都築誠のブログ

【住まい造りにはゆずれないものがる】 家づくりで一番大切なことは何か? それは見た目のデザインや間取りではなく、完成してからでは見えなくなってしまう部分なんです。見た目やデザインももちろん大事ですが、家づくりは一生で一番高い買い物なので長く大切に家族全員が毎日健康に暮らせる住まいでなくてはいけないと私は思っています。 家づくりのポイントは4つ! 『健康』『耐震』『耐久』『省エネ』 家づくりに事や人脈構築に関する事を365日毎日書いています。 よろしくお願いします。 『古民家住まいる』  http://www.kominka.net/ 『古民家ネットワーク』 http://www.kozai-g.com/matsuyama 『夢ハウスビジネスパートナー』 http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 フォローしてください。 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki

     都築誠(つづきまこと) 1977年7月29日 愛知県碧南市生まれ 碧南市立新川小学校入学 豊明市立三崎小学校卒業 豊明市立豊明中学校入学・卒業 名古屋市立名古屋工業高等学校建築科入学・卒業 【夢のある話をしましょう。】 『住まい造りには譲れないものがある』 『建てては壊す』から『いいものを長く大切に使う』循環型建築を日本の木造伝統建築の技術と文化を未来の子供たちへ引き継いでいく使命があると思います。 株式会社アサヒハウジング 専務取締役 都築誠 愛知県古民家再生協会 日進支部  全国古民家再生協会 愛知第2支部 支部長 BNIモーニングベアーチャプター所属 カテゴリー:木造新築 おかしん経営塾 広域連携委員 『夢ハウスビジネスパートナー加盟店』 株式会社アサヒハウジング http://www.yume-h.com/shop/asahihousing/ 『都築誠フェイスブック』 https://www.facebook.com/makoto.tsuduki 『住育ライフ』 http://www.jyuikulife.com/

    全国古民家再生協会 愛知第2支部

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    古民家鑑定士とは・・・

    内閣府認可
    (一般財団法人職業技能振興会認定資格)

    近年、中古住宅の購入やリフォーム・リノベーションに対する関心が高まり、注目を集めております。古民家鑑定士は、古民家の価値を鑑定するだけでなく、その流通や社会的な認知度の向上も担う古民家のスペシャリスト。

    築50年以上の伝統構法または在来工法の住宅をインスペクションし、物件の活用の方向付けを行います。

    また、伝統構法の耐震診断『伝統耐震診断』と床下インスペクションを同時に行うことでより安心で明確な状況を把握することが出来ます。

    日本の古き良き伝統を後世へつなぐべく、古民家の活用に務めます。

    詳しくは当協会までお気軽にお問い合わせ下さい。

    ●こんな方におススメです●
    ・不動産業、土地家屋調査士
    ・建築士、土木施工管理技士
    ・行政書士、税理士、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー
    ・第二の人生をお考えの方(古民家好きで退職後のライフワークを考える方)

    一般社団法人全国古民家再生協会
    愛知第2支部 支部長 都築誠

    image

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    皆さんの周りでこんな方みえませんか?

    ・古民家を残したい

    ・古民家を活用したい

    ・古民家を購入したい

    そういう方は、まずは古民家鑑定をお勧め致します。

    それと合わせて、古民家の耐震診断、古民家の床下調査を同時に行うことが望ましいです。

    それによって、古民家の現在のコンディションが明確になります。

    ・古民家鑑定の費用は10万円(税別)
    ・古民家耐震診断の費用は12万円(税別)
    ・古民家の床下調査の費用は3万円(税別)

    合わせて25万円(税別)になります。

    古民家鑑定
    http://www.kominkapro.org/for-general

    古民家耐震診断
    http://www.doutekitaishin.com/taishin

    古民家床下インスペクション
    http://kominka-yukashita.org/activation/

    未来の子供たちの為に、古民家を残し、活用していきましょう。

    一般社団法人全国古民家再生協会
    愛知第2支部

    image

    ↑全国古民家再生協会全国大会 集合写真

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『未来の子供達の為に』

    image


    image


    http://kominka-nisshin.org/

    一般社団法人全国古民家再生協会
    愛知第2支部 支部長 都築誠

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image



    古民家再生協会全国会員大会
    【古民家再生議員連盟】
    金子一義会長、塩崎やすひさ会長代行、うえの賢一郎幹事長
    を始め24名の衆参国会議員の方にお越し頂きました。また菅義偉幹事(官房長官)等多くの方の代理出席、祝電を頂きました。
    公明党山本議員からも「党で古民家の勉強会をスタートしたい」とのお話を頂きました。
    国を上げて「古民家」が注目されています。
    「未来の子ども達の為に持続可能な循環型建築社会を創造する」
    また新しい挑戦がスタートします。 #古民家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『未来の子供達の為に!』

    ホテルグランドアーク半蔵門にて古民家ネットワーク、新民家ネットワーク全国大会2017が開催されました。

    古民家再生協会は日本の伝統建築である古民家を未来の子供達に残す為、全国各地で活動しています。

    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    一般社団法人全国古民家再生協会
    愛知第2支部 支部長 都築誠

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    民俗学で民家とは伝統的な様式で造られた農家や漁家、町家の類、

