都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    古民家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    古民家鑑定士とは・・・

    内閣府認可
    (一般財団法人職業技能振興会認定資格)

    近年、中古住宅の購入やリフォーム・リノベーションに対する関心が高まり、注目を集めております。古民家鑑定士は、古民家の価値を鑑定するだけでなく、その流通や社会的な認知度の向上も担う古民家のスペシャリスト。

    築50年以上の伝統構法または在来工法の住宅をインスペクションし、物件の活用の方向付けを行います。

    また、伝統構法の耐震診断『伝統耐震診断』と床下インスペクションを同時に行うことでより安心で明確な状況を把握することが出来ます。

    日本の古き良き伝統を後世へつなぐべく、古民家の活用に務めます。

    詳しくは当協会までお気軽にお問い合わせ下さい。

    ●こんな方におススメです●
    ・不動産業、土地家屋調査士
    ・建築士、土木施工管理技士
    ・行政書士、税理士、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー
    ・第二の人生をお考えの方(古民家好きで退職後のライフワークを考える方)

    一般社団法人全国古民家再生協会
    愛知第2支部 支部長 都築誠

    image

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    皆さんの周りでこんな方みえませんか?

    ・古民家を残したい

    ・古民家を活用したい

    ・古民家を購入したい

    そういう方は、まずは古民家鑑定をお勧め致します。

    それと合わせて、古民家の耐震診断、古民家の床下調査を同時に行うことが望ましいです。

    それによって、古民家の現在のコンディションが明確になります。

    ・古民家鑑定の費用は10万円(税別)
    ・古民家耐震診断の費用は12万円(税別)
    ・古民家の床下調査の費用は3万円(税別)

    合わせて25万円(税別)になります。

    古民家鑑定
    http://www.kominkapro.org/for-general

    古民家耐震診断
    http://www.doutekitaishin.com/taishin

    古民家床下インスペクション
    http://kominka-yukashita.org/activation/

    未来の子供たちの為に、古民家を残し、活用していきましょう。

    一般社団法人全国古民家再生協会
    愛知第2支部

    image

    ↑全国古民家再生協会全国大会 集合写真

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『未来の子供達の為に』

    image


    image


    http://kominka-nisshin.org/

    一般社団法人全国古民家再生協会
    愛知第2支部 支部長 都築誠

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image



    古民家再生協会全国会員大会
    【古民家再生議員連盟】
    金子一義会長、塩崎やすひさ会長代行、うえの賢一郎幹事長
    を始め24名の衆参国会議員の方にお越し頂きました。また菅義偉幹事(官房長官)等多くの方の代理出席、祝電を頂きました。
    公明党山本議員からも「党で古民家の勉強会をスタートしたい」とのお話を頂きました。
    国を上げて「古民家」が注目されています。
    「未来の子ども達の為に持続可能な循環型建築社会を創造する」
    また新しい挑戦がスタートします。 #古民家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『未来の子供達の為に!』

    ホテルグランドアーク半蔵門にて古民家ネットワーク、新民家ネットワーク全国大会2017が開催されました。

    古民家再生協会は日本の伝統建築である古民家を未来の子供達に残す為、全国各地で活動しています。

    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    一般社団法人全国古民家再生協会
    愛知第2支部 支部長 都築誠

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    民俗学で民家とは伝統的な様式で造られた農家や漁家、町家の類、

