの家づくりへの想いに共感していただいて、

    本日、1組注文住宅の本契約が無事終わりました。

    7月1組、8月1組、今月は3組のお客様と出会い、注文住宅の本契約をしました。

    その他、多くのお客様と夢のある話をしています。(契約に向けて頑張っています。)

    日進市S様邸

    刈谷市M様邸

    豊田市O様邸

    みよし市H様邸

    北名古屋市S様邸

    来月、再来月から順次着工して、来年の4月〜5月に完成します。

    契約して終わりではなく、これからが本当のスタートです。

    お客様のご要望にお答えして、満足していただける住空間を造り上げていきたいと思います。

    そして、住まいは建てて終わりではなく、住み始めてから本当の価値が分かるので、

    お客様に住んでいただいて、アサヒハウジングに頼んで本当に良かったと言われるように。

    そして、お引き渡しをしてからが本当のお付き合いの始まりでもあります。

    お客様との関係は一生続きます。続かなければいけないと思います。

    アサヒハウジングは設計士・現場監督・コーディネーター3名(自社社員)が連携して、1組のお客様と

    共に家づくり・アフター対応をしていきます。大工さんもアサヒハウジング専属です。

    お客様に安心して家づくりが出来る体制になっています。

    アサヒハウジングは本物の素材にこだわり、家族全員が健康で毎日楽しく暮らせる

    住まいを造っています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    今の日本の住まいは呼吸が出来ない、健康になれない住まいになりました。

    日本は昔から本物の木・竹や土や藁などの自然素材で建てられた家に暮らしてきました。

    しかし、最近の日本の住宅はどうでしょうか?

    様々な工法、色んなデザインの住まいが建てられています。

    その為、日本の住まいは短命になり、約30年で取り壊され、

    新しい住まいを建てる時代になってしまいました。

    日本の住宅が短命になった理由は、日本の気候に合わない木を使用し、

    高気密・高断熱仕様、ビニールクロス張り住宅の普及などが原因だと、私は思います。

    その為、シックハウス症候群やホルムアルデヒドが問題化され、

    24時間換気など、常に換気扇を回しておかないといけなくなりました。

    本当にこれでいいんでしょうか?

    1番いいのは、自然の光と風を取り入れ、夏涼しく・冬暖かい住まいが建てられば、

    夏はエアコン1台で、冬は薪ストーブやファンヒーター1台で家全体が涼しく、

    暖かくなる住まいが最高ではないでしょうか?

    人間も呼吸出来なければ生きていけないですよね?

    住まいも同じなんです。呼吸出来なければ、長持ちする家にはなりません。

    家づくりのポイントは健康・耐震・耐久・省エネ・本物の自然素材です。

    そんな住まい建てられないでしょうと思っている方で、今家づくりを真剣に考えている方は、

    アサヒハウジングまでお気軽にご相談ください。





    このページのトップヘ