『家づくりをお考えの方へ』

有機質な住まいと無機質な住まい

アトピー性皮膚炎は本来乳幼児がかかる皮膚疾患で、成人する頃には殆ど治るとされてきました。

しかし現代では症状が長期化し、成人してから発症するケースも珍しくはありません。
 
発症数も年々増加していて、現在20歳以下の10人に1人がアトピーの悩みを持っていると推測されています。
 
今やアトピーは現代社会を代表する疾患となっています。

しかし発症の原因はとても多く、人によっても様々です。
 
 
まず、アトピーはアトピー素因という遺伝子を持った人に発症します。

これだけを聞くと「自分は大丈夫かな?」と思ってしまいそうですが、皮膚以外に発症すると気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、花粉症となります。

日本人の30%がアトピー素因を持っているそうです。

いかにして発症を予防するか、発症してしまったらどう改善していくのかが重要になります。
 
アトピーは明治時代には存在していなかったようです。

それが発現し、近年急増してしまった原因のひとつに化学物質の使用が挙げられます。
 
皆さんは「シックハウス症候群」はご存知でしょうか? 

簡単にいうと木材同士を強力な接着剤(化学物質)で貼り合わせた集成材という材料で家を建てることによって体に悪影響を及ぼす疾患です。
 
例えばホルムアルデヒドという化学物質が空気中に拡散すると目や喉の違和感から始まり、様々な症状が表れます。

アトピー性皮膚炎の方も大きな影響を受けます。

家具売り場を通りがかっただけで顔が赤くなったり、モデルハウスを見学した際に子供さんが体を掻きむしったりと、体を休める場所である住宅がこれでは本末顛倒です。


現在アトピーでは無くとも、化学物質が多く含まれる住宅に住み続ければどうなるのかは、想像に難しくありません。

何らかのアレルギー物質の蓄積が、アトピーを含むアレルギー疾患の元になっているのですから。
 
化学物質は多くの恩恵を人類にもたらした一方で有害性も指摘されています。