    それに中級から下級武士の侍屋敷を含むそうで、

    特に年代の古いものは古民家と言うそうです。

    民家には建築当時の生活が色濃く残されており、

    また伝統的な地元の行事に結び付いた建て方がされていて地域差があり、

    それが民家を知る上での楽しさであるともいえます。

    長年住まい続けている民家は途中で増改築がなされ、

    そういう長い歴史の中で姿を変えてきたのもある

    意味ひとつの味わいだと思います。

    日本の住宅の歴史は、はるか縄文時代にさかのぼれば

    地面を円形や方形に掘り、その中に柱を建て、

    梁や垂木をつなぎあわせて家の骨組みを作り土や

    葦などの植物で屋根を葺いた竪穴式住居となり、

    室町時代まで規模が大きくなり利用されていました。

    鎌倉時代以降は堀立柱建築という形で柱のみを

    地面に埋めて建物を固定していましたが、

    やがて石の上に柱を建てる石場建て構法に発展してきました。

    石の上に柱を建てる建て方は古く中国や朝鮮半島から

    日本にも伝わりましたが、日本では限られた建物でしか

    用いられませんでした。その理由は二つ考えられ、一つは自然災害の

    多い日本の気候風土では地面に掘った穴に柱を埋めて

    固定する構造は柱の太さに関係なくある程度地震や

    台風に耐えることができて、建築費も安く、しかも技術的にも

    簡単だったので庶民の住宅に採用されていました。

    二つ目は豊富な森林資源に恵まれていたということです。

    地面に柱を埋めると当然柱は腐っていくのですが、

    豊富に木が身近にあったためいくらでも建て替える事が出来たのです。

    中世以降は総柱型建物と言われる建物が主流になります。

    これは母屋(もや)と庇(ひさし)と呼ばれる屋根を支える天井より上の構造と、

    天井から下の碁盤の目のように2m〜2.4m前後で統一された

    柱の間隔を持つ空間をもつ建物です。やがてこの柱と柱の間に

    間仕切り壁が設けられ、部屋として細分化されて現在の住宅へと進化してきました。

    鎌倉時代には格式高い武家屋敷は石の上に柱を建てた礎石建物、

    庶民は掘立柱建物と区別され建てられていましたが、

    現存する最古の民家は兵庫県神戸市北区にある約1200年前に

    建てられた箱木家住宅(はこぎけじゅうたく)です。

    この民家は国の重要文化財で、建築されたのは806年と記録が残っています。

    この箱木家住宅の間取りは正面から見て右側となる東側に「にわ」と呼ばれる土間、

    西側には床が組まれていて、手前から「おもて」(客間)、「だいどこ」、「なんど」の

    3部屋が配置されています。土間には竈(かまど)と厩(うまや)がありました。

    またこの時代には畳もまだ有りませんでしたので板張りの床にむしろを敷いて

    生活していました。

    畳は日本独特のもので、平安時代に出現し江戸時代に広く普及しました。

    竈(かまど)とは食品を加熱調理するために火を囲うための設備今で言うガスレンジです。

    土や煉瓦などで箱をつくり上から鍋を落とし込み、下の焚き口からマキをくべて

    調理しました。昔の日本の竈の多くには煙突の設備は無いために煙は焚き口から

    そのまま出てきます。京都では「おくどさん」関西では「へっつい」などとも呼ばれます。

    この竈から上がった煙で屋根などを支える木材は黒くなっています。

    いぶされて木材が黒くなることは悪いことではなく、いぶされた木材は防虫の

    効果が高いと言われています。

    厩(うまや)とはウシやウマを飼う小屋、あるいは場所を差します。

    庶民は同じ建物の中に厩を持ち、身分の高い人の家は別棟として建てられていました。

    厠(かわや)は川屋とも書かれずばりトイレのこと。川屋と書くのは昔は川や海の上に

    小屋を建ててそこで用を足していたからではないかとの説からです。

    トイレはやっぱり昔から水洗だったんですね。

    その他諸説は「かわや」ではなく「こうや」が訛ったとの説で、「こうや」とは

    和歌山にある高野山の事。高野山の僧侶は髪を剃ることから髪を落とすが、

    紙を落とすでトイレの事を「こうや」というようになったとか

    本当の理由は解りませんがこのような雑学を調べてみるのも面白いかもしれませんよ。


    IMG_6650

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『未来の子供達の為に!』

    1月から3月までの講習試験及び例会日を決めましたのでよろしくお願い致します。

    1月31日火曜日(例会のみ)

    2月23日木曜日
    13時〜講習試験
    18時半〜例会

    3月30日木曜日
    13時〜講習試験
    18時半〜例会

    場所は全て日進市民会館 3階会議室にて開催致します。

    よろしくお願い致します。👍

    一般社団法人 全国古民家再生協会
    愛知第2支部 日進支部 支部長 都築誠


    http://kominka-nisshin.org/



    image

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    第119期古民家ネットワーク松山講習^_^

    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


    image


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    『未来の子供達の為に❗️』

    今日は3年ぶりの古民家ネットワーク松山講習へ^_^

    2017年は本業に通じた社会貢献活動を古民家を通じて、軸をしっかり固めていきます。

    全国古民家再生協会は住宅業界を通して環境保全と文化の継承を考え未来の子供達の為、地域発展に尽くしています。


    image


    image


    image


    image


    image


    一般社団法人 全国古民家再生協会
    愛知第2支部 日進支部 支部長 都築誠

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    おはようございます。🤗

    昨日は京都へ人脈拡大🚙

    image


    夜はラジオ生放送📻

    image


    image


    今日は東京へ自分自身のスキルアップ✈️

    『未来の子供たちの為に❗️』

    全国古民家再生協会主催の伝統再築士スキルアップ講習に参加👍

    image


    #古民家再生
    #伝統再築士



    このページのトップヘ