みなさん、こんにちは

今日も朝からジメジメしたすきっりしない天気ですね。 


『家づくり講座』 パート3


高齢者パワー炸裂!!


『木は年を取るほど強く、元気になる』


世界最古の木造建築法隆寺など歴史ある寺社仏閣が証明しています。


木(無垢材)の家が強くなるポイントはずばり乾燥です。


年月の経過とともにゆっくり乾燥した木は、水分の含有率が15%以下になると、反りやねじれ、割れなどが


ほとんど起きなくなります。


ちなみに強度も2.5倍になります。


ちなみに腐ったり、シロアリにやられたりするのは木が十分に乾燥していないことも原因の一つです。


シロアリが住みやすい環境は気温20℃以上・湿度70%以上だと聞いた事もあります。

木(無垢材)の家は換気・通気(床下・壁内・天井・屋根)がとても重要になってくるのです。


木造建築物(無垢材)は歴史が証明しているのです。


それでも、皆さんは集成材の住まいに住みたいですか?

画像1


夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング  http://www.asahi-hg.co.jp