おはようございます。

阪神大震災から、耐震性能に優れた構造は?とよく質問されるのですが、

どの構造もバランスよく設計されていなければ、耐震性能は悪くなります。

ある一部だけを丈夫にしても、その他の構造部分がそれに見合った部材を

使っていなければ、逆に耐震性能が悪くなる場合もあります。

力というのは、硬いところに集中するという性質があります。

木造では一部の耐力壁だけの耐力を強くすると、そこに多くの力が集中するので、

その廻りの金物の補強なども必要になってきます。又、平面的なバランスが悪くなり、

大地震の時に建物を回転させる力が生じ、建物に悪影響を及ぼす事もあります。

その他の構造でも同じ事で、一部の柱を大きくすればその廻りの梁などにも

力が集中してくるので、それに見合った断面にする必要があります。

また、上部の構造をいくら丈夫にしても、基礎がしっかりしていなけければ

建物が傾いたりする事もあります。

プランに合った構造を選ぶというのも大事な一つです。

1階に駐車場などがある場合で、耐力壁が取れないプランであるのに、

たまたま相談した工務店、設計事務所が、木造を得意としている場合、

無理に木造で納めてしまう場合があります。

このような場合には構造的に弱い建物になる場合があるので、

充分に耐力壁を確保できるようにプラン変更するか

他の構造を検討する事が必要です。

これらの事は構造計算に基づいて、安全を確認していれば問題無いのですが、

いくら設計がしっかりされていても、設計図とおりに施工されていなければ

耐震性能は著しく低下します。

意図的ではないのですが、図面の見落としなどで鉄筋が設計図通りに

配筋されていない、金物の入れ忘れなどがまれにあります。

これらを防ぐには監理のしっかりした工務店や設計事務所を選ぶ事が重要になってきます。

あなたと一生つき合いのできる設計事務所・工務店をみつけ、

幸せな住まい生活を手に入れられることを心から祈っています。