    それに中級から下級武士の侍屋敷を含むそうで、

    特に年代の古いものは古民家と言うそうです。

    民家には建築当時の生活が色濃く残されており、

    また伝統的な地元の行事に結び付いた建て方がされていて地域差があり、

    それが民家を知る上での楽しさであるともいえます。

    長年住まい続けている民家は途中で増改築がなされ、

    そういう長い歴史の中で姿を変えてきたのもある

    意味ひとつの味わいだと思います。

    日本の住宅の歴史は、はるか縄文時代にさかのぼれば

    地面を円形や方形に掘り、その中に柱を建て、

    梁や垂木をつなぎあわせて家の骨組みを作り土や

    葦などの植物で屋根を葺いた竪穴式住居となり、

    室町時代まで規模が大きくなり利用されていました。

    鎌倉時代以降は堀立柱建築という形で柱のみを

    地面に埋めて建物を固定していましたが、

    やがて石の上に柱を建てる石場建て構法に発展してきました。

    石の上に柱を建てる建て方は古く中国や朝鮮半島から

    日本にも伝わりましたが、日本では限られた建物でしか

    用いられませんでした。その理由は二つ考えられ、一つは自然災害の

    多い日本の気候風土では地面に掘った穴に柱を埋めて

    固定する構造は柱の太さに関係なくある程度地震や

    台風に耐えることができて、建築費も安く、しかも技術的にも

    簡単だったので庶民の住宅に採用されていました。

    二つ目は豊富な森林資源に恵まれていたということです。

    地面に柱を埋めると当然柱は腐っていくのですが、

    豊富に木が身近にあったためいくらでも建て替える事が出来たのです。

    中世以降は総柱型建物と言われる建物が主流になります。

    これは母屋(もや)と庇(ひさし)と呼ばれる屋根を支える天井より上の構造と、

    天井から下の碁盤の目のように2m〜2.4m前後で統一された

    柱の間隔を持つ空間をもつ建物です。やがてこの柱と柱の間に

    間仕切り壁が設けられ、部屋として細分化されて現在の住宅へと進化してきました。

    鎌倉時代には格式高い武家屋敷は石の上に柱を建てた礎石建物、

    庶民は掘立柱建物と区別され建てられていましたが、

    現存する最古の民家は兵庫県神戸市北区にある約1200年前に

    建てられた箱木家住宅(はこぎけじゅうたく)です。

    この民家は国の重要文化財で、建築されたのは806年と記録が残っています。

    この箱木家住宅の間取りは正面から見て右側となる東側に「にわ」と呼ばれる土間、

    西側には床が組まれていて、手前から「おもて」(客間)、「だいどこ」、「なんど」の

    3部屋が配置されています。土間には竈(かまど)と厩(うまや)がありました。

    またこの時代には畳もまだ有りませんでしたので板張りの床にむしろを敷いて

    生活していました。

    畳は日本独特のもので、平安時代に出現し江戸時代に広く普及しました。

    竈(かまど)とは食品を加熱調理するために火を囲うための設備今で言うガスレンジです。

    土や煉瓦などで箱をつくり上から鍋を落とし込み、下の焚き口からマキをくべて

    調理しました。昔の日本の竈の多くには煙突の設備は無いために煙は焚き口から

    そのまま出てきます。京都では「おくどさん」関西では「へっつい」などとも呼ばれます。

    この竈から上がった煙で屋根などを支える木材は黒くなっています。

    いぶされて木材が黒くなることは悪いことではなく、いぶされた木材は防虫の

    効果が高いと言われています。

    厩(うまや)とはウシやウマを飼う小屋、あるいは場所を差します。

    庶民は同じ建物の中に厩を持ち、身分の高い人の家は別棟として建てられていました。

    厠(かわや)は川屋とも書かれずばりトイレのこと。川屋と書くのは昔は川や海の上に

    小屋を建ててそこで用を足していたからではないかとの説からです。

    トイレはやっぱり昔から水洗だったんですね。

    その他諸説は「かわや」ではなく「こうや」が訛ったとの説で、「こうや」とは

    和歌山にある高野山の事。高野山の僧侶は髪を剃ることから髪を落とすが、

    紙を落とすでトイレの事を「こうや」というようになったとか

    本当の理由は解りませんがこのような雑学を調べてみるのも面白いかもしれませんよ。


    IMG_6650

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『住まい造りには譲れないものがある』

    アサヒハウジングが檜にこだわる理由?

    一、メンテナンス費用が掛からない!

    建築基準法でも檜(ひのき)が本来シロアリを

    寄せ付けない特性を持つことから、

    一定の条件を満たせば木材を構造材として

    使う際に義務づけられています。

    薬剤散布によるシロアリ駆除対策を

    講じなくてもいいことになっています。

    日々の健康を害する細菌、

    カビ、ダニなどの発生を抑え、

    我が家の安全を根本から揺るがす

    シロアリから家を守る国産の檜(ひのき)。

    こんな木を使った家こそが、

    家族に本当の安心を与えてくれる家なのです。

    国産の檜は、余計な薬品を使わなくても

    安心して住める家です。

    その他の木材では、薬品を使用しなればなりません。

    薬品を使用しても、5年しか持ちません!

