おはようございます。

新しい週の始まりです。

玄関は、住まいの顔と言われます。家の第一印象を決める大事なスペースとして、

いつもすっきりとした気持ちのいい空間に保っておきたいものです。

とはいえ家族全員の靴や傘、鍵類や趣味のスポーツ用品など、

玄関には何かとモノがいっぱい。雑然となりがちな玄関にはプライベート

玄関兼シューズクローク(玄関収納)を検討してみてはいかがでしょうか?

シューズクロークを活用すると、生活感のあるモノを表に出さずに済み、

スッキリとした玄関を保つことができます。

シューズクロークとは、玄関横などに設置する靴を履いたまま出入りできる

収納スペースです。家族の靴やロングブーツ・サンダル、休日に使うアウトドア用品、

スポーツ用品、子どもの遊び道具など玄関に散らかりがちな雑多な物を

たっぷり収納できます。

では、シューズクロークをつくるとどのようなメリットがあり、

玄関の収納はどのように変わるのでしょうか?

大きく分けると次の2点が考えられます。

来客用と家族用の動線を分けられる

玄関の中に家族用玄関を作り、家族はシューズクロークを通って

直接出入りするようにします。そうすると、家族は外から帰ったら靴や荷物

上着などをしまってからリビングへ、と自然に片付ける流れが生まれます。

リビングの椅子やソファーに上着を置いたままということもなくなるでしょう。

メインの来客用玄関はいつもスッキリキレイに整頓された状態を保つことができ、

急な来客に慌てて玄関を片付けることはありません。

見せる物見せない物のメリハリがつく

見られたくない物はできるだけ玄関に入った時に視界に入らないよう、

見せたい物は視界の中に入りやすい位置にと考えてみましょう。

玄関横のシューズクロークに生活感のあるモノをすべて収納してしまえば、

メインの来客用玄関はいつもすっきりと美しく保てます。

玄関ホールには花やオブジェを飾ってライトアップするなど、

お客様を気持ちよく迎えるおもてなしの気持ちが感じられる空間演出をしましょう。