おはようございます。

居住用の住まいにかかるコストを賃借費用という形で支出するか、

住宅ローンを組んで不動産という形の資産を購入し、

借り入れ元金プラス金利のコストを長期に支出するかの判断は

その人の考え方や価値観によって変わってきます。

一戸建てにするか、マンションにするかの選択もやはり、

その人のライフスタイルや考え方によって変わってくるでしょう。

住宅ローン完済後には、家計の支出が減少しますので、

リタイア後の安心や生涯、自分の土地に住めるという安心感を理由にあげる方も多いです。

あとは、やはり土地付きがいいとか、子育てには一戸建てが良いとか

お考えになる方も多いようです。

一戸建ての場合、土地も建物も所有者の専有なわけですから、

マイホームを所有しているという充実感をより実感するのではないでしょうか。

動物好きな方にとってはペットを自由に飼えるという点も見逃せません。

購入後のライフスタイルにおいて、新築一戸建ての住宅に住まわれる皆様は、

お子さんを通してのご近所づきあいや地域交流にも 積極的な傾向があるようです。

マンションの場合は購入後も住宅ローン以外に管理費や修繕積立金という支出が

所有している限りありますので、その辺を考えると一戸建てが良いと

考える方も多いようです。

マンションの場合、マイカー保有者は駐車場にも毎月のコストがかかる場合も

ありますので、 住宅ローン以外の諸経費を念頭においておく必要があります。

マンションの管理費や修繕積立金は15年以上経過すると値上がりすることも多いようです。

住宅ローンを組む上では新築物件の購入ならではのメリットがあります。

中古物件と比較して、住宅ローンの長期設定が可能になることが多いですし、

フラット35やフラット35Sなどの金利面での 優遇装置などもあります。

金融機関や公的住宅ローンの制度、ローンの商品の充実、長期優良住宅認定など、

新築一戸建て住宅を購入の有利さがあります。 税金面では、一戸建てと

マンションを比較した場合、一戸建て住宅は、建物の持分が少なく、

マンションに比べ固定資産税の評価額が年々低下します。

建物部分の価値は償却がマンションと比べると早いため税金は安く済みます。

あたなのライフスタイルでどちらがいいか検討してからの購入してください。