    また、5年後…また、5年後…

    永遠と薬品を使わないといけません!

    国産の檜は本当にすごい木材です!

    例;1階部分が20坪のシロアリ除塗装の費用が

    1回約¥15万円の費用が掛かります

    35年で7回シロアリ駆除塗装のメンテナンス費用

    ¥15万×7回=¥105万円のメンテナンス費用が掛かるのですよ!

    檜(ひのき)を使用すれば¥0円です

    二、檜(ひのき)は安い

    カンナをかけると、平滑で艶のある表面が得られる。

    耐久性も比較的高く、我が国では最も優れた建築用材として、

    柱や梁などの構造材から、天井や内部造作材、障子などの建具に至るまで、

    幅広く用いられてきた。

    世界最古の木造建築物に数えられる法隆寺は、主として檜が使われている 。

    現在の法隆寺は8世紀始めの建立とされるから

    すでに1200年を超える年月 を数える。

    この年月に耐え得たのは、その主材である、

    檜(ひのき)に負う所が多いとされています。

    住宅で1200年とは言いませんが、50年から100年は

    住める家を造るには、天然乾燥材の檜で建てることで可能となります。

    檜(ひのき)で建てたいけど高いでしょう!

    よくお客様から言われますが、

    家を建てる時、住宅費用の木材は

    全体の何%だと思いますか?

    たった約8%ですよ!

    例えば、¥2000万の家で160万が木材費です。

    あと、2%とプラスするだけで!

    住宅費用の10%木材費、プラス¥40万円。

    天然乾燥材、オール檜の家が建てられます!

    30年で解体する家で、¥2000万円。

    50年から100年以上持つ家で、¥2040万年。

    どちらが安いでしょう?

    将来、お子さんが住まなくてお売りすることがあっても、

    檜(ひのき)の家が高く売れる事が出来るでしょう。

    三、地震に強い

    五重塔は幾度も修復されていますが、

    柱や梁、桁など肝心なところは

    すべて創建当時の檜(ひのき)であり、

    どれも樹齢1000年以上のもの。

    それが1300年以上経っても朽ちることがありません。

    修復に携わった名棟梁の故西岡常一さんによれば、

    その表面をカンナで削ると、

    檜(ひのき)独特の香りを放ったといいます。

    檜(ひのき)は1300年経っても生きている。

    ここにヒノキならではの半永久的と

    いえる強靱さの秘密があります。

    実験によると、ヒノキの曲げ、圧縮などの強さは、

    伐られてから200年ほどの間に

    だんだん強くなって最大30%も強度が増し、

    1000年ぐらい経って新材と同じ強度に戻ります。

    つまり、育った年月の倍の年数は、

    その強度を保ち続けることができる木なのです。

    日本の檜(ひのき)は、植えられてから

    ほぼ60年を経た時期に伐採されますので、

    120年は強度を保ち続けると事ができる木なのです。

    法隆寺とはいかないまでも、

    世代を超えて100年以上は確実に持つ家が、

    この檜(ヒノキ)を使えば建てられるのです。

    現在の住宅には「日本住宅性能評価基準」

    が定められています。

    どれくらい長持ちするか「劣化の軽減」についての等級で、

    ヒノキは75年から90年も持つことが

    認められている一番高いグレードの等級3を得ています。

    末長く住み続けられる家は

    檜(ひのき)でつくるべきであることを、

    法隆寺の五重塔は私たちに教えてくれるのです。

    四、 リラックス効果がある

    この森林浴効果をいながらに

    堪能する方法があります。

    檜はピネン、カジノール、ヒノキオールなど

    のテンペル系の精油を多く含む

    フィットンチッドを多く発散しています。

    檜(ヒノキ)で家を作れば、そのリラックス効果のほか、

    森が自然界で果たす浄化作用や、

    木が他の生物に対して持っている

    防虫・防蟻(ボウギ)効果など、

    様々な効能を家に備えることが出来るのです。

    医学の現場では、ヒノキの精油成分が、

    院内感染で問題視されるMRSA

    (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)

