おはようございます。

『家づくりをお考えの方へ』

木は鉄やコンクリートよりも弱いと思いますか?

家づくりをお考えの方は、木の家にしますか?鉄骨やコンクリート造の家にしますか?

木の家は地震や火に弱いと思われていませんか?

それは間違いです。

まず、意外に思われるかもしれませんが、木は鉄やコンクリートよりも

丈夫で長持ちすることです。

鉄やコンクリートなどの人工の材料は、できた瞬間が最も強く、

時とともに経年劣化していきますが・・・

木造建築は違います。

檜でつくられた奈良の法隆寺五重塔は、建ってから1300年を経たいまも改修を

くり返しながら新材と同じ強度を保持しており、

堂々たる世界最古の木造建築としての姿を示しています。(歴史的建造物)

木は切り倒され、建物の材料となったあとも、呼吸を続け、長い年月を生き続けていく。

檜でつくった木の家が、何世代も住み続けられる理由もそこにあります。

実際、いまの住宅には、日本住宅性能評価基準が定められており、

どれくらい長持ちするか、『劣化の軽減措置』に対して等級をつけています。

一等級はこれまでの建替需要から判断すると、20年から30年程度になるでしょうか。

二等級は50年から60年、三等級は75年から90年持つことが見込まれており、

私たちが使っている檜は、最もグレードの高い三等級の評価を受けています。

日本の檜が人間でいう成人にあたるのはほぼ60年を経た時期で、

その頃から伐採されて建材となります。建材になってからの檜は、

それまで生きてきた年月の二倍は確実に持ちます!

一等級の20年しか持たない家と、それの何倍も長持ちする檜の家では、

まったく評価が違うのは当たり前です。

20年しか持たない家は、一代のうちに建て替えを迫られることがあるかもしれないし、

子供の代ではどうしても建て替えざるをえません。

その費用からいっても、三世代にわたって暮らすことができる檜の家には、

計り知れないメリットがあります。

もちろん時代の変化によって暮らしぶりは変わっていきます。

そんなときも、いい木材を使い、伝統的な建築法で建てた家は、変更がより簡単で済みます。

台所を変えたい、トイレを変えたいという場合でも、そこだけ直せばいい。

骨組みがしっかりしていれば、木造住宅はどんなリフォームにも対応できますよ。

強くて長持ち、健康にもなれる、間取りや増改築も自由自在、その上環境にも優しい。

家を建てるならやっぱり木の家だと私は思います。

本当の住まいの価値は住み始めてから分かります。

みなさん、家づくりで後悔や失敗をしないでください。