古民家鑑定士とは・・・

内閣府認可
(一般財団法人職業技能振興会認定資格)

近年、中古住宅の購入やリフォーム・リノベーションに対する関心が高まり、注目を集めております。古民家鑑定士は、古民家の価値を鑑定するだけでなく、その流通や社会的な認知度の向上も担う古民家のスペシャリスト。

築50年以上の伝統構法または在来工法の住宅をインスペクションし、物件の活用の方向付けを行います。

また、伝統構法の耐震診断『伝統耐震診断』と床下インスペクションを同時に行うことでより安心で明確な状況を把握することが出来ます。

日本の古き良き伝統を後世へつなぐべく、古民家の活用に務めます。

詳しくは当協会までお気軽にお問い合わせ下さい。

●こんな方におススメです●
・不動産業、土地家屋調査士
・建築士、土木施工管理技士
・行政書士、税理士、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー
・第二の人生をお考えの方(古民家好きで退職後のライフワークを考える方)

一般社団法人全国古民家再生協会
愛知第2支部 支部長 都築誠

image