おはようございます。

フローからストックの時代へ

これまでの日本における木造住宅の

寿命は20年から30年程度とされ、

欧米諸国と比べてかなり短いだけでなく、

建て替えによる廃棄物、資源の浪費、

建築時のエネルギー消費など、

さまざまな問題を抱えていました。

さらに、長期の住宅ローンを払い終われば

すぐに建て替え問題に直面するなど、

消費者個人にも大きな経済的負担が

のしかかる状況となっていました。

そのため、子や孫の代まで住み続けられるような

質の高い住宅をつくり、それをできるだけ長く使うとともに、

中古市場での流通性を高めようという観点から整備されたのが

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」であり、

その基準によって認定された住宅が「長期優良住宅」です。

しかし、本当に次世代まで受け継がれる住宅か、

疑問はありますが、建てては壊すというフロー社会から

ストック社会に、今後、日本は変わりつつあります。

変わらないといけないと思います!

長期優良住宅の主なポイント(木造一戸建て住宅の場合)

□ 劣化対策(少なくとも100年程度はもつことを想定)
□ 耐震性(建築基準法レベルの1.25倍以上または免震構造)
□ 維持管理・更新の容易性(内装や設備の清掃・点検・補修・更新など)
□ 省エネルギー性(断熱性能など)
□ 居住環境(地域内における良好な景観形成や、まちなみとの調和など)
□ 住戸面積(原則として75平方メートル以上)
□ 維持保全計画(将来を見据えた定期的な点検・補修などの計画)