みなさん、おはようございます。


今日の愛知県は朝からとてもいい天気になりました。

天気がいいとやっぱり気分がいいですね。 

さあ〜今日も一日頑張りますか〜


さて、今日は森と木の家のお話 パート5


木の家」なんてみな同じでしょ?


それは違います。 工務店選びや材料によって「家の品質」は大きく変わります。


一口に「木の家」といっても、現代では工務店があふれ、多様なデザインや工法を提唱しています。


また、その宣伝文句も良いことばっかりですが、惑わされてはいけません。


『どこの工務店も同じでしょ?』・・・と落とし穴に落ちてしまうのです。


では、どうすれば「見極める眼力」が付くのでしょう?

それにはまず「材料」に注目してください。

高い志と技術を持つ工務店は、必ず「良い材料」を使用しています。

同じ木造住宅でも、集成材ではなく、天然無垢材をお勧めするはずです。

良質な天然無垢材の確保は容易ではなく、また、卓越した職人しか扱えません。

しかし、それでもこだわりたい理由が天然無垢材にあるのです。

メーカーによって、「木の家」に使われる材料は違い、2種類あります。 ご存知ですか?


それは、『天然無垢材』と『集成材』があります。

●天然無垢材は山や森で育った原木(丸太)から使用する大きさに挽き割った材料。
 『法隆寺五重塔』など約1400年以上の歴史が証明しています。



●集成材とは、ラミナと呼ばれる挽き割った板材を接着剤で張り合わせたもの。
 まだ、十数年という、歴史の浅い材料です。
 接着剤には2種類あります。(レゾルシノール系とイソシアネート系)


みなさんは、歴史が証明している『天然無垢材の家』か歴史の浅い『集成材の木の家』どちらにしますか?

次回は『天然無垢材』と『集成材』の特徴をもう少し詳しく紹介したいと思います。

画像1


画像1



夢ハウスビジネスパートナー 株式会社アサヒハウジング http://www.asahi-hg.co.jp

『理念』住まい造りにはゆずれないものがある 謙虚で真摯な態度で挑む