    の発育を阻止することが、

    ある大学医学部の教授の研究で

    突き止められています。

    抗菌作用は人体を蝕む病原菌にも

    有効であることがわかってきたのです。

    檜(ひのき)がいつまでもその香りを失わないのは、

    そんな人体に恩恵をもたらす

    フィットンチッドの含有率が高く、

    伐採後も発散し続けるからです。

    しかも、大事な点は人体に無害な天然物質なために、

    副作用などの心配がほとんどないことです。

    檜(ひのき)の家が家族の健康と安心にとって

    最良であるといわれるのにはそんな理由があります 。

    五、 殺菌効果高い家になる

    100年檜の家の良さには、ヒノキチオールがあります。

    ヒノキチオールとは檜科植物から採取できる物質で、

    抗菌・防カビなどの殺菌作用などを持っています。

    木の調湿機能で、カビの発生を抑えられることは知られていますが、

    ひのき・ヒバなどに含まれる「ヒノキチオール」という物質が

    カビを防ぎ、細菌の増殖を抑えることが証明されています。

    特に日本の気候は温暖多湿で木材や

    食品などが腐りやすい気候であり、

    このような理由から最近では医療・食品・農業等の

    様々な分野で注目され、利用されています。

    殺菌作用の他にも皮膚から浸透する消炎作用があり、

    アトピー性皮膚炎による、かゆみや炎症を

    和らげる効果があるともいわれています。

    また、フィトンチッドと同じように精神安定や

    リラックス効果も期待できます。

    また、院内感染の原因とされる細菌にも、

    檜に含まれるエキスに、強い殺菌作用が

    あることがあきらかになっています。

    檜(ヒノキ)を使うだけで、殺菌効果のある家づくりになります。

    六、 住宅ローン貧乏にならない。

    住宅ローン貧乏な日本人。

    35年の住宅ローンで、平均利用年数は30年で解体しています!

    子供たちは、解体してまた家を建てます。

    そして、また住宅ローンを35年間返済します。

    本当に、それでいいのでしょうか?

    欧米では3代続きます!

    日本より所得が低くても、お金はあります。

    なぜでしょう?

    それは、例えば、おじいちゃんが¥600万残します。

    お父さんも¥600万残して、自分も¥600万、

    合計¥1800万で家を建てたら、どうでしょうか?

    ¥600万の住宅ローンで済みます。

    日本も最低100年は住み続けられる

    家になれば、どれだけ住宅ローンの為に

    働かなくてよくなるか。

    以上の事から、私たちは檜(ヒノキ)にこだわります!

    ただ安いだけで、目先の安さを売りにするような、

    家を造りたくないのでこだわります!

    安く家づくりができたが、メンテナンス費が膨大に掛かる、

    30年しか持たない家…

    住宅会社だけしかメリットのない家は、

    私たちは、お客様にお願いされても造りたくないです。

    お客様が、近い将来後悔することが分かっているからです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『未来の子供達の為に!』

    1月から3月までの講習試験及び例会日を決めましたのでよろしくお願い致します。

    1月31日火曜日(例会のみ)

    2月23日木曜日
    13時〜講習試験
    18時半〜例会

    3月30日木曜日
    13時〜講習試験
    18時半〜例会

    場所は全て日進市民会館 3階会議室にて開催致します。

    よろしくお願い致します。👍

    一般社団法人 全国古民家再生協会
    愛知第2支部 日進支部 支部長 都築誠


    http://kominka-nisshin.org/



    image

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    第119期古民家ネットワーク松山講習^_^

    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『未来の子供達の為に❗️』

    今日は3年ぶりの古民家ネットワーク松山講習へ^_^

    2017年は本業に通じた社会貢献活動を古民家を通じて、軸をしっかり固めていきます。

    全国古民家再生協会は住宅業界を通して環境保全と文化の継承を考え未来の子供達の為、地域発展に尽くしています。


    image


    image


    image


    image


    image


    一般社団法人 全国古民家再生協会
    愛知第2支部 日進支部 支部長 都築誠

    このページのトップヘ